スタジオごっこ

知人がどうしても全身写真を撮って欲しいということで、久々に簡易スタジオを作ってみました。しょぼいバックしか持ってないので一苦労。一人全身でギリギリな大きさなので使いづらいったらありゃしない。バックもしわしわなので、画像処理で背景合成しておきますw

なんちゃってスタジオ

やはり、クロマキー合成用のグリーンバックと、ポートレートでも使えるモズリンのバックが欲しい。けど、年に1度使うか使わないかでは、ちょっと買うのは勿体無いしなぁ。

先ほど撮影は終了したので、セルフタイマーで自分の証明写真撮って、片します(笑)

α65ファームウェア 1.05にアップデート

早速、日本のソニーサイトにファームウェア1.05がアップされましたので、愛用カメラに入れてみました。

んで、使ってみると、モッサリ感なくなりました。ダイヤルの反応、電源オフのスピードなど、普通のカメラになりました(笑) AFも改良が加えられてると思います。レスポンスが向上しています。

画質に関しては、まだ詳細に試してないので何とも言えませんが、パッと見 あまり変わってないと思います。

是非、皆さんもアップデートしてみてください。

α65のお気に入りモード

ここ10日ほどぎっくり腰で活動してませんでしたが、大分普通に動けるようになりました。ほっ。

ゆっくりではありますが、春に近づいてる感じがしてきましたので、写真活動再開です。

α65ですが、最近までビビッドモード中心に使っていましたが、今のマイブームはポートレートモード。優しいソフトな発色が好きです。フジフィルムのリアラを使っていた頃の仕上がりに近い感じがします。ノイズもフィルムの粒状性のような感じにすら見え、のっぺりしたデジタル画像とは違う雰囲気に惚れてます(笑)

モード換えるだけで、雰囲気が変えられるなんて、デジタルの良さですね。

ノイズに関して、結構検索・ヒットされている方が多いですが、ISO 1600以上はザラっと感がありますが、工夫すれば問題ないレベルと思います。確かに前のモデルからすると、ドッとノイジーになったとは思いますが。個人的には、最近あまり気にしてません。

新しいファームウェアもそろそろですね。ちょっと楽しみです。

 

8ミリビデオカメラたち

今日は祝日のため、営業はしておりませんが、作業が溜まっているのでお仕事中。

機械がダビングをしている合間に、8ミリビデオカメラの点検・整備を行いました。8ミリビデオデッキは、上ぶた開けるだけなので簡単ですが、ビデオカメラの分解は一苦労。気を抜くと断線させたり、組み立て方がわからなくなります(笑)

8ミリビデオカメラの整備中

今回は、8ミリビデオのダビングでも活躍しているカメラたちなので、丁寧にチューニング。8ミリビデオデッキもある事はあるのですが、実は、デッキで再生するよりカメラで再生した方が、画が安定するケースが多々あります。特に録画機の状態が良くないもの。

メカが完璧=綺麗、というより、撮ったカメラの状況=再生カメラの状況、にしてあげた方が、救える映像が多いです。特にテープパスが狂っているのに気が付かず録画し続けたテープは、テープパスが同じように狂った機械のほうが、トラッキングがあって綺麗に再生できます(笑)

というわけで、トラッキングをわざと外した機械も数種類。台数が多くなってしまう理由です(笑)

 

毎年恒例のクッキー

こりず今年もちょっとだけ輸入してみました、ガールスカウトクッキー。

ガールスカウトクッキー

アメリカではガールスカウトが活動費などを稼ぐために
年に1度クッキーを売る習慣があり、昔よく購入しました。

小・中学をアメリカで過ごした私にとっては、とても懐かしいお味。
通販では販売してませんので、現地の幼馴染に頼んで買ってもらいました。

早速いただきます(笑)

 

ソニーα57 発表

α55の後継として噂されていたα、α57が海外で正式発表のようです。

見た目はα65と同じ、センサーが1610万、連写が12FPSのようです。

α65のノイジーな感じが嫌な人は、α57がいいかもしれません。

ソニーUSAのサイト

http://store.sony.com/webapp/wcs/stores/servlet/ProductDisplay?catalogId=10551&storeId=10151&langId=-1&productId=8198552921666434673#features

ロックアイランドのカブース

だいぶ前にリリースされていたものの、すぐに売り切れてしまい、手に入れられなかったアメリカ・アサーンのNゲージカブース(車掌車)をやっとゲット。現地の友人の協力で、先ほど届きました。

発売当初1両30ドル近かったので、購入を躊躇。この値段じゃそう簡単にはなくらないと思っていたものの、あっという間に品切れ(泣) もう諦めかけていましたが、先日急にアマゾンに登場。迷わずポチってしまいました(笑)

ロックアイランド・カブース

カラーリングもアトラスのGPと違和感なくマッチ。手すり類も別パーツと気合が入ってます。コンレールも買いそびれたので、次回見つけたら買ってみたいと思います。

 

ビデオデッキの不調

先日、落札したJVCビクターのジャンクなビデオデッキの動作が挙動不審に。録画・再生は大丈夫ですが、イジェクトを押すと、ビデオテープを出した後に、再度取り込もうとする。

とりあえず、何時ものようにばらしてみました(笑)

ビデオデッキの分解

ギアの感じも問題ないし、ベルトも良好。となると、あそこしかありません。

JVCのモードスイッチ

写真中央部が、デッキの状態を判別するスイッチ。このスイッチが摩耗したりすると、現在の機械の状況を把握できなくなる。ということで、使っていない別の物を取り付けてみると、あっさり動作OKでした。

貴重な海外PAL方式のS-VHSデッキ、復活です。

めでたしめでたし。

 

 

α65 + ミノルタ 5600HS フラッシュで

スチル撮影を頼まれてしまったので、しばらく使ってなかったMinolta 5600HS(D) ストロボを出してみました。α560との組み合わせでは、商品撮影の時使ったことがありましたが、α65では初。ということで、とりあえずつけてみました。すると

内蔵フラッシュもポップアップしてしまうα65

あれ、内蔵ストロボが上がってしまう(笑)

撮影してみるとウルトラオーバー(汗)

念のため、ホームページでアクセサリ互換情報をチェック。すると、確かに動作OKの丸がついている。さらにネットで調べると、同様に認識されない人を数名確認。何でだろう~、何でだろう~と思いつつ、ON/OFFしたり、ストロボを取り付けたり、外したり繰り返す。一向に認識しない。念のため一旦カメラのバッテリーを抜き再起動。

すると、あれ、普通に認識する(笑)

その後、両方オンのまま、つけたり外したりしてみたが、全て認識OK。初めて合体させる時になんかトリックがあるのか。全くわかりません。今は、ちゃんと調光してるし、ズームも連動し、ワイヤレスも動作OK。

まぁ、なにより、買い換えずに済んだということで一安心です(笑)