「カメラ・写真」カテゴリーアーカイブ

Canon Selphy CP510をWindows10で使用してみた

先日から、昇華型ブームが自分の中で再び上昇。 ソニーの業務用昇華型プリンターUP-CR10Lをヤフーオークションで落札したのに続き、 キヤノンのコンパクトフォトプリンター、セルフィ― (Selphy) も欲しくなる始末(笑)。 セルフィ― は前々から気にはなっていたもの、なかなか買うに至らなかったので、今回は思い切って中古の セルフィ― CP510を買ってみました。 と言っても、540円 by Hard off(笑)

セルフィ― 旧モデルとはいえ、基本的なエンジンや構造は変わらないだろうという事で、今回はCP510をセレクト。が、しかし、残念なことにWindows 7 のドライバーをWindows 10でインストールしようとすると拒否されるではないか。

セルフィ― CP510 プリンタドライバー インストール失敗

プリンタドライバーなんて、凝った作りをしてない限り32ビットと64bitしかないだろ、という事で、さらに古いWindows Vista版をキヤノンのサイトからダウンロードし再挑戦。 ちなみに、32bit版と64bit版があるので、今使ってるOSのバージョンに合わせて落とす。 うちはWindows 10 Pro の64bitなので、Windows Vista 64bit版をダウンロード。

一先ずダウンロードしたファイルを実行。Windows Vista ドライバー解凍

すると、自己解凍ファイルのよう。解凍した中から、再びインストーラーを実行すると再びバージョン違いのエラーが出て、拒否。

となれば、手動インストールだという事で、解凍したCP510のフォルダー内から64bitドライバを探す。大変わかりやすいWIN_X64というフォルダーがあったので、中をのぞくと欲しかったinfファイル発見。私のはCNY5102.infというやつみたい。 (32bit版は、WIN_X32というフォルダーにあるはず)

infファイルの先頭の番号はバージョン等で違うかもしれないが、このセットアップ情報ファイルinf を右クリック。

CP510 ドライバー 手動インストール

右クリックメニューからインストールを選択。 すると物の数秒でドライバーはコピーされるはず。

続いて、肝心なプリンターを接続。プリンタをUSBで繋ぎ、電源を入れると「新しいハードウェア~ なんちゃら」って出て、自動的に登録されるはず。 インストール完了が出たら、念のため、コントロールパネル>デバイスとプリンタ、または 設定>デバイス を覗いてCP510のアイコンがあるかチェック。

Windows10にインストールされたセルフィ― CP510

アイコンが出ただけでは、信用できない?ので、お気に入りのペイントソフトからテスト印刷。 うちは骨董品のMicrografx Picture Publisher 10 からカラーチャート出してみた(笑)

Windows10でセルフィ― CP510

お~無事出力できました。がしかし、なぜかうちでは ドライバーの設定画面が英語(笑) ま、私自身外国人みたいなものなので、困らないでしょう(笑)

古いセルフィ― CP510 を今のPCでも使いたい、そんな方のヒントになれば幸いです^^ ただし、メーカー非推奨、正当な方法ではありませんのでご注意を。起動しないなど不具合が発生しても、当方では責任を負いませんので、各自自己責任でお願いいたします。 (ちょっと脅してみたw)

おしまいw

 

DA18・ALC-SH104レンズフード互換品買ってみた

ソニー SAL18250用のレンズフードを割ってしまい、レンズフード探し。純正品は入手困難みたい。 もともとタムロンOEMなので、タムロン18-250mmDiII[A18] のDA18を買おうとしたものの、ん~高い。

 

もっと安い代替品ないかなと海外サイトを回ってるとありました。 JJC製のDA18互換品。上記の半額くらい。

ぱっと見刻印以外はほとんど変わりません。SH104と比べれば、マット仕上げ。強いて言えば、レンズフードの内側のギザギザが浅いくらい。左がソニーのALC-SH104, 右が互換品。

この差が、どの程度画質へ影響するか正直わかりませんw

取り付けてみましたが、がたつきもなく、純正品同様に快適。刻印が気になる方は、私の様に180度回転して使えば気にならないかと。

あなたも是非w

 

Nikon Coolpix S3500使ってみた

何気なく入ったハードオフで中古のカメラを漁っていたところ、本機を発見。300万画素のでも1000円以上なのに、なぜかこれは540円(笑)大して古くなかったので、家で修理しようとお買い上げ。

