CorelDRAW Graphic Suite 2019 英語版の日本語化

CorelDRAW (コーレルドロー) とは

CorelDRAW は、カナダ・コーレル社が発売するドロー系のグラフィックソフトです。 アドビでいう、Illustratorに該当するソフトです。 個人的には、Windows 3.1 (!) 時代から使っているため、なかなか手放せないソフトの1つです。 おまけに反Adobe派なので、ちょうどいいという噂も(笑)Windows UIと親和性が高く、Windowsユーザーなら直感的に弄れるところがお気に入りです。 今となっては、WindowsもMacもUI的には似たようなものですが。

ただコーレルドローは、多機能で歴史が長い分、謎なバグもあります。 一番困るのが、印刷すると変な線が出てくるバグ。その他もいろいろあります。 しかしながら、25年分のデータファイルがあると乗り換えは困難ですw まぁほとんど鉄道模型関連のデータですがw

drawing using CorelDRAW
仕事から趣味の鉄道模型のデカール作りまで1本でカバー。

2019版へバージョンアップ

CorelDRAW X7も2年以上使ってきたので、そろそろバージョンアップしたいなと思っていたところ、たまたま安価に英語版を入手する機会が。まぁ英語版と言っても、日本語入力もフォントも使えるのでさほど問題はありません。

CorelDRAW Japanese on English version

以前作ったファイルも問題なく使用できます。 ご存じのとおり、英語メニューでも困らない人なので、違和感なく使っています。 ボロボロなのは英語の発音w

とはいえ、38年越えのパソコンオタク。 どこかを弄れば言語が変えられそうな気がしてしまい、よからぬ道に進んでしまうトムでした(笑)

言語の変更方法

んで、言語変更の方法。イメージ的には、メニューから言語が選べてインストールできればいいのですが、そもそもインストールパッケージに非対象言語は含まれてません。 なので、インストール段階では無理。 んじゃ、どうするか? そう、言語部分を、どこからか拾ってくればいいのです。 一番手軽な方法は、トライアル版。希望の言語でインストールし、言語部分(Languagesフォルダー)を引っこ抜いてしまえばよいのです。

英語版を日本語化する場合は、まず日本語のトライアル版をインストール。Languages>JP フォルダー内を抽出しアンインストール。次に英語版をインストールし、インストールの完了後、Languages>ENフォルダー内にJPフォルダーのファイルを放り込みます。あら不思議。言語が変わるではありませんか。

CorelDRAW コーレルドロー英語画面
インストール直後の英語表示
CorelDRAW コーレルドロー日本語画面
Languages>言語フォルダー内をスワップして表示した日本語

部分的に英語が残ってる箇所がありますので、厳密にはココだけではないようです。なので、実際にこの状態で運用するのは安定性においても、ライセンス的にもNGなので自己責任で。ただ一時的に変更したい場合などには有効かもしれません。今回は、英語版に日本語のファイルを上書きしてみしたが、他の言語も恐らく同様に変えられそうです。ま、試してませんのでわかりませんがw

実際、言語による価格差はほとんどありませんので、一時的に?気分的に?他の言語を使用したい場合には、有効かもしれませんね~ 自己責任でw

備忘録 – WordPressのドメイン変更

ワードプレスの動作テスト用ドメインから実際に運用するドメインへの引っ越し。

ファイルを全部コピー。

phpMyAdmin からデータベースをバックアップ>移行する。

移行先のphpMyAdmin 画面で、SQLタブ。

sql-screen

で、下記のおまじない。

UPDATE wp_options SET option_value = replace(option_value, ‘旧url.com’, ‘新url.com’) WHERE option_name = ‘home’ OR option_name = ‘siteurl’;

UPDATE wp_posts SET guid = replace(guid, ‘旧url.com’, ‘新url.com’);

UPDATE wp_posts SET post_content = replace(post_content, ‘旧url.com’, ‘新url.com’);

UPDATE wp_postmeta SET meta_value = replace(meta_value,’旧url.com’, ‘新url.com’);

大抵これで大丈夫。.htaccess等、手動で入力した部分は再設定。

同一サーバー内の時は、public_html下のディレクトリー名をスワップして、データベース修正。

 

