たまにはAmtrakの本でも

ネットを使えば見たい画像を直ぐに見つけられるので、ここ最近、印刷物を手に取る事が減りました。そんな中、久々に入手した本がこれ。

Amtrak - An American Story

アムトラック 40年を振り返る本。出版社は、ホビーや鉄道の関係で有名なKalmbach。ソフトカバーなので、カバーつきのムックみたいな感じ。思ってたよりカラー写真もあり良かった。

立派なアメ鉄系の本だと、4~6000円する多い中、大変お得な1500円。値段に釣られて買ってしまったトムでした(笑)日本のアマゾンで買えました。

 

8ミリビデオカメラ届いた

先ほど、DHLのお兄さんがビデオカメラ届けてくれました。
アメリカ市場向けモデルのDCR-TRV120。

DCR-TRV120

部品取りのために故障品をオークションで落札しました。早速バッテリーをつけて電源を入れてみたのですが、どう見ても普通に動いています(笑)ヘッドやローラーも非常に綺麗で、使い込んだ形跡なし。前オーナーいわく、テープが入らないからジャンクとか。恐らくバッテリ取り付けなかったんでしょうね(笑)

とりあえず一旦テープパスを確認・調整してみます。メニューも英語だけど大丈夫そうです。

部品取りの予定でしたが、このまま使えそうです。ということで、直す予定だったビデオカメラの部品をまた探さないと(笑)

とりあえず、これはこれで良しとします(笑)

ブログ移転完了

関東の計画停電を考慮してブログをアメブロに一旦動かしましたが、なんとか停電せずに運営を続けられそうなので、自宅サーバーで復活させました。

老朽化したサーバーも、そろそろ交換しないとダメですね。ちょっとダウンする回数が多くなってきた。GIGABYTEのマザーって私と相性が悪いようで、なぜか直ぐ壊れる… ASUSの方は、結構持ちが良いような気が。

新規で導入するなら、省エネも考慮してATOM系にした方がいいのかしらね~ ネットブックでサーバーはやる気なさすぎ?(笑)

 

東上線のニューフェイス

早速、線路脇に見に行ってきました。

東武」 30000系

ニューフェイスといっても、東武のあっち方面から送り込まれた「お古」のようです。10000系との入れ替えとか。とりあえずバリエーションが増える分には歓迎です。同じ型ばかりだと、つまんないですしね。毎週木曜日は、電車通勤日なので、明日ちょっと乗ってみます。一駅ですがw

α560でAVCHDのDVD

トム平野です。

ソニーα560で撮影した動画をAVCHDのDVDへ移す実験をしてみました。

AVCHD-DVD

もっとも簡単な方法はPMBという付属のソフトを使う方法ですが、専用ソフトで焼くと、なんか負けた感じ(?)がするので、別の方法を模索。

色々調べていくと、結局そのまま焼いても差し支えない事が判明。フォルダーごとAVCHD用のフォーマットで焼いたら、あっけなくAVCHDのDVDとして認識されました。難しく考えすぎていたようです(笑)ただ、いつものデータ用のフォーマットで焼いてしまうとデータディスクになってしまい、BDプレーヤーでは、認識できなくなっちゃいました。

4GBのSDHCカードがいっぱいになったら、とりあえずDVD-RへAVCHDとして焼く、というのが無難な運営なのですかね?当分はバックアップも兼ねてPMBと併用することにしました。

慣れるとビデオテープより扱いが楽でうれしいです。ただAVCHDは、ファイル操作が面倒くさかとです。ファイル情報が複数のフォルダーにまたがってて、気軽にカットが削除できない。規格としてはイマイチですね…

α560の使用感(2)