持って帰ってバッテリーを充電器に乗せたものの充電される気配がない。電源回りの回路をチェック、盛り半田して、端子を綿棒で掃除。無事充電できるように。

デジイチはよく使うものの、コンパクトデジカメは10年ぶりくらい。それも以前は300万画素クラス(笑) 最近の2000万画素コンデジが、どの程度撮影できるのか、数日持ち歩いて撮ってみました。

実際に使ってみると、デジイチに比べてレスポンスは遅く感じるものの、おおむね良好。やはりスナップには快適ですね。

マクロもなかなかいいです。デジイチだとマクロレンズに交換して絞り込んだりと面倒でしたが、これなら気軽に撮れます。

鉄道を撮るとなると、AFとシャッタータイムラグがネックになるかと思いきや、慣れたら、ある程度狙い通りに撮れるようになりました。

発色は他のニコンコンデジ同様、やや青味の強い感じ。個人的には、補正時に若干赤味と黄味を足すことが多い気がします。

Coolpix S3500。小さいのが何よりいい。あなたも是非^^

 

画像盗用で思うこと

最近、まとめサイトの転載や画像盗用が話題になってうれしいトムです(笑) 下記は最近Withnewsに載ってた記事。

まとめサイトの盗用、ある“浴衣画像”が「収拾つかない」事態に

まとめサイトの盗用、どう対処? 弁護士「プロじゃなくても使用料請求」

個人のブログだろうが、仕事のウェブサイトだろうが、ウェブを作ってる人は、それなりに貴重な時間を費やして撮影・画像加工・記事を書いているわけで、手間暇かけてます。盗人や盗用する企業は、それをコピーアンドペーストで使用するわけですから、使われたら使用期間に応じて対価をもらうのは当然かと。

このトム平野スタイルの画像も驚くほどあちこちで盗用されてます。ただ、趣味サイトに対しては不快には思うものの、特に圧力はかけてません。しかしながら、企業サイトに対しては片っ端から文句を言ってます。

今の世の中、何も言わない方が損をする時代。自分の気が収まるまで、言い続けます。死んでも言い続けます(笑) 撃たれたら撃ち返す。防衛の基本。おとなしくて弱虫だった幼い頃、亡き母に「やられたらやり返しなさい」とよく言われてた事を思い出しました(笑) 今思うと、自分の復讐主義の原点はこの頃植え付けられたものなのかもしれませんw

インターネットって素晴らしいですね。私みたいな非力な人間にでも発信する機会を与えてくれるわけですからw 昔お世話になったイリノイ大学に対しても、今のインターネット環境を生み出してくれたことに感謝しておりますw NCSA万歳w

サイト―オーナーさんは、定期的にgoogle画像検索することをおすすめします。google chrome ブラウザ等で、自分のサイトを表示し、調べたい画像の上で右クリック・画像検索すれば、類似画像を表示してくれます。結果に表示された画像を辿っていけば、だれがパクってるか一目瞭然です。連絡先が分からない独自ドメインサイトの場合は、Whois などの検索サービスでドメイン登録者の情報が閲覧できます。

ありがちな構図と被写体だからバレないだろう、と思ってるのはあなただけ。カメラを弄ってる人ならそれなりに考えて構図を決めているので簡単にばれるかとw

追記:
以前記載のありましたS社様とは円満解決となりましたので動画は削除しました。

ソニー α99II 発表

海外では発表されたみたいですね、α99 II。一応、αAマウントは生きてたみたい(笑)

http://www.sony.com/electronics/interchangeable-lens-cameras/ilca-99m2

今使ってるα77君も手ぶれ補正ユニットがちょっと馬鹿になってて、オンにした方が画像がぶれるという素晴らしいコンディションw 確かに、そろそろ買い替えの時期ではあるけど。フルフレームだと解像感や感度も良いし、おまけに古いミノルタレンズは活かしやすいのよね。大して活かしたいレンズ持ってないけどw

AVC-S で4K対応はいいなぁ。今のJVC HM170もいいんだけど、ちょっと趣味で撮るにはデカくて(笑) HM170とかはドキュメンタリー的な撮影はハッタリ効いていいけど、作品作りとなるとデジイチの方が、画の自由が効くから楽しいよなぁ。

仕事で撮影の応援に出る時は、EOSを使わされる事が多いから、趣味もキヤノン系にそろえた方が楽かもしれないけど、どうしたもんだかw 個人的にはαの方が好きだけどね。最近は電車しか撮ってないけどw