ALP46 電気機関車 NJ Transit ヘリテージ塗装ウソ電

NJ Transitが、40周年記念でヘリテージラッピングを施したニュースを見て、昔作ったウソ電を思い出しました。もう4年ほど前でしょうか。 ALP46 勝手にヘリテージコレクション(笑)当時 ACS-64のウソ電で疲れてたため、ちょっと雑ですが(笑)
これが原画。

alp46-original

ここからはコラ。

alp46 disco stripe
nj transit disco stripe

 

alp46 lackawanna
Lackwanna

 

alp-46 erie
Erie

 

alp-46 CNJ yellow
Jersey Central Lines

 

alp-46 CNJ red
CNJ Red

 

alp-46 CNJ green
CNJ Green

 

alp-46 njdot
NJ DOT

 

はい、単に暇人です(笑)

 

タブレットの充電不良

数か月前から、タブレットの充電が満タンにならないと父に言われてたものの、特になんの対策も講じず(笑) そんな中、先日ついに全く電源が入らないと苦情?が(笑)
まぁ安い中華タブレットだったので、もう寿命かな?なんて思いながら、いったんお預かり。

自室で電源押しても、オールリセットを押しても反応なし。完全に放電しきってる。この感じだと充電器が駄目っぽい。でも充電器をつなぐと、充電中のランプは点く。という事は、電圧か電流の問題? かと言ってタブレットを分解してテスターで調べるのも面倒。だけど電気がきちんと流れているか調べたい.・・・ そんな時に便利なのがチャージャードクター

charger doctor

アマゾンかどこかで買った安いやつ。ケーブルの途中につなぐと、電圧(V)と電流(A)を表示してくれるグッズ。まずは問題の充電器+ケーブルを使用してタブレットにつなぐ。
充電

電圧はきちんと5V出てるけど、電流は0.25A。ちと少ないかな。

次にケーブルだけ別の物に交換し、電圧・電流を測定してみる。

USB 0.86A

お、0.86アンペア。ケーブル替えるだけで最初の3倍。ACアダプタの変圧部分というよりケーブルがダメっぽい。ついでなので、自分がスマホ用に使ってるケーブルも測定。

USB 1.12A

お、このケーブルだと 1.12A出た。不良ケーブルの4倍。

電流は、水道で例えると水道管の太さ。太いほど大量に流せるため早く充電できる。不良のケーブルで満充電できないのも納得。恐らく使っているうちに線か接続端子が痛んでしまったのだろう。

ケーブル不良という事で、ストックしてた別のケーブルに交換。繋いでしばらく放置。すると充電が始まり、タブレットは問題なく立ち上がった。

充電中のタブレット

今回のように充電ランプは点くけど充電できない場合は、変圧部分と一緒にケーブルの状態もチェックした方がいいみたい。最近充電遅いな、と感じたらケーブルを疑ってみるといいかもしれません。

 

デジタルビデオカメラからミニDVの取り出し

仕事として壊れた機械からビデオテープを取り出すサービスをやっていますが、 多くの人が分解に挑戦して挫折してます(^^;) メカの動きを把握してる人にはそう難しくない作業ですが、力尽くで取り出すのはかなり難しいです。

下記はミニDVの例ですが、ビデオカメラにローディングされているテープは下記のような状態です。(赤線がテープの位置です)

このように、多くのガイドポストやキャプスタン、ピンチローラーに挟まれた状態で止まっています。ヘッドにも半分巻き付いてます。このような状態ですので、ビデオテープを固定する枠を壊して、上部から取り除くにしても、無傷で取り出すのはほぼ不可能です。実際ピンチローラーのところで取れません。

故障個所にもよりますが、通常はローディングギアを回してアンロード(排出)させます。ローディングモーターとギアが正常であれば、外部からモーターに給電し、ガイドポストが戻りきる直前まで動かします(ここ重要)。モーターが空回りする場合は、モーターの付け根のギアが恐らく破損していますので、その先のギアをちまちま回してください。(パナソニックはこのパターンが多い)

