8mmビデオのダビング中

今日は朝から8ミリビデオDVD変換作業。

久々に状態の悪いテープを発見したので記念撮影(笑)

8ミリビデオテープのカビ

この埃のような粉末は、実はカビで、ダビング屋の大敵。
テープクリーニング中に切断したので、分解してよく見ると…

カビによるテープの切断

カビによるテープの癒着が原因でした。

8ミリビデオテープは、非常に薄いため、ちょっとした湿気やカビの癒着で簡単にテープが裂けてしまいます(汗)

撮り溜めたビデオのデジタル化はお早めに。

うちでもお引き受けしております(^^;;;;
https://www.tms-x.com/dvd-transfer/8mm-video-to-dvd/

悩んだ結果α65で

α65

いろいろ考えてみましたが、ビデオをメインに考えているため、コストパフォーマンスの優れたα65に決めました。
持って歩くにはα77はカッコいいんだけど予算が(笑)

んで、あちこちのテスターから話を聞くと、α65の方が写りがいいとか。素人受けのチューニングになってるんでしょうか?もしくはファームウェアのバージョンの違いだけかな?恐らく同一条件で並べてみないと違いが分からない程度だと思いますが(笑)

新αに期待することは、ローリングシャッター対策。従来のαで鉄道の側面をビデオで撮ると、車体が見事ゆがみます。幾分か軽減されてるようですので、楽しみです。ビデオのオートフォーカスは、お散歩の際は便利そうですね。

ビデオ撮影モードの60p,24pも魅力です。私のなんちゃって作品の低クオリティを少しは誤魔化してくれそうです(笑)

国内は発売延期なので、とりあえず海外から引っ張ってきます。

あと必要なものは撮影のセンスだけですね(苦笑)

アムトラック40周年記念塗装

Amtrak 40th Anniversary Phase 3

昨日届いた荷物に含まれていたアムトラックの車両です。
今日じっくり見ましたが、赤白青の均等帯のフェーズ3は
やはり美しいですね。

子供の頃は、フェーズ3が主力だったので、
懐かしいというか落ち着くというか…。

不思議なことにアムトラックフェーズ3の客車って
あまり発売されません。特にストリームライン客車での
フェーズ3はほぼ皆無。80年代の長距離列車を再現するには
持って来いなんですが・・・

衝動買い

小さくて気軽に撮れるビデオカメラ欲しいなと思っていた所、
アメリカでHDR-CX130という機種を発見しました。

HDR-CX130

日本で売られてるHDR-CX180の廉価版の廉価版ですが、基本仕様はほぼ同等、内蔵メモリなしモデルです。SDHCで運用すれば問題なさそうだったので、ついついポチってしまいました。

んで、早速仕事の合間に撮ってみましたが、お値段以上ニトリでした。円高も手伝って2.5万。この価格でこの性能は凄すぎ。なんちゃってフルHDなので、画質がちょっと心配でしたが、お散歩には十分すぎ。光学30倍でガンガン寄れる。そして、何より手ぶれ補正の凄さ。この価格帯のものでも、滑らかな映像が撮れます。慣れれば、ステディカムも不要かも(笑)

いままでHDVのカメラを使ってましたが、今まで何やってたの?って感じでした(笑)

国内のCX180でも、4万円以下で購入できるのでお勧め。

ちょっと残念な点をあげるとすれば、互換バッテリーが見抜かれて使えないところ(笑)同じVシリーズでも、新しいモデルは対策済みなんですね…。

とりあえずLibecのズームリモコンは、AV-LANC変換ケーブルで利用できたのでほっとしました。

α77触ってきた

お散歩ついでに、いつものビックカメラで
お触りしてきました。

AFは気持ちよく動作。なかなかカッコいい。
ボタンがいっぱいあると様になりますね。
シャッター音は、相変わらず不思議な音ですが(笑)

ファインダーは大分良くなりましたが、やはり
EVFですので、連写時にどう影響するか気になります。
でもα55のようなパラパラ感は大分無くなり、ほっとしてます。

特に購入を急いでるわけでもないので、
11月11日リリースのα65見てから決めようかな。

その前に、どう資金を捻出するか考えます(笑)