ま、リッチなあなたは是非買って下さい(笑)

 

プユマ東上号のレタッチ加工

ダビングを回してる合間に趣味の鉄道で画像加工。そのアプローチの仕方をちょっとだけ紹介。

まず原画はこちらを使いました。

原画 東武8183F

1.帯を消す

素直に帯のないセイジクリーム81111Fを使えば良いものの、加工の途中で気づくというアホ。プユマ号の帯は低いので、上の水色を消し、太帯はそのまま生かし、下に細い線を足す形にしました。車体側面銅板のベコベコ感?は極力残したいので、まずは彩度を落としてグレーにし、トーンカーブ+レベル補正で馴染むあたりを探します。カラーバランス等で微調整するとなお良い。

帯の消し方

大体あったところで、境界線をスタンプツール等で馴染ませ整えました。

2. 顔を赤くする

原画が白い車体なので、暗くして、彩度を高めて、着色という形にしました。まず、窓など色の付けたくない物は、マスク(選択範囲)し、別のレイヤーに保存します。そして、赤くしたいエリアを選択、着色します。ソフトによって異なるのですが、うちのアンティークなソフトだと下のような設定です。

色の付け方

3. ロゴを作成する

側面にいきなり正しく描くのは難しいので、横がわかる別の画像を用意し、ロゴをなんとなく作ってみます。tojoロゴ作成

ロゴが決まったら、貼りたい画像の上で変形し、遠近感考えながら整えます。うちの場合は、今回は、ロゴを作ったCorelDraw上で変形し、画像処理ソフトへインポートしてます。

Coreldraw遠近変形

4.完成

プエマ東上号

まぁ遊びとしては上出来なのではないでしょうか(笑)窓下の黒も赤のスラインに沿って白くした方が、スマートな感じにはなりそうでしたが、面倒なのでw

おしまい。

 

ビデオテープのカビ画像をパクる業者たち

オリンピックロゴも手掛ける某デザイナーの盗用ネタが、最近のマイブーム(笑)今日もパクリネタを提供します(笑)

パクられまくりのビデオテープのカビ写真

意外と知られていませんが、ビデオテープにカビが生える事があります。そのため、ビデオテープのカビを取る業者が存在します。うちも大変お世話になっているテープ修理ドットコムさんですが、そこのオーナーさんがだいぶ昔にデジカメで撮ったビデオテープのカビの画像が、結構あちこちの同業者で無断盗用されています。

これが大本。テープ修理ドットコムさんのスクリーンキャプチャ画像と実際の写真。

ビデオテープのカビビデオテープのカビ

そして以下が無断で画像盗用をしている業者です。

アイソフトカンパニー

こちらがアイソフトカンパニーのページの画像キャプチャ。ビデオテープ修理のページです。画像は2015/8/17現在のものです。

アイソフトカンパニーによる無断画像盗用
www.geocities.jp/kobeibuki/web_media/

 

ビデオテープの画像を見てもらうとわかりますが、そのまんま東(古)w 一応Flashに変換して加工したみたいです(笑)なんか、もう、フォトショップで合致検証する必要もありませんね(笑) ちなみにカビ写真の下のビデオテープの規格ロゴたち、これは昔、私がコーレルドローで適当に作ったもの(笑)見分けがつくように、わざと規格本来のロゴを崩してますw みてて痛々しいですねw やっちゃったw

ここの会社は、ホームページ制作も行ってるらしいですが、パクリ素材で作っちゃうんでしょうか(爆笑) 作ってもらったら、パクリ元に訴えられて痛い目に合うかも(笑) 怖い怖い。

おもいで玉手箱

プラザクリエイトが運営するおもいで玉手箱。写真業の中ではまぁまぁ有名です。パレットプラザは、招き猫と野々村真のイメージしかありませんが(笑)それはさておき、こちらのビデオテープの写真は。盗用画像をトリミングして頑張ってます(笑)よくある質問のページですかね。画面のキャプチャは2015/8/17現在。

shop.omotama.jpによる無断画像盗用
shop.omotama.jp/faq?limit=5

トリミングすれば、バレないだろう・・・ そんな感じでしょうか(笑)カビには独特の模様がありますからね。フォトショップでオリジナルと重ね合わせると合致します。バレバレですね、残念(笑)大手のする事でしょうか?画像を無断で転用する業者に、あなたの大切な映像を預けられますか?

