Kato RS-3メカにBachmannのボディを載せてみた

大分昔に中古で入手したカトーのAlco RS-3ディーゼル機関車。塗装を落とす際にボディを溶剤で溶かしてしまってボロボロ。

カトー 旧RS-3

動力は元気だったので、安価なバックマンのRS-3のボディを載せてしまおうと、バックマンのパーツ屋でポチリ。キャンペーンも在って、12.6ドルでゲット。

バックマン RS-3 ボディ

軽い気持ちで買ったものの、到着して比較すると色々と問題が。まず運転台下とバッテリーボックスが金属シャーシと合わず。バッティングする部分を切り落とす。

干渉する部分を切り取り

次はシャーシ。実は当時のモーターは分厚かったため、シャーシ中央部に出っ張りが。カトーは、ボディーの内側を薄くすることによって帳尻合わせせていたものの、バックマンのボディーは当然ながら均一の厚さ。そのまま載せると車両中央部が見事膨らんでしまう。面倒だけどシャーシ削り。

RS3のシャーシを削る

金属用のやすりで小一時間。削りすぎないように注意しながらなんとか達成。下が加工前と加工後のシャーシの違い。

シャーシ削り加工前・加工後
左が加工後、右が加工前のシャーシ

この2点頑張ればとりあえず乗っかる。若干車高が高い気もするけど許せる範囲かな(笑)床下グレーに塗り直して終わり。

カトーメカ+バックマンボディ

ゴミになりかけてた動力を活かせて、めでたしめでたし。

あなたも是非(笑)

 

画像盗用で思うこと

最近、まとめサイトの転載や画像盗用が話題になってうれしいトムです(笑) 下記は最近Withnewsに載ってた記事。

まとめサイトの盗用、ある“浴衣画像”が「収拾つかない」事態に

まとめサイトの盗用、どう対処? 弁護士「プロじゃなくても使用料請求」

個人のブログだろうが、仕事のウェブサイトだろうが、ウェブを作ってる人は、それなりに貴重な時間を費やして撮影・画像加工・記事を書いているわけで、手間暇かけてます。盗人や盗用する企業は、それをコピーアンドペーストで使用するわけですから、使われたら使用期間に応じて対価をもらうのは当然かと。

このトム平野スタイルの画像も驚くほどあちこちで盗用されてます。ただ、趣味サイトに対しては不快には思うものの、特に圧力はかけてません。しかしながら、企業サイトに対しては片っ端から文句を言ってます。

今の世の中、何も言わない方が損をする時代。自分の気が収まるまで、言い続けます。死んでも言い続けます(笑) 撃たれたら撃ち返す。防衛の基本。おとなしくて弱虫だった幼い頃、亡き母に「やられたらやり返しなさい」とよく言われてた事を思い出しました(笑) 今思うと、自分の復讐主義の原点はこの頃植え付けられたものなのかもしれませんw

インターネットって素晴らしいですね。私みたいな非力な人間にでも発信する機会を与えてくれるわけですからw 昔お世話になったイリノイ大学に対しても、今のインターネット環境を生み出してくれたことに感謝しておりますw NCSA万歳w

サイト―オーナーさんは、定期的にgoogle画像検索することをおすすめします。google chrome ブラウザ等で、自分のサイトを表示し、調べたい画像の上で右クリック・画像検索すれば、類似画像を表示してくれます。結果に表示された画像を辿っていけば、だれがパクってるか一目瞭然です。連絡先が分からない独自ドメインサイトの場合は、Whois などの検索サービスでドメイン登録者の情報が閲覧できます。

ありがちな構図と被写体だからバレないだろう、と思ってるのはあなただけ。カメラを弄ってる人ならそれなりに考えて構図を決めているので簡単にばれるかとw

追記:
以前記載のありましたS社様とは円満解決となりましたので動画は削除しました。

HDMI2AV その後

先日届いたHDMIからビデオ信号へ変換するHDMI2AV、どうも映像が途切れたり、出なくなったりする。仕方ないので開けてみて基板をチェック。原因を見つけました。

hdmi2av 半田不良

どうも映像端子の半田が足りてない(笑) これじゃ接触不良起こしますな。とりあえず半田を盛りました。

hdmi2av 修理後

無事問題解決。それにしても品質チェックの不備が目立ちますね、この手の製品は。先日のHDMI2AVは音声回路のチップがもげちゃってて、使い物にならなかったし(笑)

皆さんは返品・交換できるところで買いましょう(笑)

では。

 

こりずまたHDMI2AV買ってみた

訳あってHDMI2AVにハマってるトム平野です(笑)

HDMI2AV テスト

HDMI2AVはどれも同じ形をしていますが、結構中身が違うみたいで、当たりを引くまで買い続けてしまってます(笑) 今回もなんとなく2個。

hdmi2av-black

今年始め頃に中国から買ったHDMI2AVが最高だったのですが、先日頼もうとしたらロットが変わってしまったようで結果イマイチに。そこで今回は別の中国商人から購入。前回ほどではないですが、結果はまぁまぁという感じで一先ず安心しました。

折角なので分解w 中身をチェックしてみました。

HDMI2AV基盤A

HDMI2AV基盤B

どうも、先日買ったMistralブランドのものと同じ基盤で、MS製1830チップを使っているタイプ。ただMistralと画作りが違います。

Mistralブランドの映像は、黒のしまりが良く、メリハリの効いた感じに見えました。今回買った黒の輸入品は、黒の締まりが甘いものの、TBCの効きは強めのようで、ソースが悪くて起きやすい色むらのようなものはスキっと修整してくれるので好きです。

何故同じ基盤なのに色が違うのか。チップメーカーのサイトで仕様を見ると、色合い・コントラスト・彩度等カスタマイズできるという記載有り。どうもファームウェア的なもので調整できるようです。USBポートがあるので、知識があればここからゴニョゴニョできるのかもしれませんね。

どちらにしても、購入前の段階で、基盤やファームの事を調べるのは無理のようですので、ひたすら買って、お気に入りを当てるしかないみたい・・・。

途方に暮れるトムでした(笑)

どれを買っていいか悩んでるあなた、結局悩んでも始まりませんので直感を信じて買うしかないみたいです(笑)

アマゾンでHDMI2AVを検索