「海外」タグアーカイブ

Atlas Evans 52フィート ゴンドラ車を見てみた

個人的には、ゴンドラといえば、ベネチアの船でもスキー場のアレでもなく、これ。

アメ鉄では一般的にこれを指します。日本の無蓋車のトキとかホキみたいな感じでしょうか。

この模型のプロトタイプは、70年代中ごろアメリカ・ジョージア州のSouthern Iron and Equipment Companyが製造。そして80年代に入って、Evansの傘下になったため、現在はEvansのゴンドラと呼ばれています。現在も活躍しています。

んで、一方アトラスNゲージのゴンドラですが、こちらは2006年に定価$15.95で初回リリース。今回のリリースで5回目となります。今回のリリースは、2010年に予約受付されたものですが、中国委託工場とのトラブルで発売まで2年以上かかってしまった不運?な車両たちです。

今回入手したのは、NJTRのゴンドラ2種類。元ニュージャージー住民としては逃せません(笑)黒は、自由の女神が描かれたCNJロゴ付き。茶は、NJTR現行塗装です。NJTRは基本的に旅客会社なので、ゴンドラは保線車両という位置づけです。

両端および妻面のはしごは別パーツ。スムースな荷台、直線的なフレームの仕上がりが近代的な雰囲気を出してて、なかなかラブリーです。

あなたもぜひ(笑)

 

 

海外 PAL VHS テープの再生

ここ数年良くある質問 「海外のビデオを、どうやったら日本のビデオデッキで見ることができますか」 と。 答えは簡単。どう頑張っても、見られません。

一部の人は、テープもしくは機械に、映らないようにする仕掛けがあるのでは、と疑ってるみたいですが、意図的ではなく、仕様の違いで映りません。

結局、海外のビデオテープを見るために必要なものは2点。現地の方式に対応したビデオデッキと、その出力された信号を日本用に変換するコンバーターが必要です。

以前は、海外ビデオにも対応したビデオデッキが、パナソニックやアイワから発売されてましたが、さすがに今は販売完了。となれば、現地からビデオデッキを取り寄せる必要があります。海外通販、または輸入代行業者にお願いしましょう。そして、その機械を動かすために、電源を変換する変圧器も入手しましょう。

再生する環境が揃ったら、次はそのビデオ信号を変換するコンバーターを入手する必要があります。写真はその一例。

ビデオコンバーター

インターネットでは普通に売られてますので、ビデオコンバーターと探してみてください。PALのビデオを日本で見るには、PALからNTSCへのコンバーターが必要です。値段もピンきりですが、クオリティもピンきりです(笑)でも、高いものを買ってもオリジナルにはかないませんので、割りきりが必要かと。ちなみにオーディオは変換不要です。

海外ビデオデッキ→ビデオコンバーター→日本のテレビと繋ぐとやっと見れるようになります。日本のデッキにPALテープを入れて、その信号をビデオコンバーターに入れても映りませんので、念のため。

見たいテープが少量でしたら、うちでやってるような海外ビデオ変換業者に頼んだほうが安いかと思いますが、大量にある場合は、機械をそろえてみるのもいいかもしれません。

毎年恒例のクッキー

こりず今年もちょっとだけ輸入してみました、ガールスカウトクッキー。

ガールスカウトクッキー

アメリカではガールスカウトが活動費などを稼ぐために
年に1度クッキーを売る習慣があり、昔よく購入しました。

小・中学をアメリカで過ごした私にとっては、とても懐かしいお味。
通販では販売してませんので、現地の幼馴染に頼んで買ってもらいました。

早速いただきます(笑)