「フィルム」タグアーカイブ

ネガフィルムのカビ取りしてみた

遠州鉄道の26号を撮ったネガを発見。27年くらい前だったかな。フィルムスキャナでスキャンしてみたら、ん? 白い結晶が沢山w

洗浄前のスキャン

どうもカビが生えてしまったらしい。フィルムの乳剤面を確認すると確かにあった。

カビの生えたネガ

一応、暗室作業も経験したことあるし、写真屋でも働いていたことがあったので、ダメもとでカビ取り挑戦。というほどのものではなく、軽くフィルム洗浄。フィルムクリーナーは仕事柄持ってたので、エタノールで軽く浸す。そして優しくなでる。んで、よく水洗い。本当は洗浄時にフジフィルムのドライウェルがあればいいんですが、そんな気の利いたものは手元にないので、根性?で対処w

小一時間干して、再度スキャンしたら、大分良くなった。色をちょっと直して、ゴミ取りした感じはこちら。

エタノール洗浄後のスキャン

まぁ適当男の適当処理にしては、十分でしょう。

めでたしめでたし。

 

 

リバーサルフィルム

確かに需要が減ってるし、自分も使わないので、自然な流れではありますが、コダックがリバーサルフィルムの生産中止を発表しました。

http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/corp/info/2012/info0301.shtml

私が写真屋でバイトしていた頃は、写真を本格的にやる=リバーサルを使う、みたいな感じでした。ネガフィルムより発色が綺麗、、露出にシビアということで、私も一時期はまりましたが、RPプリント代がもったいなく、結局ネガのリアラを使ってました。そうそう、このリアラも先日中止が発表されました(泣)

当時の写真は、さまざまなレンズ+フィルム+露出+現像の組み合わせを試し、好みの色調を探したものですが、今はパソコンの後処理で何ともなってしまいます。画像処理をやってる私が言うのも変ですが、すごくつまらない世界になってしまったと思います。

私のように写真が上手くない人にとっては、画像処理はとても強力な武器になります。しかしながら、後処理でどんなに綺麗に仕上げても、達成感が全く感じられません。罪悪感すら感じます。

書道でいう、2度書き・3度書きした時のような後ろめたさ、学業で言えば、カンニングしていい点数を取ったテストみたいな感じですかね(笑)