「ビデオデッキ」タグアーカイブ

海外方式ビデオデッキ SV-5000W の修理 Part2

海外方式ビデオデッキのサムスン SV-5000W。実はVHSも地域によって記録される信号が異なります(海外方式一覧)。このデッキはPALやSECAMなど海外方式のVHSビデオテープを見たり、映像方式変換もできる便利なビデオデッキ。しかしながら、イマイチ頼りないクオリティーのビデオデッキでトラブル多発(汗)前回の修理は、設計不良によるメダカノイズ対策でしたが、今回はもうちょっと深刻。電源が入りません(笑)

海外方式ビデオデッキSV-5000W

コンセントに刺してみるものの、待機ランプも点かない、表示窓も真っ暗という状態。全く電気が来てないような感じ。とりあえず上蓋を開け、テスターで電源コードの断線チェックとガラス管ヒューズのチェック。いずれも異常なし。

となれば、毎度おなじみ電解コンデンサーの劣化かな?と思い、AC電源寄りをまずチェック。一番デカいコンデンサーをESRメーターでチェック。

ESRメーター

数値的にはそんなに悪くなさそうだけど、一応正常値の100μFより低かったので交換。がしかし、同様のものがなかったので、400Vではなく450V用を投入(笑)

電解コンデンサ

ついでにベルトやプリーを清掃。VHSデッキメカ

チャチャっと組み立てて電源投入。

PAL VHS 再生

お~、やはり電解コンデンサーでしたか。サブのサブのサブ機みたいな位置付けでスチール棚の肥やし?ですが、海外方式変換対応は貴重。そのうち出番が来ることでしょう(笑)

めでたしめでたし。

 

VHS-Cビデオテープが絡んだ(ジャミング)

ジャミングが発生したVHS-Cのビデオテープ。キャプスタン軸に巻き付いておりました。テープ救済のご依頼でした。

ジャミング

ビデオテープの走行には、テープを巻き取るリールと、キャプスタン軸+ピンチローラーが同調してテープを進めるのですが、このケースでは、テープの巻取りリールがうまく機能せず。たるんだテープがキャプスタン周りに絡み、ジャミングを起こしてしまったようです。

ジャミングを起こした原因の可能性は2つあります。

1つ目はビデオデッキがテープをきちんと巻き取らなかった事。VHS-Cアダプターもしくはビデオデッキの不具合で、テープを進めても巻き取る力がない、もしくは弱すぎて、送られるテープをきちんと受け止めきれなかったためにたるみが生じました。

2つ目は、ピンチローラーの汚れ。写真で見てわかる通り、ゴムの表面が光ってます。このようにツルツルの状態では、テープの走行をサポートできず、弛みやジャミングの原因となります。つるつるになったピンチローラーのアップ。

ピンチローラー掃除前

このような状態になってしまった場合は、ピンチローラーのゴムの交換をお勧めします。どうしてもパーツが入手できない場合は、ビデオのピンチローラー掃除を参照してください。
暇だったので、なんちゃって方法で研いだのがこちら。

ピンチローラー掃除後

VHSビデオデッキすらじわりじわりと貴重になってきてます。早めにデジタル化することをお勧めします^^

 

アイワ製 海外方式変換ビデオデッキの修理

先日、HARD OFFで海外方式変換などができるマルチシステムビデオデッキを発見。電源がすぐ落ちるという事でジャンク1080円。特に必要はなかったのですが、整備の勉強もかねて買ってみました。

海外方式変換ビデオデッキ

アイワ製。PAL方式やらMESECAM方式やら方式のボタンが並ぶ。かっこいい。フロントパネルも見た目は綺麗。しかし中を開けると、虫の死骸が多数。そしてヘッドクリーニングスポンジなどが熱でボロボロ。スポンジの粕がヘッド周りにいっぱいこびりついている状態でした。簡単に内部を掃除。

hv-mx100-ビデオ内部

さて診断。「ビデオの電源がすぐ落ちる」という事は、電源は問題なし。それよりメカ周りが怪しい。大抵、ローディングに失敗するとテープ保護で電源が落ちる仕組みになっているので、ローディング周りを入念にチェック。メカ部を外して裏返す。

mx100-メカ裏面

なるほど、駆動用とテープのローディングを1つのキャプスタンモーターで賄う設計。先ほどヘッドクリーニングのスポンジも経年劣化でボロボロ二なっていたところを見ると、このベルトも怪しい。
とりあえず溝を綺麗に。

mx100 プリーの清掃

いくつかゴムベルトを在庫してたので、合いそうなもの選び交換してみた。すると何事もなかったかのように無事動作。結局ゴムベルトが不良動作の原因だった。仕上げに、PPC用紙でヘッドクリーニングし、テープパスをアルコールでお掃除し組み立て。

mx100 マルチシステムビデオデッキ

お、アイワのロゴが誇らしく映ってる。会社なくなっちゃったけどw  とりあえず、電源も落ちなくなったし、再生もできるので今回はここまで。

映像の海外方式変換ができる特殊なビデオデッキなので、持ってても損はないかなと。いつか役に立ってくれる事でしょう。

海外方式変換でお困りでしたら、ご遠慮なく。当店でやってます(笑)

