歴代愛用銀塩カメラ

下記は所有・愛用したカメラを一部紹介します。ちょっとマニアックですが、分かる人は見てくださいね。どうやら、私はミノルタマニアらしい・・・(笑)

1983

1985
 EV20 Keystone Everflash 20 (126)

小学生の時、近所のガレージセールで親に買ってもらったカメラ。セールスポイントはフラッシュが何度でも使 える(昔のフラッシュは使い捨てだったからね)、フィルムがワンタッチ装填出来ることだった。レアな126フィルム用だったため、フィルムが入手しづらく あまり活躍しなかった。Keystoneという会社は、8mmカメラメーカーとして有名だった。ストロボ回路で感電したのもこのカメラがお初だった(笑)
1985

1988
 VR35 K10 コダック VR35 K10 カメラ (35mm)

待望の35mmコンパクトカメラ。コダック製のカメラは、アメリカ国内では結構ポピュラー。写りは意外と良い。巻き上げは、「写るんです」同様の手巻き式、巻き戻しも手巻き(笑)一応、made in Japanだった。シャッター接触不良のため引退。
1987

1989
 SRT-101 ミノルタ SRT-101 (35mm)

一眼レフで本格的に撮り出したのがこのカメラ。露出計は内蔵だが、結構適正露出を得るのに苦労した。シャッター速度と絞りの勉強には大変参考になった。やはり最初は、マニュアルカメラで勉強すべし。といっても私は、鉄道しか撮ってませんが(笑)(父のを拝借、価格不明)
1989

1991
 X-700 New ミノルタ X-700 (35mm)

SRT-101のレンズ群を活かすために選んだカメラ。初のAEに感動した。高校生で貧乏だったため、中古 で入手した。今振り返ると、もっともカメラしてたカメラだ。マニュアルってやはり使っていて楽しい。結構お気に入りだったが、α用のマクロレンズを買うた め手放してしまった。
1991

2001
 α8700i ミノルタ α-8700i (35mm)

バイト先の社長に特価で店頭在庫品を譲ってもらった。目が悪かった自分にとってAFの力は凄かった。動態予測のおかげで鉄道写真がきれいに撮れたのもうれしかった。売りの高速シャッターは所有のレンズが暗かったため、一度も使わなかった(笑)
1992

2010
 α9xi ミノルタ α-9xi (35mm)

α-8700iの機能に物足りなさを感じたため、購入した機種。動態予測が想像以上に進化していて、度肝を 抜かれた。12000分の1秒をも切れるシャッターの安定感は使っていて心地よかった。カスタムカードで機能をお好みに設定できる所が面白かった。動く物 を撮るのに電動ズームは最高。XIレンズは中古でしか入手できないのが残念。
2006  α303si ミノルタ α303si (35mm)

ジャンクコーナーで発見。メカの状態は思ってたより良かった。今後、フィルムでの撮影予定はないので、観賞用?としてゲット。レンズつけて空シャッター切ってるだけでいいんです。
2006  α303si super ミノルタ α303si なんちゃってスーパー (35mm)

303siをジャンクコーナーで発見。パーツ取り用に買ったら、全然動作OK。外側が傷だらけだったので、別途壊れた303si superを入手し、中身を入れ替え。見た目だけスーパーとなった(笑) リモートレリーズ端子、金属マウントは無事移行できた。
2006  αsweet ミノルタ α sweet (35mm)

ファミリーユーズ型とはいえ、意外にグリップのホールディング性が良い。価格・性能・サイズ共にバランスが取れた良いカメラ。

 

トム平野の活動記録 & 独り言。