「UP-CR10L」タグアーカイブ

Windows 10 64bitにUP-CR10Lをインストールする方法

今回はWindows 10 64bitへのインストール方法です。前回はWindows 8.1 64bit を紹介しましたが、やり方は原則同じです。画面が若干異なるので再度紹介いたします。なお、これを実行して不具合が生じても自力で解決してください。自己責任でお願いいたします。

まず、スタートボタンから設定に入り、「更新とセキュリティー」>「回復」に入り、「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動する」を選びます。オプションの選択画面が出ます。

オプションの選択

トラブルシューティングを選び、詳細オプション>スタートアップ設定>再起動と進めると、メニューが現れます。スタートアップ設定

F7を押すと、再起動しますので普通にログオンします。

次に、Win7 32/64bit用のドライバを用意し、x64内のフォルダーのupcr10.infを右クリック、インストールを選びます。upcr10l インストール実行

警告が出ますが進めると「インストールしています」画面が出ます。

up-cr10l インストール中

環境によっては、最後にエラーが出ますが無視します(笑)そしてコントロールパネル内のデバイスとプリンターにUP-CR10Lが表示されているのを確認します。

デバイスとプリンター

これで完了です。

しつこいようですが、不具合が生じても知りません(笑) 自己責任でお願いいたします。

おしまい。

 

ソニーUP-CR10LをWindows 8.1 64bit版で使用する方法

手軽に使える昇華型プリンター、UP-CR10L。ソニーのプリンター事業撤退のため、提供ドライバはWindows 7止まり。Windows 8.1でも使用できるかなと思い、いつもの通りインストールしてみたものの64bitOSではNG。Setup.exe をWindows 7 互換モードに設定、管理者権限で動かしても途中でエラーが出てインストールできず。

32bit環境下では問題なく入りますが、64bit環境下は、ちょっとチェックが厳しいみたい。そこで、いろいろ試したところ、インストールできましたので紹介します。

ここから先は、メーカー推奨外のインストールです。トラブルが起きても知りません。各自、自己責任でお願いいたします。

まず、画面右のギアアイコンの「設定」から入り、PC設定の変更>保守と管理>回復へ入り、「PCの起動をカスタマイズする」の下の「今すぐ再起動する」を押します。

すると、オプションの選択メニューが現れますので、トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定>「再起動」ボタンを押します。

画面にスタートアップ設定メニューが出てきますので、7番の「ドライバー署名の強制を無効にする」を選択し、いつも通りログオンします。

ソニーのソフトウェアダウンロードのページからWindows7用ドライバーをダウンロードします。私が使ったバージョンは1.21 (恐らく最終)です。デスクトップ等で一旦解凍し、一段深いx64フォルダーを開きます。

右クリックインストール

中にUPCR10.inf のファイルがありますので、そのファイルを、右クリック>インストールを選択します。するとしばらくインストール作業が行なわれます。最後にエラーが出ますが、無視します。大丈夫かな?(笑)

コントロールパネルから「デバイスとプリンター」を開いて、プリンター欄にSony UP-CR10 series と出ればOKです。たぶん。きっと。

devicetoprinter2

いったん再起動して、お気に入りのソフトからテスト印刷してみます。

out

おぉー無事出ました。しつこいようですが、自己責任でお願いいたします。

おしまい。