「PAL」タグアーカイブ

海外方式ビデオデッキ SV-5000W の修理 Part2

海外方式ビデオデッキのサムスン SV-5000W。実はVHSも地域によって記録される信号が異なります(海外方式一覧)。このデッキはPALやSECAMなど海外方式のVHSビデオテープを見たり、映像方式変換もできる便利なビデオデッキ。しかしながら、イマイチ頼りないクオリティーのビデオデッキでトラブル多発(汗)前回の修理は、設計不良によるメダカノイズ対策でしたが、今回はもうちょっと深刻。電源が入りません(笑)

海外方式ビデオデッキSV-5000W

コンセントに刺してみるものの、待機ランプも点かない、表示窓も真っ暗という状態。全く電気が来てないような感じ。とりあえず上蓋を開け、テスターで電源コードの断線チェックとガラス管ヒューズのチェック。いずれも異常なし。

となれば、毎度おなじみ電解コンデンサーの劣化かな?と思い、AC電源寄りをまずチェック。一番デカいコンデンサーをESRメーターでチェック。

ESRメーター

数値的にはそんなに悪くなさそうだけど、一応正常値の100μFより低かったので交換。がしかし、同様のものがなかったので、400Vではなく450V用を投入(笑)

電解コンデンサ

ついでにベルトやプリーを清掃。VHSデッキメカ

チャチャっと組み立てて電源投入。

PAL VHS 再生

お~、やはり電解コンデンサーでしたか。サブのサブのサブ機みたいな位置付けでスチール棚の肥やし?ですが、海外方式変換対応は貴重。そのうち出番が来ることでしょう(笑)

めでたしめでたし。

 

海外ビデオ機器のスカートアダプター

スカートよりパンツルックの女性が増え、とても残念がっているトム平野です(笑)
今回は、そのスカートではなくて、海外ビデオ機器をつなぐスカートのお話。

海外方式のビデオを見たりする方は、現地からビデオ機器を取り寄せることがありますが、欧州から機材を取り寄せると、多くの場合、下のような変な端子が。

さらに、運が悪いと日本などで一般的なコンポジット端子(RCA端子)が一切付いていない機種も(笑) 折角取り寄せたのに繋げない、そんな方もひょっとしたらいるかもしれません。私もそんな一人でした(笑)

いろいろ調べてみると、この21pin端子は、ビデオ機器を簡単に接続しようとフランスで発案されたスカートと呼ばれる端子で、ヨーロッパを中心に使用されていました。別名EuroAVとか、Peritelとか、EuroSCARTとも呼ばれているとか。

このスカート、結構お利口さんで、双方向接続やテレビを自動にON/OFFできたりします。チェーン接続もできます。対応のテレビとビデオ機器をつなぐだけで、入出力を気にせず接続完了。サルでもわかる接続ケーブルでした。しかしながら、欧州のみの規格のため、他の地域の変換機や機材と接続するとなると、当然ながら口が合いません。どうしても日本のシステムコンバーターに接続したかったので、変換アダプターを求めて検索。意外と普通にたくさん売られていました。

変換アダプタで使える機能は、ビデオ機器側や変換アダプタの都合によって若干バラバラのようです。片方向のみにしか対応していない、ほとんど結線されてないコスト削減型変換アダプタもw

とりあえず変換アダプターとして購入するのであれば、入出力のどちらに対応したものか確認したほうがよさそうです。

日本でも比較的ポピュラーなサムスンワールドワイドデッキも、この変換アダプタを使えば、入力端子が増やせます。

私は、海外から取り寄せましたが、今見たら、アマゾンでも売ってました(笑)

今はHDMIなどハイデフィニション(ハイデフ)時代になってしまったので、影が薄くなってしまいましたが、標準画質の欧州ビデオ機器はこれで活用できます。システムコンバーターやマルチシステムテレビと接続すれば、ばっちり観れますね ^^

SV-5000W 海外方式ビデオデッキの修理

先日お客様から電話で「サムスンのデッキのノイズが酷いんですが」という相談を受けたので、リサーチも兼ねてネットで検索。すると、大手通販サイトの商品レビューに同じトラブルを訴えてる人がたくさんw ちなみに、うちの2台も同じトラブル。問題のノイズはこんな感じ。

ヘッドがへたった時に見られる、めだかノイズノイズに近い感じ。ただ満遍なくノイズがのります。へたれと違って、位置がランダムなので、信号にノイズが入ってる可能性がありそう。ということで、アースを中心に調べていくと、ありました。怪しい箇所。

この銅板、メカのシャーシとメイン基盤の間にあり、銅板のバネの力を利用して接触。シャーシとメイン基盤の間のGND信号の架け橋のようです。バネの力は月日と共に弱まるので、もしかしたらこの接触不良がノイズを生んでるのかも?と思い、転がってた銅線を使って、2箇所をブリッジ。すると見事にノイズが消えました。

ということで、本工事。メイン基盤の銅板とメカのシャーシを、銅線でつなぐ事にしました(写真内では緑)。銅板の上部に半田付けすると、メカを取り付けた際、メカの平面性が狂ってしまうので、シャーシの当たらない銅板側面に半田。メカを取り外すのが怖い人は、見えてる銅版部分に半田付けしても大丈夫です。ただ今回は、キャプスタンベルトの掃除もしたかったので外しました。

そして、継ぎ足した線の反対側をシャーシ固定ネジに挟み込む。しっかり固定できました。ただあまりきつく閉めると、ネジ穴を駄目にするので注意です。

再生してみると、ノイズなし!無事解決できました。これは明らかな設計ミス。欠陥です。でも、まぁ韓国サムスンだからこんなもんと諦めてます(笑) もし、同機種のノイズでお困りでしたら、この方法で直るかもしれません。これでダメなら、キャプスタンドライブのコンデンサーあたりを疑ってみてください。

サムスンのSV-5000Wは、お世辞にもいい機械とは言えませんが、数少ないマルチシステムデッキですので、元を取るまでコキ使ってあげて下さい(笑) 修理不能になったときは、思う存分ハンマーで叩き潰してあげるとスッキリするかもしれません(笑)

 

ビデオデッキの不調

先日、落札したJVCビクターのジャンクなビデオデッキの動作が挙動不審に。録画・再生は大丈夫ですが、イジェクトを押すと、ビデオテープを出した後に、再度取り込もうとする。

とりあえず、何時ものようにばらしてみました(笑)

ビデオデッキの分解

ギアの感じも問題ないし、ベルトも良好。となると、あそこしかありません。

JVCのモードスイッチ

写真中央部が、デッキの状態を判別するスイッチ。このスイッチが摩耗したりすると、現在の機械の状況を把握できなくなる。ということで、使っていない別の物を取り付けてみると、あっさり動作OKでした。

貴重な海外PAL方式のS-VHSデッキ、復活です。

めでたしめでたし。