ガイドポスト等がある程度下がったところで、アンロード作業を一旦止めます。大半の機種は下記のようにテープが弛んだ状態です。

今度は精密ドライバー等を使い、カセット下のリールかアイドラーギアを回してテープの弛みを取ります。機種によって隙間が異なりますので、工具などを工夫して回してください。弛みが取れると下記のように、テープが直線になります。

ビデオテープに弛みがないことを確認し、先ほどのアンロード作業の続き。給電または手動で、ローディングギアを最後まで回してカセットをイジェクトさせます。

いかがでしたでしょうか? この作業を見て「無理!」とお感じになりましたら、ぜひビデオテープ取り出しサービスをご検討ください。あ、宣伝です(^o^;)

 

備忘録-不良セクター有DVDのコピー

DVDコピーの際、不具合箇所があると読取エラーが出て、コピーが中断してしまう。ダメな箇所はダメなままコピーするのに便利なフリーソフト。

https://www.videohelp.com/software/IsoPuzzle

アイエスオーパズル?という古いベータ版のようだけど、とりあえずやりたい事は出来た。DVD DecrypterやCDCopyなど他のソフトもエラーをスキップする機能はあるが、自分的には一番軽快かな。

読取ドライブを選んで、ディスクイメージの保存先を決める。右下寄りに再試行の条件がある。”Never Give up” とか “10時間粘る”とかあるので、適当に選択。自分は”1分粘る”がお気に入り。いや、長時間粘ってもダメな物は駄目だから(笑)後はスタート押すだけ。

保存されるのはISOイメージなので、ディスクにするにはNeroやImgBurnなどお好みの焼き焼きソフトで焼いてあげればokグー。

セクターサイズ2048バイトのデータCDとDVDのみのよう。インストールは不要で、ダウンロードして解凍し、別リンクのwnaspi32.dll を同一フォルダーに放り込んで実行するだけ。

 

ジャンクなBDレコーダー買ってみた DXBS1000

先日もハードオフへ(笑)外観が比較的きれいなブルーレイレコーダー DXブロードテック/船井 DXBS1000を発見。ジャンク理由はHDDなし、電源が落ちるの2点。この機種は、真っ新HDDが載せられる機種だと読んだ記憶があったので即購入。1620円也。

天板外すとこんな感じ。

BDレコーダのジャンク

HDDのネジは、一応残されている。適当に転がってるHDDをまず入れてみてスイッチオン。

WAIT表示

WAITが点滅。点滅というより、何度も立ち上がろうとしてるような症状。電気が足りてなさそう。電源回りが怪しいので電解コンデンサーを拝見すると、やはり液漏れ。すでに吹いていた。在庫してたパーツを調べると同容量のものがちょうどあった。ラッキー。

液漏れ電解コンデンサー

おそらく吹いていたコンデンサーだけでよかったんだろうけど、ついでなのでお隣2個も交換。寸法がちょっと大きかったけど何とか収めた。

電解コンデンサー交換

改めてスイッチオン。おー立ち上がった。ただHDD異常が検出されてすぐに電源が切れる。まぁWindows XPのHDDだから正常な訳がないw ネットでサービスモードに入るコマンドキーを調べて、再起動、HDDフォーマット、シリアル更新。最後に自己診断テスト。

自己診断テスト

おーNGの箇所がなかったのでOKそう。何よりブルーレイドライブが52時間しか使われてなかったのがうれしい。

DXBS1000修理

そのうちHDDも新調して使おう。安く直せてめでたしめでたし。

 

 

 

 

 

 

ジャンクなノートPC買ってみた < DELL Vostro V131 >

ここ最近中古ノートPC関連の相談が多かったため、毎日のように相場の情報収集。そんな中、先日ハードオフで外見が綺麗なノートを発見、毎度ながら運試しも兼ねてジャンク品w を買ってみました。

Dell Vostro v131

ノートパソコンは、DELLのVostro V131という機種。ジャンクとして売られてたマシンのスペックは、i5-2410M 2.3(2.9)GHz、メモリー1GBw、HDDが128GB (SSD)w そしてジャンク理由は、液晶がチカチカするとか。幸いWindows 10 Pro 32bit が入ってたので、OSの再購入は必要なさそう。CPUを新たに買うのも嫌なので、とりあえずRAMとSSDだけ換装してみました。

