Atlas Evans 52フィート ゴンドラ車を見てみた

個人的には、ゴンドラといえば、ベネチアの船でもスキー場のアレでもなく、これ。

アメ鉄では一般的にこれを指します。日本の無蓋車のトキとかホキみたいな感じでしょうか。

この模型のプロトタイプは、70年代中ごろアメリカ・ジョージア州のSouthern Iron and Equipment Companyが製造。そして80年代に入って、Evansの傘下になったため、現在はEvansのゴンドラと呼ばれています。現在も活躍しています。

んで、一方アトラスNゲージのゴンドラですが、こちらは2006年に定価$15.95で初回リリース。今回のリリースで5回目となります。今回のリリースは、2010年に予約受付されたものですが、中国委託工場とのトラブルで発売まで2年以上かかってしまった不運?な車両たちです。

今回入手したのは、NJTRのゴンドラ2種類。元ニュージャージー住民としては逃せません(笑)黒は、自由の女神が描かれたCNJロゴ付き。茶は、NJTR現行塗装です。NJTRは基本的に旅客会社なので、ゴンドラは保線車両という位置づけです。

両端および妻面のはしごは別パーツ。スムースな荷台、直線的なフレームの仕上がりが近代的な雰囲気を出してて、なかなかラブリーです。

あなたもぜひ(笑)