lenovo H515S ジャンクを動かしてみた

カセットテープを求めにハードオフへ行った際、レノボ H515SのPCケースを発見。値札には「ケースとして使ってね」と書いてあったものの、中を見るとマザーボードが装着されている。2014年製だし、パーツ揃えれば動くんじゃないか?と思い、早速購入。

レノボ H515S

仕事場で転がってるパーツで動かせるだろうと思い、早速電源ユニットを用意。取り付けようとすると、お馴染みの24pin電源コネクターが見当たらない(笑) 背面パネルを見るとあらびっくり。ACアダプタで供給する仕様だったみたい。仕方ないので専用アダプタを海外からお取り寄せ。(日本で買うより安価なため)

アダプタが到着するまで時間がかかるので、その前にHDDやDVDドライブを取り付けてみる。しかし、SATAコネクタはあるものの、おなじみのSATA電源コネクターがない。あ、電源供給も専用ケーブルが必要だとはw  仕方ないのでこちらも海外からお取り寄せ。h515s-2

1週間ほどで中国からACアダプタと専用SATAケーブルが到着。早速Windows 10をインストール。購入したライセンス認証番号を入れようとすると、既に認証済みw どうも前オーナーさんはWindows10まで導入済みだった模様。ライセンス余っちゃった…h515s-3

肝心な動作は特に問題なし。AMD E1-2500 APU なので、パワー不足は否めないものの、通常オフィス使用には問題なし。3500円+余りパーツでWindows10マシンなら悪くない。いや、お得だと思う。ヤフオクで売り飛ばそうかなw

めでたしめでたし。

 

ワカメ状ビデオテープの修復研究

仕事の合間に色々な実験を行ったりするのですが、今回はワカメ状になったビデオテープの修復。

ベースが伸びるほど引っ張られたテープは無理ですが、経年劣化や走行で若干伸びた程度なら、素材によっては修復できるかもしれません。

こちらが元のビデオテープ。

よれたビデオテープ

こちらをとある液CFH(仮)で整えたもの。

修復したビデオテープ

折れ目は消えませんが、思ってた以上に良くなってます。

いままでも他の液体SDS(仮)やCLF(仮)で研究してみましたが、CFH(仮)ですと、走行ムラもなく一番安定しているように思えます。

ただベースや磁気の種類を選んでしまうのが難点です。

まだまだ研究は続きます・・・?(笑)