Windows ME を Shuttle XPC SS51G に入れてみた

実はもう1か月前ですが、Shuttle xpc SS51G のジャンク品をいつものハードオフでゲット。 ソケットはIntel 478、チップセットにSiS 651/962を積んだ、結構昔のもの。 Windows 9x / ME 用のドライバーが提供されていたのが購入の決め手。

Shuttle XPC SS51G

早速分解。電源ユニットはFlex ATXのようで、内部を確認したところ、ヤバそうな電解コンデンサーを発見、同等のものに交換。

電解コンデンサ不良

この電解コンデンサーを変えたら立ち上がりOK。 だったのですが、倉庫に未使用の電源があったのを思い出し、安定性を求めて結局丸ごと交換。

Shuttle XPC SS51Gの裏面はこんな感じ。 寸法上拡張性が限られるため、主な機能はオンボードされたマザーボードです。

Shuttle XPC SS51G 背面

早速、転がってたハードディスクを取り付けて、OSをインストール。最初はWindows 98の予定でしたが、Windows ME (Millennium Edition) の方が面白いかなと思い、変更(笑)

Windows ME のセットアップ画面。基本デザインは、Windows 98と大して変わりませんね。

windows_me_setup

windows me

おー、久々にみたWindows ME のオープニング。がしかし、なぜかこの後 NDIS 保護エラーに遭遇。何度やっても起動できない。

ネットでいろいろ調べてみると、CPUが2.1GHz以上はNGのよう。 回避策として、新しい ndis.vxd に差し替えてあげればOK。日本語OSの場合は、マイクロソフトから修正パッチをダウンロード。 解凍ソフトを使い、修正パッチから ndis.vxd のみを取り出して、Windows の system フォルダーに放り込めば問題解決。

windows me 画面

Windows ME 無事動きました。 これで古いソフトのデータが開けます。 めでたしめでたし。

 

VAIO PHONE VPA051 で システムアップデートできない

中古のVAIO Phone VPA051 を入手。アプリ等を入れる前にシステムをアップデートしようと試みるものの、サーバーに接続できませんというエラー(35)が。

SIMカード入れる前だからかな、と思い、手持ちのSIMをいろいろ抜き差ししたけど改善せず。設定確認したものの特に異常なし。

もういいやと諦めてGmailアカウントを登録したら見つかりました。Playストア>マイアプリ>アップデート利用可能リスト内に、接続エラー(35)を修正するアップデートが。

このアップデートを実行後、端末>システムアップデートで無事実行できました。

vpa051 システムアップデート

同じようなトラブルに直面する人がいるかもと思い、一応書いてみました(笑)

 

Life-Like EMD BL-2 ディーゼル機関車 Boston & Maine 買ってみた

EMD BL-2 ディーゼル機関車。 だいぶ前から、その個性的なスタイルが気になっていたものの、実車も見たこともなく守備範囲外だったので買うまで至らず。 しかし、先日お手頃な中古を発見、購入しました(笑)

ボストン&メイン鉄道のディーゼル機関車が必要になった理由は、先日仕入れたアトラス・トレインマンシリーズのヘビーウェイト客車セット。

atlas-boston-and-maine-50004252

ヤフオク用に仕入れたのですが、ウォッチリストが全く伸びず(笑)売れる見込みがなかったので、自分用に卸しました。損してまで売る必要もありませんので(笑)

んで NゲージのBL-2は、Life-Like製 (現Walthers) 。製品は30年くらい前の物ですが、価格も程度も悪くなかったです。仮でBachmann ダミーナックルカプラー入れましたが、後でMicro-Trains Line のちゃんとしたやつを仕入れるつもりです。

Life Like BL-2 Front

Life Like BL-2 Rear

形を見るとわかると思いますが、BL-2は、大ヒットしたF型ディーゼルに入換作業用のデッキをつけて生まれたデザイン。当時Electro Motive は、入換機の需要に対応する車種がなく、そのラインナップ用に本機を投入しました。しかしながら、あまりにも変わった形状から、現地では醜いアヒルの子(Ugly Duckling)と呼ばれていました。