VTCタケウチ

ここVTCタケウチもビデオテープのカビ取り業者。上記のプラザクリエイトと全く同様、トリミングしたバージョン使ってます。画面のキャプチャは2015/8/17現在。

VTCタケウチによる無断画像盗用
videotc.web.fc2.com/price.html

お~、特許取得済みの信頼の技術だそうです。でも、特許を主張する割には、著作権は無視という素晴らしさ(爆笑) 人の画像を盗んで平然としていられる感覚、私にはわかりません。「信頼」という言葉も、ものすごく薄っぺらく感じますね~

ビデオテープの仕事、本当に来てるのか?

どの画像盗用業者にしても、他人の撮った写真を使わなくてならないということは、果たして本当に仕事が来ているのでしょうか?そこそこ仕事が来ていれば、いつでも撮れるわけですし。比較的少ない個人のうちですら、さっと用意できますよ。

それより、他の同業者の画像を抵抗なく使える時点で、いい加減だという事はよくわかりますね(笑) 仕事への誇りとかそういうものはないんでしょうね。自分だったら恥ずかしくて使えないですけどね。

無断で他人の画像を流用する業者に、あなたの大切な映像を預けて本当に大丈夫でしょうか?

ネガフィルムのカビ取りしてみた

遠州鉄道の26号を撮ったネガを発見。27年くらい前だったかな。フィルムスキャナでスキャンしてみたら、ん? 白い結晶が沢山w

洗浄前のスキャン

どうもカビが生えてしまったらしい。フィルムの乳剤面を確認すると確かにあった。

カビの生えたネガ

一応、暗室作業も経験したことあるし、写真屋でも働いていたことがあったので、ダメもとでカビ取り挑戦。というほどのものではなく、軽くフィルム洗浄。フィルムクリーナーは仕事柄持ってたので、エタノールで軽く浸す。そして優しくなでる。んで、よく水洗い。本当は洗浄時にフジフィルムのドライウェルがあればいいんですが、そんな気の利いたものは手元にないので、根性?で対処w

小一時間干して、再度スキャンしたら、大分良くなった。色をちょっと直して、ゴミ取りした感じはこちら。

エタノール洗浄後のスキャン

まぁ適当男の適当処理にしては、十分でしょう。

めでたしめでたし。

 

 

ソニーUP-CR10LをWindows 8.1 64bit版で使用する方法

手軽に使える昇華型プリンター、UP-CR10L。ソニーのプリンター事業撤退のため、提供ドライバはWindows 7止まり。Windows 8.1でも使用できるかなと思い、いつもの通りインストールしてみたものの64bitOSではNG。Setup.exe をWindows 7 互換モードに設定、管理者権限で動かしても途中でエラーが出てインストールできず。

32bit環境下では問題なく入りますが、64bit環境下は、ちょっとチェックが厳しいみたい。そこで、いろいろ試したところ、インストールできましたので紹介します。

ここから先は、メーカー推奨外のインストールです。トラブルが起きても知りません。各自、自己責任でお願いいたします。

まず、画面右のギアアイコンの「設定」から入り、PC設定の変更>保守と管理>回復へ入り、「PCの起動をカスタマイズする」の下の「今すぐ再起動する」を押します。

すると、オプションの選択メニューが現れますので、トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定>「再起動」ボタンを押します。

画面にスタートアップ設定メニューが出てきますので、7番の「ドライバー署名の強制を無効にする」を選択し、いつも通りログオンします。

ソニーのソフトウェアダウンロードのページからWindows7用ドライバーをダウンロードします。私が使ったバージョンは1.21 (恐らく最終)です。デスクトップ等で一旦解凍し、一段深いx64フォルダーを開きます。

右クリックインストール

中にUPCR10.inf のファイルがありますので、そのファイルを、右クリック>インストールを選択します。するとしばらくインストール作業が行なわれます。最後にエラーが出ますが、無視します。大丈夫かな?(笑)

コントロールパネルから「デバイスとプリンター」を開いて、プリンター欄にSony UP-CR10 series と出ればOKです。たぶん。きっと。

devicetoprinter2

いったん再起動して、お気に入りのソフトからテスト印刷してみます。

out

おぉー無事出ました。しつこいようですが、自己責任でお願いいたします。

おしまい。