おしまい。

 

ビデオのピンチローラー掃除

ビデオデッキのテープ走行を支えるキャプスタンとピンチローラー。写真はVHSのビデオデッキのものです。

キャプスタンとピンチローラー

長年使ってますと、このピンチローラーのゴムがツルツルになってしまいます。テープの粕や圧力によって表面が固くなり、正常なテープ走行に支障をきたします。

もちろん正当な修理方法は、メーカーから補修パーツを入手し、交換する事です。しかしながら、あまり痛んでない場合や、廃版になって部品が入手困難な場合は、下記の方法が有効かもしれません。

実際につるつるになったピンチローラーはこんな感じです。

汚れたピンチローラー

ビデオテープを回してみると、粘りというかグリップがあまり効いておらず、若干滑り気味な感じがしました。通常ですと、アルコール拭きですが、ここまでツルツルですとほとんど効果なし。そこで目の細かい紙やすりで、表面をなでる形で整えていきます。

ピンチローラー表面のテカりが取れたら、アルコールやゴム復活剤で表面をクリーニングします。仕上がりはこんな感じです。

やすりをかけたピンチローラー

注意点としましては、粕をきちんと取り除く事です。やすりの破片でも残ると、テープに傷が付きます。念のため、マスキングテープ等でぺたぺた取り除くといいかもしれません。

歪んでしまったり、なんどもやすりをかけたローラーは素直に交換をお勧めします。

お決まりですが、自己責任でお願いいたします。

直すの面倒な方はダビング承ります(笑)ちゃっかり宣伝w

おしまい。

 

SV-5000W 海外方式ビデオデッキの修理

先日お客様から電話で「サムスンのデッキのノイズが酷いんですが」という相談を受けたので、リサーチも兼ねてネットで検索。すると、大手通販サイトの商品レビューに同じトラブルを訴えてる人がたくさんw ちなみに、うちの2台も同じトラブル。問題のノイズはこんな感じ。

ヘッドがへたった時に見られる、めだかノイズノイズに近い感じ。ただ満遍なくノイズがのります。へたれと違って、位置がランダムなので、信号にノイズが入ってる可能性がありそう。ということで、アースを中心に調べていくと、ありました。怪しい箇所。

この銅板、メカのシャーシとメイン基盤の間にあり、銅板のバネの力を利用して接触。シャーシとメイン基盤の間のGND信号の架け橋のようです。バネの力は月日と共に弱まるので、もしかしたらこの接触不良がノイズを生んでるのかも?と思い、転がってた銅線を使って、2箇所をブリッジ。すると見事にノイズが消えました。

ということで、本工事。メイン基盤の銅板とメカのシャーシを、銅線でつなぐ事にしました(写真内では緑)。銅板の上部に半田付けすると、メカを取り付けた際、メカの平面性が狂ってしまうので、シャーシの当たらない銅板側面に半田。メカを取り外すのが怖い人は、見えてる銅版部分に半田付けしても大丈夫です。ただ今回は、キャプスタンベルトの掃除もしたかったので外しました。

そして、継ぎ足した線の反対側をシャーシ固定ネジに挟み込む。しっかり固定できました。ただあまりきつく閉めると、ネジ穴を駄目にするので注意です。

再生してみると、ノイズなし!無事解決できました。これは明らかな設計ミス。欠陥です。でも、まぁ韓国サムスンだからこんなもんと諦めてます(笑) もし、同機種のノイズでお困りでしたら、この方法で直るかもしれません。これでダメなら、キャプスタンドライブのコンデンサーあたりを疑ってみてください。

サムスンのSV-5000Wは、お世辞にもいい機械とは言えませんが、数少ないマルチシステムデッキですので、元を取るまでコキ使ってあげて下さい(笑) 修理不能になったときは、思う存分ハンマーで叩き潰してあげるとスッキリするかもしれません(笑)

 

ビデオのお手入れ

仕事が途切れたので、この機会に機械をメンテしようと早速分解。
分解してみると、テープの速度や送りを調整するピンチローラーが
テープとの摩擦や汚れでテカテカ。結構酷使してました(汗)

ピンチローラー 掃除前

軽く紙やすりでなでた後、愛用のリグリップという薬品で
表面を整えると結構いい感じになります。
ピンチローラー Regrip使用後

ゴムの円柱が変形するほど磨耗している場合は、交換が必要ですが、表面のみの場合は、紙やすりで整えてあげるだけで改善されます。ただ、やすりを使用した後は、必ず洗ってカスを取り除いて下さい。テープを傷めますので。