「海外」タグアーカイブ

海外ビデオ機器のスカートアダプター

スカートよりパンツルックの女性が増え、とても残念がっているトム平野です(笑)
今回は、そのスカートではなくて、海外ビデオ機器をつなぐスカートのお話。

海外方式のビデオを見たりする方は、現地からビデオ機器を取り寄せることがありますが、欧州から機材を取り寄せると、多くの場合、下のような変な端子が。

さらに、運が悪いと日本などで一般的なコンポジット端子(RCA端子)が一切付いていない機種も(笑) 折角取り寄せたのに繋げない、そんな方もひょっとしたらいるかもしれません。私もそんな一人でした(笑)

いろいろ調べてみると、この21pin端子は、ビデオ機器を簡単に接続しようとフランスで発案されたスカートと呼ばれる端子で、ヨーロッパを中心に使用されていました。別名EuroAVとか、Peritelとか、EuroSCARTとも呼ばれているとか。

このスカート、結構お利口さんで、双方向接続やテレビを自動にON/OFFできたりします。チェーン接続もできます。対応のテレビとビデオ機器をつなぐだけで、入出力を気にせず接続完了。サルでもわかる接続ケーブルでした。しかしながら、欧州のみの規格のため、他の地域の変換機や機材と接続するとなると、当然ながら口が合いません。どうしても日本のシステムコンバーターに接続したかったので、変換アダプターを求めて検索。意外と普通にたくさん売られていました。

変換アダプタで使える機能は、ビデオ機器側や変換アダプタの都合によって若干バラバラのようです。片方向のみにしか対応していない、ほとんど結線されてないコスト削減型変換アダプタもw

とりあえず変換アダプターとして購入するのであれば、入出力のどちらに対応したものか確認したほうがよさそうです。

日本でも比較的ポピュラーなサムスンワールドワイドデッキも、この変換アダプタを使えば、入力端子が増やせます。

私は、海外から取り寄せましたが、今見たら、アマゾンでも売ってました(笑)

今はHDMIなどハイデフィニション(ハイデフ)時代になってしまったので、影が薄くなってしまいましたが、標準画質の欧州ビデオ機器はこれで活用できます。システムコンバーターやマルチシステムテレビと接続すれば、ばっちり観れますね ^^

SV-5000W 海外方式ビデオデッキの修理

先日お客様から電話で「サムスンのデッキのノイズが酷いんですが」という相談を受けたので、リサーチも兼ねてネットで検索。すると、大手通販サイトの商品レビューに同じトラブルを訴えてる人がたくさんw ちなみに、うちの2台も同じトラブル。問題のノイズはこんな感じ。

ヘッドがへたった時に見られる、めだかノイズノイズに近い感じ。ただ満遍なくノイズがのります。へたれと違って、位置がランダムなので、信号にノイズが入ってる可能性がありそう。ということで、アースを中心に調べていくと、ありました。怪しい箇所。

この銅板、メカのシャーシとメイン基盤の間にあり、銅板のバネの力を利用して接触。シャーシとメイン基盤の間のGND信号の架け橋のようです。バネの力は月日と共に弱まるので、もしかしたらこの接触不良がノイズを生んでるのかも?と思い、転がってた銅線を使って、2箇所をブリッジ。すると見事にノイズが消えました。

ということで、本工事。メイン基盤の銅板とメカのシャーシを、銅線でつなぐ事にしました(写真内では緑)。銅板の上部に半田付けすると、メカを取り付けた際、メカの平面性が狂ってしまうので、シャーシの当たらない銅板側面に半田。メカを取り外すのが怖い人は、見えてる銅版部分に半田付けしても大丈夫です。ただ今回は、キャプスタンベルトの掃除もしたかったので外しました。

そして、継ぎ足した線の反対側をシャーシ固定ネジに挟み込む。しっかり固定できました。ただあまりきつく閉めると、ネジ穴を駄目にするので注意です。

再生してみると、ノイズなし!無事解決できました。これは明らかな設計ミス。欠陥です。でも、まぁ韓国サムスンだからこんなもんと諦めてます(笑) もし、同機種のノイズでお困りでしたら、この方法で直るかもしれません。これでダメなら、キャプスタンドライブのコンデンサーあたりを疑ってみてください。

