「変換」タグアーカイブ

またHDMI2AVを買ってみた

しつこいですが、またHDMI2AV買ってみました(笑) 祝7台目w

hdmi2av

普段は、中国等から輸入してますが、試しに日本のアマゾンで売られている物もチェックしてみました。まぁ大元は一緒でしょうが、見た目は同じでも中が違うかも、と思って(笑)

昨日届いたのを早速パナソニック DIGAちゃんに接続・・・

hdmi2av接続例

お~ ちゃんと変換されて映りました。

hdmi2avでdiga

試しに他のHDMIでも試してみました。すると、海外仕様の東芝レコーダーはNG,ソニーのBDレコーダーはOKと、やはり相性が付き纏います。そんな意味では、相性保証付きのショップから買うのがベターですね。おそらくHDMIのバージョンや信号の同期あたりが絡んでて、ビデオ機器を選んでしまってる感じです。

肝心な画質ですが、他と比べて特段にいい感じもなく。ごくごく普通です。1080の60やら何やらとありますが、解像度高すぎてもモアレが出たり、ざらざらっぽく見えたりと、接続する映像機器によっては不利になる場合も。結局ビデオ出力がアナログコンポジット接続なんで、あまりその辺を気にして買われても無意味なような気がしますw お好みの画質を見つけるために、HDMI機器側で出力解像度を切り替えて試してみるといいでしょう。まろやかになったりシャープになったり、結構変わります。
ちなみにダビングで使用する時は、ちょっとザラメがきつめの方が丁度いいような気が?します。

他のHDMI2AVも同じですが、仮の接続方法としては安価で便利ではないかと。あなたも是非w

 

HDMI2AVコンバーターを試してみた

HDMIの信号を従来のビデオ信号に変える変換アダプター、
HDMI2AVを購入してみました。    hdmi2av

非常にちゃっちいハウジング。バスパワー駆動なので、通常の使用でしたら別途電源を用意する必要がありません。早速本機をBDプレーヤーとテレビの間に噛ませて繋いでみるとhdcpによるブロック

あちゃー HDCPのせいか、バスパワーが足りないのか映りません。

となれば、あの技。某HDMIスプリッタ―を噛まします。hdmi2av-with-splitter

すると

正常画面

ほぉ。映りました。

肝心な画質ですが、ビデオ信号なのでこんなものかなと。全体的に色が薄く、ちょっと飛んじゃった感じなのが残念。正直なところ、あまり実用的ではないかな。このままお蔵入りしそうです(笑)

ただバージョンが複数あるらしいので、たまたま私が買ったものがイマイチだったのかもしれません。参考までに他のバージョンと内部比較。

hdmi2avの内部比較

もう一台の方は、電源を繋いでもまともに映らずw 外見はそっくりなんですが(笑)かなりロシアンルーレット的買い物になりそうです。この製品に関していえば、返品や交換可能な、日本国内の販売店で買った方がよさそうですね。アマゾンなんかでも売ってます。

アマゾンでHDMI2AVを探す

チャレンジャーなあなたはぜひ(笑)

 

海外ビデオ機器のスカートアダプター

スカートよりパンツルックの女性が増え、とても残念がっているトム平野です(笑)
今回は、そのスカートではなくて、海外ビデオ機器をつなぐスカートのお話。

海外方式のビデオを見たりする方は、現地からビデオ機器を取り寄せることがありますが、欧州から機材を取り寄せると、多くの場合、下のような変な端子が。

さらに、運が悪いと日本などで一般的なコンポジット端子(RCA端子)が一切付いていない機種も(笑) 折角取り寄せたのに繋げない、そんな方もひょっとしたらいるかもしれません。私もそんな一人でした(笑)

いろいろ調べてみると、この21pin端子は、ビデオ機器を簡単に接続しようとフランスで発案されたスカートと呼ばれる端子で、ヨーロッパを中心に使用されていました。別名EuroAVとか、Peritelとか、EuroSCARTとも呼ばれているとか。

