「アムトラック」タグアーカイブ

Nゲージ Amtrak ターボライナー製作 (パート2)

Rohr ターボライナー製作パート2です(笑)

前回は3D出力まで書きましたので、今回は表面の凸凹を直すところから。当初は、やすりでひたすら削ればなんとかなると思っていたのですが、プラスチックは意外と固く、ヤスリが大変。おまけに内側の層も完全な状態でくっ付いていないため、いっぱい削っても層の筋は完全に消すことが出来ず(涙) 結局、削るというより、溝をパテ等で埋める方向で作業しました。

サーフェイサーをしつこく何度も重ねれば消えるとは思いますが、コスト的にちょっとと思い、パテを刷り込むなどあの手この手でチャレンジ。結構時間がかかってしまいましたが、何とか様になりました。左側がそのまま、右側がパテ+削り+サーフェイサーで仕上げたものです。ヤスリ前とヤスリ後

表面を整える際にヤスリを多用するため、あえてディテールは省略して3D出力。表面を整えてから別パーツで取り付けた方が作業しやすかったです。ある程度平面になったところで別パーツを取り付け、最後は全体をサーフェイサーで覆った方が一体感が出ます。

削った後は塗装。白はサーフェイサーのまま(笑)、運転台窓周りを黒、下を青くし、赤帯を入れました。MDプリンタで白文字デカールを作り、黒のAmtrakロゴは、Microscaleの市販品を適当にセレクト。

よく見るとあらは沢山あるけれど、第1号の編成としては満足いくものになりました。

N scale Rohr Turboliner Amtrak RTL 5car set

Nゲージ Amtrak ターボライナー製作中 (パート1)

ターボライナーをグランドセントラルターミナル駅で目撃、一目惚れしてから早30年(笑)

1987.06 Grand Central Terminal にて。

なぜかこのターボライナー、一向に模型化される気配もないので、3Dの勉強も兼ねて自作に挑戦。フルサイズNゲージだと3Dプリント時間も結構かかりそうなので、まずは短いBトレインショーティーサイズで一通り作ってみることにしました。

ターボライナーをどうやって簡単な図形で作り上げるのか。ソフトも真面に使えない中、あの手この手で形作り。結局、基礎的な形を愛用のコーレルドローで作成し、その形状をSVG (Scalable  Vector Graphics)形式で出力。その出力したファイルをAutodesk 123D design(無料配布終了。現在はTinkercad) でインポートし立体化する方法を取ってます。簡単に言うと、列車の妻面を描き、それを伸ばして車体を作る、といった手法です。

ターボライナー 中間車

先頭車は難しそうだったので、まずはターボライナーの中間車。上記の技法で作ればボディーは簡単です。あとは、窓をくり抜いてあげれば、大まかな車両は完成です。

Rohr Turboliner Coach

ターボライナー 先頭車

そして先頭車の顔の部分は、カーブ帯びた台形を用意し、ロフトという機能で再現しました。何パターンか作って自分的にしっくりくるのを選びました。

Rohr Turboliner Power car front

顔の部分と最初に作った中間車のボディを合わせてこんな感じ。

rohr-turboliner-cab-car

実際に出してみると、積層式3Dプリンタ特有の問題があり、色々と諦めたり、手直しを繰り返して出力。最終的にはこんな感じに。

ターボライナー

Rohr Turboliner power cars

表面のざらつきがあるなど、まだまだ課題は山積です(笑)

パート2へ続く(笑)

 

Kato SDP40F見てみた

ちょっと遅くなりましたが、KATO USAのSDP40Fを見てみました。今回初の模型化という事で結構気になってました。

SDP40FはEMD FP45と大変良く似てるため、模型化されないと思ってましたが、カトーさん頑張ってくれました(パチパチ)
sdp40f-front
なかなかよかばい。

後ろはこんな感じ。

sdp40f-rear

SDP40FはFP45よりちょっと長いはずなので、70年代にリリースされた骨董品FP45と並べてみました。

sdp40f-side

正直あまり変わらない(笑) 細かい事気にしなければ誤魔化しきれちゃう?w

正面の顔の比較。

sdp40f-face

流石にAHM/Rivarossiは1970年代の物なので、いろんな意味で比較にならないかもしれませんが、逆に言えば40年前の製品もなかなか?といえるかも。FP45の方が若干高いのは、車輪のフランジの高さのせいです。

実際の編成ですが、SDP40Fは、スチームジェネレーター搭載で、HEP電源はありません。ですので、フェーズ1や2のストリームライン客車を牽引させるのがリアルかと思います。
スーパーライナーやアムフリートを牽引する場合は、HEP電源が必要になります。当時のアムトラックは、SDP40Fの後ろに、E8BユニットやF40PHを接続して、近代型?客車へ対応していました。

あなたも是非^^

 