B&M railroad

醜い?かもしれないですが、かわいいでしょ?(笑)

B&M train set

ヘビーウェイトだとSLの方がいいのかも知れませんが、BL-2の方が好きなのです(笑)

実は、Bトレインショーティー用のレイアウトしかないので、残念ながら走行できません(笑)早く事務所にレイアウトを作らないと駄目ですね。ん?(笑)

 

キヤノン pixus iP7230 プリントヘッド 交換

キヤノン iP7230を4台使ってますが、最近どれも プリントヘッド がヘタって、文字すらまともに印刷できず(笑) 棚とインクの都合で、同じものが欲しかったけど、新品はすでに入手困難。 なんとか1台は新品をゲット出来たものの、あと3台となると大変。 とりあえず、残りのプリンターはプリントヘッド交換でしばらく様子見。

現状の印刷品質はこんな感じ。

プリントヘッド 交換前

印刷が酷く擦れます。最初は、ヘッド位置調整で直るかと思ったけど直らず。 ヘッドを洗浄したものの改善せず。使えないくらい罫線がガタガタです(笑) こんな時は、中国商人。正規品は高いので、中古っぽい怪しいプリントヘッドを入手しました。まぁダメだったらクレーム入れればいいだけなのでw

プリントヘッド QY6-0082

プリンタの電源を入れて、インク交換位置までヘッドを動かす。インクを外し、プリントヘッドを抑えてる手前のレバーを引く。ラジオペンチでグルんと回す要領で取り出すだけ。

プリントヘッド交換

ちなみに古いヘッドはこんな感じ。汚いw

取り外したプリントヘッド

プリントヘッド側面には刻印も。このQY6-0082がヘッドの型番みたい。

qy6-0082

プリントヘッドの取付も同じ要領で、ラジオペンチで摘まみながらセット。レバーを戻してインクセットして終わり。この後、ヘッド位置調整をやろうとするとなぜかエラー。もしかしたらこの後、何らかしら作業が必要なのかも。ま、文字しか印刷しないので、無視で終了(ぉぃ)

プリントヘッド 交換 ビフォーアフター

とりあえずカスレが取れてオーケー牧場。残りの3台分もそのうち取り寄せましょう。

 

備忘録: Windows10でネットワークドライブの参照が遅い

Windows 10 の1803 辺りからだと思うけど、アプリ等からネットワークドライブを開こうとすると、ファイルの一覧が出るまで1分近く待たされる。ネットワークドライブの参照が遅い時の対処方法。

レジストリエディター(regedit) で

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters

内に下記を追加。

DirectoryCacheLifetime Dword=0
FileInfoCacheLifetime Dword=0
FileNotFoundCacheLifetime Dword=0

(右クリック>新規>DWORD(32bit)値を選択、名前と値を入力する)

うちのはこんな感じ。

slow network drive

再起動を忘れずに。

レジストリは操作を誤ると起動しなくなるので、自己責任で。

CorelDRAW Graphic Suite 2019 英語版の日本語化

CorelDRAW (コーレルドロー) とは

CorelDRAW は、カナダ・コーレル社が発売するドロー系のグラフィックソフトです。 アドビでいう、Illustratorに該当するソフトです。 個人的には、Windows 3.1 (!) 時代から使っているため、なかなか手放せないソフトの1つです。 おまけに反Adobe派なので、ちょうどいいという噂も(笑)Windows UIと親和性が高く、Windowsユーザーなら直感的に弄れるところがお気に入りです。 今となっては、WindowsもMacもUI的には似たようなものですが。

ただコーレルドローは、多機能で歴史が長い分、謎なバグもあります。 一番困るのが、印刷すると変な線が出てくるバグ。その他もいろいろあります。 しかしながら、25年分のデータファイルがあると乗り換えは困難ですw まぁほとんど鉄道模型関連のデータですがw

drawing using CorelDRAW
仕事から趣味の鉄道模型のデカール作りまで1本でカバー。

2019版へバージョンアップ

CorelDRAW X7も2年以上使ってきたので、そろそろバージョンアップしたいなと思っていたところ、たまたま安価に英語版を入手する機会が。まぁ英語版と言っても、日本語入力もフォントも使えるのでさほど問題はありません。