このスカート、結構お利口さんで、双方向接続やテレビを自動にON/OFFできたりします。チェーン接続もできます。対応のテレビとビデオ機器をつなぐだけで、入出力を気にせず接続完了。サルでもわかる接続ケーブルでした。しかしながら、欧州のみの規格のため、他の地域の変換機や機材と接続するとなると、当然ながら口が合いません。どうしても日本のシステムコンバーターに接続したかったので、変換アダプターを求めて検索。意外と普通にたくさん売られていました。

変換アダプタで使える機能は、ビデオ機器側や変換アダプタの都合によって若干バラバラのようです。片方向のみにしか対応していない、ほとんど結線されてないコスト削減型変換アダプタもw

とりあえず変換アダプターとして購入するのであれば、入出力のどちらに対応したものか確認したほうがよさそうです。

日本でも比較的ポピュラーなサムスンワールドワイドデッキも、この変換アダプタを使えば、入力端子が増やせます。

私は、海外から取り寄せましたが、今見たら、アマゾンでも売ってました(笑)

今はHDMIなどハイデフィニション(ハイデフ)時代になってしまったので、影が薄くなってしまいましたが、標準画質の欧州ビデオ機器はこれで活用できます。システムコンバーターやマルチシステムテレビと接続すれば、ばっちり観れますね ^^

海外 PAL VHS テープの再生

ここ数年良くある質問 「海外のビデオを、どうやったら日本のビデオデッキで見ることができますか」 と。 答えは簡単。どう頑張っても、見られません。

一部の人は、テープもしくは機械に、映らないようにする仕掛けがあるのでは、と疑ってるみたいですが、意図的ではなく、仕様の違いで映りません。

結局、海外のビデオテープを見るために必要なものは2点。現地の方式に対応したビデオデッキと、その出力された信号を日本用に変換するコンバーターが必要です。

以前は、海外ビデオにも対応したビデオデッキが、パナソニックやアイワから発売されてましたが、さすがに今は販売完了。となれば、現地からビデオデッキを取り寄せる必要があります。海外通販、または輸入代行業者にお願いしましょう。そして、その機械を動かすために、電源を変換する変圧器も入手しましょう。

再生する環境が揃ったら、次はそのビデオ信号を変換するコンバーターを入手する必要があります。写真はその一例。

ビデオコンバーター

インターネットでは普通に売られてますので、ビデオコンバーターと探してみてください。PALのビデオを日本で見るには、PALからNTSCへのコンバーターが必要です。値段もピンきりですが、クオリティもピンきりです(笑)でも、高いものを買ってもオリジナルにはかないませんので、割りきりが必要かと。ちなみにオーディオは変換不要です。

海外ビデオデッキ→ビデオコンバーター→日本のテレビと繋ぐとやっと見れるようになります。日本のデッキにPALテープを入れて、その信号をビデオコンバーターに入れても映りませんので、念のため。

見たいテープが少量でしたら、うちでやってるような海外ビデオ変換業者に頼んだほうが安いかと思いますが、大量にある場合は、機械をそろえてみるのもいいかもしれません。

ブルーレイドライブ交換

最初につけていたLG製のブルーレイドライブ。BD-Rを10枚焼いただけでなんか不調・・・それも皮肉に保証が切れて2か月後・・・。さすがLGという事で、今回はパイオニアを選んでみました。実際の所、両方とも中国製ですが(笑)

BDR-207DBK

今回導入したのはパイオニアのBDR-207DBKをというモデル。箱には、アメリカ大陸市場向けと書いてありますが・・・気にしない(笑) 恐らく国内に流通すると価格差がありすぎて都合悪いからでしょう。といいますか、普通に日本のパーツ屋で売られてますが(笑)

よくよく調べてみると、価格以外にも国内207と比べて違いが。どうも扱えるメディアが違うようです。買う人は調べてから購入してくださいね。

うちの場合、AVCHDやMPEG4のSDカードをBDへダビングするのが主な用途ですので、BD-R1層が書ければ無問題。導入しやすい価格なので、BDエントリーモデルとして最適なドライブかと。Pioneerでしたら、太陽誘電との相性もいいので安心です。