ノートパソコンがきちんと動作するかまだわからないので、とりあえず手元にあるKllisre製 DDR3のsodimm 4GB x 2 を取り付け。SSDは最悪他の機種でも流用できるので新調。中国から Kingspec 480GBを取り寄せました。大丈夫か?(笑)

KingSpec SSD 480GB

ノートパソコン裏面のネジ1個外すと、HDD/SSDとメモリーの交換スペース。HDDを固定する枠を新しいSSDに付け替えて戻します。

Vostro V131 Back panel

Windows 10のOSディスクは付属してなかったので、以前Microsoftからダウンロードした1809を使用。せっかくなので32bitではなく気持ち速くなる64bitを選択してOSを再インストール。光学ドライブは内蔵されていないので、以前買った激安外付けポータブルドライブを使ってインストールしました。

コントロールパネル>デバイスマネージャーに出てくる不明なデバイスは1個のみ。Vendor ID, Device IDをネットで検索かけると、ACPI/SMO8800 という装置。ST Microelectronics Free Fall Sensorと呼ばれるもので、落下を検出すると瞬時にHDDを止めるのに役立つセンサーとか。このドライバーはDellのV131サポートページからダウンロードできました。Win7用でしたが、無事インストールできました。

んで、肝心の液晶チカチカ。確かに周期的に画面が痙攣というか乱れるw  ただ乱れ方をみると、単に同期があってない感じだったので、ディスプレイの設定変更。

リフレッシュレート

画面表示のリフレッシュレートをデフォルトの60Hzから40Hzへ。無事収まりました。

本格的には使用してませんが、今のところ異常は無さそう。思ってたより動作も軽くてグー。ただ、常に仕事場か家にいる私にとっては、ノートPCの出番がなさそうですw

ここ最近、中古価格がものすごく下落してる気がするので、安い型落ちPC+SSDという組み合わせで、安く上げるのも悪くないかもしれません。予算1万でも行けるかも。

あなたも是非^^

 

Atlas 60ft ヘビーウェイト客車届いた

Atlas 60ft heavyweight car set

先月末リリースされた、アトラス・トレインマンの60フィートヘビーウェイト客車届きました。自分はニュージャージーびいきなのでCentral RR of NJ (CNJ) を1セット購入しました。

Atlas Trainman のCNJセットは座席車x4と展望車x1の構成。鉄道に合わせて、バッゲージが入ったりRPOが入ったりするみたいです。車両そのもののプロトタイプはCNJとC&NWのようで、他のロードネームはそれ風に仕上がった”タイプ”となります。若干ファンタジーが入るので、トレインマンシリーズでのリリースとなりました。

連結部。渋くて良いw セットには幌の予備が添付されている。
展望車付のセットには、テールマークがついてます。
車両裏面。床下は一部パイプが出ているものの、比較的シンプル。車輪もプラスチック。

低価格路線のトレインマンシリーズなのに5両で180ドル(2万円)w これを安いとみるか高いとみるか…w 紙パッケージというのも微妙w この辺の売り方が下手w 

Boston & Maine, Grand Trunk Western, New York Central, Milwaukee Road はヤフオクに出してますのでもしよかったらチェックしてみて下さい。

Wacom CTE-640 と Windows 10 問題(備忘録)

Windows 10 でメジャーアップデートが入る度に調子が悪くなる ワコム CTE-640。まぁ古い製品なので非対応なのは致し方ないとも思うけど、なんか納得いかない。アップデートの度に色々試行錯誤。自分の環境では下記の方法で今のところ乗り越えてます(笑)

  1. フリック操作系は全部無効。
  2. 一旦ドライバーをアンインストール。
  3. bamboo用 Ver. 5.2.4-5(最終ではない) をインストール。
  4. コマンドプロンプトで下記を入力。 reg add HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Pen /v LegacyPenInteractionModel /t REG_DWORD /d 1 /f

最後のコマンドを入れると、挙動というか、意図しない選択範囲、パニング、スクロールが抑えられ、快適に。

上記の方法で、バージョン 1803, 1809 のマシン 4台で安定。

あぁ、また次のアップデートが憂鬱w

トム平野の活動記録 & 独り言。