ソニー α77の液晶交換

外見の状態が良くないため、格安だったα77。液晶の膜が剥げてしまい、美しくありません。

膜の剥げた液晶
液晶部品の値段を見たら意外と安かったので、とりあえず部品を取り寄せてみました。海外で1500円くらい。

a77-screen

まず始めに、液晶下部のネジ4個取って、液晶裏ぶたを爪で開けました。本体とのケーブル(銀色)を外して、液晶部を下にスライド。簡単に取れました。

remove-screen

上写真左上の、明るさを検出してるセンサー+ケーブルをまず外します。そして表側からゆっくり液晶ユニットを剥がしていきます。細い銅シート+両面テープで止まっているだけですので、ゆっくり丁寧に剥がします。

SONY DSC

液晶裏の小さな基盤は、両面テープで止まってるだけなので、こちらもゆっくり剥がし、新しい液晶に貼りなおします。あとは組み立て直すだけです。

a77-lcd-replacement

液晶がきれいになるだけで、気もちいいですね。色合いがちょっと違うのは、交換後に保護シートを貼ったため。貼る前に撮ればよかったです(笑)

いつもお約束ですが、もしこれをみて交換をお考えでしたら、自己責任でお願いいたします。ちなみに液晶や基盤を両面テープから剥がす部分は、慣れてないと壊してより高くつくかもしれませんw

大分グリップのゴムも傷んでましたので、次回はグリップのゴム交換でもしてみますか(笑)

DATテープ発見

修整写真の納入で訪れたお店でDATテープ発見。久々すぎです(笑)

DATテープ

仲間にバンドマンがいたので、昔何度かテープは見た事がありましたが、改めて見ると、カセット小さい。テープ細w

高校生の時、デジタル録音に憧れてものすごく欲しかった記憶があります。結局自分は一度も所有する事はありませんでしたが(笑)

DATテープも、8ミリビデオなどのビデオテープのようにカビが生えたり癒着したりしてしまうようで、今回お邪魔したお店にも修理が必要なDATテープが送られてくるようです。

癒着やカビを放置すると再生不能になり、やがて聞けなくなりますので、DATのテープをお持ちの方は、一度チェックして他のメディアにダビングしたほうが良いかもしれません。

もし生えてしまったら、DATテープ修理を行ってるテープ修理ドットコムに相談してみて下さい。大切な録音がまだ救えるかもしれません。