サムスンのSV-5000Wは、お世辞にもいい機械とは言えませんが、数少ないマルチシステムデッキですので、元を取るまでコキ使ってあげて下さい(笑) 修理不能になったときは、思う存分ハンマーで叩き潰してあげるとスッキリするかもしれません(笑)

 

Atlas Evans 52フィート ゴンドラ車を見てみた

個人的には、ゴンドラといえば、ベネチアの船でもスキー場のアレでもなく、これ。

アメ鉄では一般的にこれを指します。日本の無蓋車のトキとかホキみたいな感じでしょうか。

この模型のプロトタイプは、70年代中ごろアメリカ・ジョージア州のSouthern Iron and Equipment Companyが製造。そして80年代に入って、Evansの傘下になったため、現在はEvansのゴンドラと呼ばれています。現在も活躍しています。

んで、一方アトラスNゲージのゴンドラですが、こちらは2006年に定価$15.95で初回リリース。今回のリリースで5回目となります。今回のリリースは、2010年に予約受付されたものですが、中国委託工場とのトラブルで発売まで2年以上かかってしまった不運?な車両たちです。

今回入手したのは、NJTRのゴンドラ2種類。元ニュージャージー住民としては逃せません(笑)黒は、自由の女神が描かれたCNJロゴ付き。茶は、NJTR現行塗装です。NJTRは基本的に旅客会社なので、ゴンドラは保線車両という位置づけです。

両端および妻面のはしごは別パーツ。スムースな荷台、直線的なフレームの仕上がりが近代的な雰囲気を出してて、なかなかラブリーです。

あなたもぜひ(笑)

 

 

海外 PAL VHS テープの再生

ここ数年良くある質問 「海外のビデオを、どうやったら日本のビデオデッキで見ることができますか」 と。 答えは簡単。どう頑張っても、見られません。

一部の人は、テープもしくは機械に、映らないようにする仕掛けがあるのでは、と疑ってるみたいですが、意図的ではなく、仕様の違いで映りません。

結局、海外のビデオテープを見るために必要なものは2点。現地の方式に対応したビデオデッキと、その出力された信号を日本用に変換するコンバーターが必要です。

以前は、海外ビデオにも対応したビデオデッキが、パナソニックやアイワから発売されてましたが、さすがに今は販売完了。となれば、現地からビデオデッキを取り寄せる必要があります。海外通販、または輸入代行業者にお願いしましょう。そして、その機械を動かすために、電源を変換する変圧器も入手しましょう。

再生する環境が揃ったら、次はそのビデオ信号を変換するコンバーターを入手する必要があります。写真はその一例。

ビデオコンバーター

インターネットでは普通に売られてますので、ビデオコンバーターと探してみてください。PALのビデオを日本で見るには、PALからNTSCへのコンバーターが必要です。値段もピンきりですが、クオリティもピンきりです(笑)でも、高いものを買ってもオリジナルにはかないませんので、割りきりが必要かと。ちなみにオーディオは変換不要です。

海外ビデオデッキ→ビデオコンバーター→日本のテレビと繋ぐとやっと見れるようになります。日本のデッキにPALテープを入れて、その信号をビデオコンバーターに入れても映りませんので、念のため。

見たいテープが少量でしたら、うちでやってるような海外ビデオ変換業者に頼んだほうが安いかと思いますが、大量にある場合は、機械をそろえてみるのもいいかもしれません。

毎年恒例のクッキー

こりず今年もちょっとだけ輸入してみました、ガールスカウトクッキー。

ガールスカウトクッキー

アメリカではガールスカウトが活動費などを稼ぐために
年に1度クッキーを売る習慣があり、昔よく購入しました。

小・中学をアメリカで過ごした私にとっては、とても懐かしいお味。
通販では販売してませんので、現地の幼馴染に頼んで買ってもらいました。

早速いただきます(笑)