海外からFL9 Amtrak を取り寄せてみた

こんにちは、トム平野です。だいぶ前から予告されていたアメリカの鉄道模型がリリースされたので、海外の問屋より取り寄せてみました。FL9について、ちょっと紹介。

Rapido N FL9

今回リリースされたのは、EMD FL9型 ディーゼル・電気兼用機関車と呼ばれるもので、入手したモデルはアムトラックのフェーズ3塗装。メーカーはラピッド―トレインズ社。諸事情によりノーナンバー(車番なし)です。

お尻はこんな感じ。

Rapido N FL9 rear

実車は、ハドソン川沿いやニューヘーベン方面のディーゼル区間で活躍。ニューヘーベン鉄道から引き継いだ機関車です。既に引退して、現在はP42そっくりのP32AC-DMが担当してます。

このFL9は一見E8/9型やF型にそっくりなのですが、台車に特長があります。前の台車が2軸、後ろの台車が3軸構造です。

Rapido N FL9 front

中学生の頃、1度だけグランドセントラルターミナル駅で実物を見たことがあったので、発売されてとても嬉しいです。487号機にしたのもその時見た機関車に合わせてです。

Rapido N FL9

ちなみにデカールが付属されており、好きな番号が付けられるようになってます。ただ正面のデカールは、ナンバー部分が透明ですので、ナンバーボードが点灯しない限り番号が見えない(笑) そこで、先に白のデカールをのせ、そのあとに付属のデカールを付けた方が、カッコいいかもしれません。

メトロノース鉄道のは1個在庫あります。DCバージョン17,000円です。

あなたも是非w

 

Kato ACS-64 Amtrak 届きました

外国型ですが、カトー製 Siemens ACS-64 が届きました。感動です。

カトー ACS-64 電気機関車

去年の秋、実物を見る機会がありましたが、実車の雰囲気がうまく再現できてます。走行はまだですが(笑)

近代的なアムトラックの留置線を再現できますね^^

シーメンス ACS-64

とりあえずアムトラック全世代の電気機関車と並べてみた(笑)

アムトラック電気機関車

まだ出て間もないのでお近くの模型店へどうぞ。

あなたも是非(笑)

P42DC Amtrak ベテラン塗装入手しました

11月11日は、海外・アメリカでは「復員軍人の日」で祝日です。簡単にいうと現役退役すべての軍人さんに敬意を表す日という感じでしょうか。

そんな思いを塗装にしたのが、ベテラン(=復員軍人)塗装。AmtrakもP42は42号機、ACS64は642号機、元F40PHは90208号機に、この”ベテラン”塗装を施しています。

kato-p42dc-veteran

現在アムトラック公式サイトで発売中のNゲージ版P42DCはこんな感じです。

p42dc-42-frontp42dc-42-rear

Nゲージバージョンは、KATO 製品なので品質は安心です。ライトの形状が初期のままというのがちょっと残念ですが。

アムトラック公式サイト内のショップのみで購入できます。日本へも発送してくれると思います。

あなたも是非(笑)

予算の都合による共同購入のキャンセルで、1両だけ余ってます。もしよろしければ、左のリンクからどうぞ。直で輸入するよりは安いかも。

カトー Siemens ACS-64 写真来た

アメリカ現地の問屋さんから画像入りのチラシが送られてきました。勝手に宣伝・転載なので、画像小さくしました。そういう問題じゃない (^^;

kato-acs64-a
© Kato
kato-acs64-b
© Kato

昨年実車を見てきましたが概ね雰囲気は再現できていると思います。カトーさん流石です。パチパチ。

どんと仕入れて販売したいところなのですが、当方はアメリカ問屋経由ですので、円ドル為替の都合上、仕入価格より日本の小売店頭価格の方が安くなる現象が(笑) その関係で、しばらくはカトー製品の予約販売は当分お取り扱いしませんのでご了承ください。国内の問屋にお願いするほど、仕入れる数ありませんし・・・ 国内定価をもっと釣り上げてくれれば売れたのですがw

自分の分はお付き合いで、現地問屋さんから取りますが、皆さんはアマゾン等お気に入りのお店で予約した方がいいかもしれませんね。

電気機関車単品がもし発売されたら、なんちゃってヘリテージ塗装にでも塗ってみましょうかねw あ、ベテラン塗装も期待してます、カトーさん (^^)

 

Atlas GP7 GP9 Amtrak届いた

この7月にリリースされたNゲージ、アトラス GP-7, GP-9 のアムトラック塗装が届きました。
Atlas GP7 GP9 Amtrak

なかなかカワユス。70年代頃使われたフェーズ1塗装ですね。黒い手摺がGP7, シルバーの手摺がGP9です。基本的な塗装は同じです。

Front view
Front view
Rear view
Rear view

ご覧の通り、スカートのゼブラ柄以外は同じです。モデルが異なるため、ホーンの位置もGP7が側面、GP9は屋根上に付いてます。

ヤードや保線車両の牽引に使われていたみたいです。オートトレインで使われていた時期もあったとか。

それにしても円安が辛い。国際送料・税金入れると、DCCなしで1両13,000円・・・高w また円高にならないかな~ 13,000円でよろしければお取り寄せいたします(ホント?)w  ご希望の方はお早めに。