トップ » ビデオ » ビデオカメラとの出会い

ビデオカメラとの出会い

Videocamera and me in Maine USA

ビデオカメラとの出会いは、我が家にビデオカメラが来た時。 当時、アメリカ在住の中学生でした。 帰国を間近に控え、アメリカの思い出を沢山撮って残そうと思った両親が購入しました。 フルカセットVHSの肩載せタイプ、RCA CMR-300 というビデオカメラでした。大きさ、形といい、とても魅力 あるフォルム。そして自分の撮った映像がテレビに映る。 そんな面白さに惹かれ、家族より自分が使う事が多くなり、気が付けば私のおもちゃになっていました (笑)

物心ついたころから鉄道ファンな私は、まず何を撮ったかというと、そう鉄道(笑) 帰国を半年後に控えた私は、親に頼み込んでビデオカメラを借り、NJ州 のニューアークペン駅へ向かったのでした。 当時は治安が悪く、スリは当たり前、そんな中、高価なビデオカメラを担いだへなちょこ中坊日本人2人組。ある意味、無謀な挑戦でもありましたが、無事終了。 緊張どころか、余裕のよっちゃん。足を伸ばしてNY地下鉄とNJトランジットの車両基地まで侵入して撮影してまいりました(笑)

「日本に帰らなくてはならない」という現実をどう受け止めていいかわからない。 当時中坊な私は、無力な自分がものすごく悔しかった。大好きなNJの地を離れる・・・ もう二度と会えない人たち・・・ そして列車たち(爆)・・・ とても切ない思いでした。 そんな中、自分に出来ること、そう、それはビデオカ メラを回して、目の前のシーンをテープに焼き付けて、日本に持ち帰る事でした。 「二度と来れない」「今しかない」「今撮らないと記憶から消えてしまう」そんな焦りさえ感じてました。

ビデオカメラと出会い、色々撮った甲斐あって、今は貴重な映像です。 自分の中学時代がテレビに映ると、とても不思議な気がします。 現在存在しないものがテレビの中ではまだ存在するのです。 タイムマシーンに乗って、時間を遡った気がします。 中学3年の時好きだった、理科のクラスのステッファニーちゃん にも会えるのです(笑) いや~金髪フランス人の女の子でめちゃかわいかった~ 笑窪が最高~ 胸のふくらみに初めてドキッとしたのもこの子だったなぁ~  あ、そんな事はどうでもいいですね(笑)

写真には一瞬を切り取る面白さがあります。 そして、映像には、スチルの面白さに、さらに時間というベクトルが加わります。 そこに私ははまってしまったようです。 日々の何でもない事こそ、記録しておくと宝物なのです。 なるべく毎日、デジタルカメラビデオカメラを持ち歩くようにしてます。 デートであろうが仕事であろうが、常にカメラバックをぶら下げる私は、やっぱり変わり者ですね?!(笑)

上部へスクロール