トム平野です。

毎日弄ってますが、なかなか面白いカメラです。

α560

フォーカスチェックライブビュー、なかなか良いです。α5×0系のライブビュー(LV)は、ややボヤッとした感じですが、フォーカスチェックLV時は、α33/55同様クッキリ爽快。内蔵水準器やグリッドも使えます。α550との変更点は、AFも使えるところ。一旦、ミラーアップを解除・ピン合わせて・再度ミラーアップする仕組みですが、使えると使えないとでは大きな違い。SSMやSAMレンズの場合は、コントラストAFモードも設定可能らしいです。(使った事ありませんけど)

お気に入り機能としては、手持ち夜景モード。α55にも付いてる機能ですが、カメラが連写して、合成処理で実効感度を上げる機能。きれいに合成してくれますので三脚要らず。綺麗と感じた時にさっと撮れる。お散歩には大変便利です。まぁ、暗闇でカメラ振り回してると、怪しい目で見られますが(笑)

スイングパノラマもいいです。頻繁に使う機能ではありませんが、フレームからはみ出てしまう場合はさっと一振り。振り方にちょっと癖がありますが、慣れるとつなぎ目も違和感なく仕上がります。

上記3機能共にミラーがパタパタして大変賑やか。個人的にはその音が気持ちいいんです(笑)

新聞と地デジ

トム平野です。

今日も先ほど近所の読売系の新聞屋が仕事の邪魔をしに来た。要らないといっても、まぁしつこいことw

そんな勧誘トークのなかで、意外な話だったのが地デジテレビの普及による新聞の解約。

確かにテレビ欄がボタン押すだけで出てきたら新聞要らないわな~

勉強になりましたw

α560の使用感

トム平野です。

早速いろいろ撮ってみましたが、快適です。α550に比べて、AFが良くなりました。クロスセンサーが増えたおかげで、外しにくくなってます。更に、薄暗い状況では、α55より良いかな、という感じです。(気のせい?)

α550同様、フォーカスエリアの選択が即十字キーで動かせるのが便利です。α55の場合、ISOやらWBなどが十字キーに割り当てられているため、AFを押してから十字キーと2ステップに。正直イライラしました。

ファインダーに関しては、好き嫌いが分かれると思いますが、α55のファインダーに見慣れると、α560は小さく(遠く?)感じます。しかしながら、すっきり感、安心感は光学ファインダーに替えられないかと。ビデオを撮る時に関しては、α55のファインダーが理想です。顔にカメラを押し付ければ、安定して構えられますのでブレにくいですし。結局ハイブリッドファインダーが理想なのかしらw

α55の不満点であった、電池の持ち、メモリーカードスロット位置、グリップ、連写時のファインダー像などは、とりあえずα560に変えて解消。気持ちよく撮影できるようになりました。予算があれば、センサー感度の良いα580がお勧めかもしれませんが、4万円台で買えたと思えば、α560は、十分お買い得でした。いや、ちょっと安すぎですw

α35も明日発表とか。α5x? α77も来月発表との噂ですから、購入を考えてる方はもうちょっと様子見が良いかもしれませんね。

Sony α55 から α560へ

ご無沙汰してます。トム平野です。

急用で2月にα55を購入し、しばらく使用しておりました。10コマ/秒、電子ファインダー、AFムービー等、価格の割には、大変優秀なカメラです。しかしながら、自分の撮影スタイルに対応できないケースがありましたので、電子ファインダーを諦めて、思い切って、いや、なんとなく?α560に換えてみました(笑)

α560

以前α550も所有してましたので、違和感なくすっと馴染みました。なんといってもミラーのアップダウンの振動は、カメラっぽくてうれしいです。こういう所に快感を覚える自分って、昔からカメラを弄ってるオッサンの証拠でしょうか(笑)

確かに、α55と単純比較すると、セールスポイント的には物足りなさを感じますが、個人的にはα55より満足度は高いです。カメラっぽいところでしょうか? Made in Japanってのも、なんか嬉しいですね。

α55の癖が抜けず、動画撮影時についファインダーを覗いてしまいます(笑)

α560の細かい使用感は、ちびちびアップします。