CorelDRAW Japanese on English version

以前作ったファイルも問題なく使用できます。 ご存じのとおり、英語メニューでも困らない人なので、違和感なく使っています。 ボロボロなのは英語の発音w

とはいえ、38年越えのパソコンオタク。 どこかを弄れば言語が変えられそうな気がしてしまい、よからぬ道に進んでしまうトムでした(笑)

言語の変更方法

んで、言語変更の方法。イメージ的には、メニューから言語が選べてインストールできればいいのですが、そもそもインストールパッケージに非対象言語は含まれてません。 なので、インストール段階では無理。 んじゃ、どうするか? そう、言語部分を、どこからか拾ってくればいいのです。 一番手軽な方法は、トライアル版。希望の言語でインストールし、言語部分(Languagesフォルダー)を引っこ抜いてしまえばよいのです。

英語版を日本語化する場合は、まず日本語のトライアル版をインストール。Languages>JP フォルダー内を抽出しアンインストール。次に英語版をインストールし、インストールの完了後、Languages>ENフォルダー内にJPフォルダーのファイルを放り込みます。あら不思議。言語が変わるではありませんか。

CorelDRAW コーレルドロー英語画面
インストール直後の英語表示
CorelDRAW コーレルドロー日本語画面
Languages>言語フォルダー内をスワップして表示した日本語

部分的に英語が残ってる箇所がありますので、厳密にはココだけではないようです。なので、実際にこの状態で運用するのは安定性においても、ライセンス的にもNGなので自己責任で。ただ一時的に変更したい場合などには有効かもしれません。今回は、英語版に日本語のファイルを上書きしてみしたが、他の言語も恐らく同様に変えられそうです。ま、試してませんのでわかりませんがw

実際、言語による価格差はほとんどありませんので、一時的に?気分的に?他の言語を使用したい場合には、有効かもしれませんね~ 自己責任でw

備忘録 – WordPressのドメイン変更

ワードプレスの動作テスト用ドメインから実際に運用するドメインへの引っ越し。

ファイルを全部コピー。

phpMyAdmin からデータベースをバックアップ>移行する。

移行先のphpMyAdmin 画面で、SQLタブ。

sql-screen

で、下記のおまじない。

UPDATE wp_options SET option_value = replace(option_value, ‘旧url.com’, ‘新url.com’) WHERE option_name = ‘home’ OR option_name = ‘siteurl’;

UPDATE wp_posts SET guid = replace(guid, ‘旧url.com’, ‘新url.com’);

UPDATE wp_posts SET post_content = replace(post_content, ‘旧url.com’, ‘新url.com’);

UPDATE wp_postmeta SET meta_value = replace(meta_value,’旧url.com’, ‘新url.com’);

大抵これで大丈夫。.htaccess等、手動で入力した部分は再設定。

同一サーバー内の時は、public_html下のディレクトリー名をスワップして、データベース修正。

 

ALP46 電気機関車 NJ Transit ヘリテージ塗装ウソ電

NJ Transitが、40周年記念でヘリテージラッピングを施したニュースを見て、昔作ったウソ電を思い出しました。もう4年ほど前でしょうか。 ALP46 勝手にヘリテージコレクション(笑)当時 ACS-64のウソ電で疲れてたため、ちょっと雑ですが(笑)
これが原画。

alp46-original

ここからはコラ。

alp46 disco stripe
nj transit disco stripe

 

alp46 lackawanna
Lackwanna

 

alp-46 erie
Erie

 

alp-46 CNJ yellow
Jersey Central Lines

 

alp-46 CNJ red
CNJ Red

 

alp-46 CNJ green
CNJ Green

 

alp-46 njdot
NJ DOT

 

はい、単に暇人です(笑)

 

タブレットの充電不良

数か月前から、タブレットの充電が満タンにならないと父に言われてたものの、特になんの対策も講じず(笑) そんな中、先日ついに全く電源が入らないと苦情?が(笑)
まぁ安い中華タブレットだったので、もう寿命かな?なんて思いながら、いったんお預かり。

自室で電源押しても、オールリセットを押しても反応なし。完全に放電しきってる。この感じだと充電器が駄目っぽい。でも充電器をつなぐと、充電中のランプは点く。という事は、電圧か電流の問題? かと言ってタブレットを分解してテスターで調べるのも面倒。だけど電気がきちんと流れているか調べたい.・・・ そんな時に便利なのがチャージャードクター

charger doctor

アマゾンかどこかで買った安いやつ。ケーブルの途中につなぐと、電圧(V)と電流(A)を表示してくれるグッズ。まずは問題の充電器+ケーブルを使用してタブレットにつなぐ。
充電

電圧はきちんと5V出てるけど、電流は0.25A。ちと少ないかな。

次にケーブルだけ別の物に交換し、電圧・電流を測定してみる。

USB 0.86A

お、0.86アンペア。ケーブル替えるだけで最初の3倍。ACアダプタの変圧部分というよりケーブルがダメっぽい。ついでなので、自分がスマホ用に使ってるケーブルも測定。

USB 1.12A

お、このケーブルだと 1.12A出た。不良ケーブルの4倍。

電流は、水道で例えると水道管の太さ。太いほど大量に流せるため早く充電できる。不良のケーブルで満充電できないのも納得。恐らく使っているうちに線か接続端子が痛んでしまったのだろう。

ケーブル不良という事で、ストックしてた別のケーブルに交換。繋いでしばらく放置。すると充電が始まり、タブレットは問題なく立ち上がった。

充電中のタブレット

今回のように充電ランプは点くけど充電できない場合は、変圧部分と一緒にケーブルの状態もチェックした方がいいみたい。最近充電遅いな、と感じたらケーブルを疑ってみるといいかもしれません。

 

デジタルビデオカメラからミニDVの取り出し

仕事として壊れた機械からビデオテープを取り出すサービスをやっていますが、 多くの人が分解に挑戦して挫折してます(^^;) メカの動きを把握してる人にはそう難しくない作業ですが、力尽くで取り出すのはかなり難しいです。

下記はミニDVの例ですが、ビデオカメラにローディングされているテープは下記のような状態です。(赤線がテープの位置です)

このように、多くのガイドポストやキャプスタン、ピンチローラーに挟まれた状態で止まっています。ヘッドにも半分巻き付いてます。このような状態ですので、ビデオテープを固定する枠を壊して、上部から取り除くにしても、無傷で取り出すのはほぼ不可能です。実際ピンチローラーのところで取れません。

故障個所にもよりますが、通常はローディングギアを回してアンロード(排出)させます。ローディングモーターとギアが正常であれば、外部からモーターに給電し、ガイドポストが戻りきる直前まで動かします(ここ重要)。モーターが空回りする場合は、モーターの付け根のギアが恐らく破損していますので、その先のギアをちまちま回してください。(パナソニックはこのパターンが多い)

ガイドポスト等がある程度下がったところで、アンロード作業を一旦止めます。大半の機種は下記のようにテープが弛んだ状態です。

今度は精密ドライバー等を使い、カセット下のリールかアイドラーギアを回してテープの弛みを取ります。機種によって隙間が異なりますので、工具などを工夫して回してください。弛みが取れると下記のように、テープが直線になります。

ビデオテープに弛みがないことを確認し、先ほどのアンロード作業の続き。給電または手動で、ローディングギアを最後まで回してカセットをイジェクトさせます。

いかがでしたでしょうか? この作業を見て「無理!」とお感じになりましたら、ぜひビデオテープ取り出しサービスをご検討ください。あ、宣伝です(^o^;)

 

トム平野の活動記録 & 独り言。