Victor BR-DV3000 デッキのジャンク

DVデッキ2台セットのジャンクを某オークションサイトで発見。同じ機種2台なのに、それぞれ重さが違うとか、あけた形跡があるとか、マイク端子が凹んで奥まってるなど、注意書きが踊る、かなりジャンキーなアイテム。たまに中身のないデッキを売っている人がいるので、安く安くと慎重に入札し、自動延長を粘ってゲット。こんな感じ。

シャーシがゆがんでカバーがはまらなかった部分があったので、ペンチで修整。見た目はだいぶマシに。その後、通電するかテストしようと裏面を見ると、見慣れない形状のDCジャック。おまけに1台のジャックは破損している。一度も見たことのないプラグだったので、毎度ながら荒業。DC 12V 1.08A を満たすアダプターを探し、線を剥き剥き。基盤に直付けw

絶縁テープで接合部を保護して、祈りながら通電。お~普通に動く ^^

もう一台にも電源直付け。お~こっちも問題なし ^^

ドラムのアワーメーターも1000時間前後、動作も良好。前ユーザーは単に要らなくて処分した感じ。2台間の重量差は、単にゴム足の有無だったw

今のところ使う予定はないけれど、バーガーキング数回分で2台入手できたのは、結構お得かと。めでたしめでたし。

 

Windows 8 と コニカフィルムスキャナ RX-1

Windows 8 のキャンペーン価格が今月末でお仕舞いということなので、慌ててハード・ソフトの検証。今回は、コニカ時代のポンコツフィルムスキャナー、RX-1 を Windows 8 CP 32bitでチャレンジ。Windows 7 ではうまくいかなかったのでちょっと心配。

Konica film scanner rx-1

順調順調。と思いきや、スキャンの出だしで、ログ書き出しのエラー。権限の問題かな・・・

とりあえず無視すれば、何事もなかったかのようにスキャンできる。

konica rx-1 scanner screen

専用ソフト、フォトショッププラグイン経由でも、問題なく6コマ連続スキャンできたので、困ることはないかと。粗大ゴミにならずに済んで良かった.。

かなりアバウトですが、検証終わりw

 

カビの生えた8mmビデオの写真をパクったサイト

今日、SEOの定期チェックでネットしてたら、どこかで見覚えある画像を発見。過去の自分のブログの画像を確認すると、やっぱり家のだ(笑)とりあえず記念に画面をキャプチャ(笑)

My photo being used without my permission
http://www.vhsdvd ダビング.net/8mmビデオの映像をdvdにダビング.html

こちらが私がアップした記事
https://www.tomhirano.com/2012/08/今日も8mmビデオのカビ取り/

適当に撮った割には、意外と良かったのかな(笑)EasyCAPかしら。この会社にリンクされてます。

株式会社インターナル
〒220-8131 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークタワー31F
TEL 045-228-2310 (平日10:00-17:00) FAX 045-330-6337

この製品、ビデオ信号をUSB経由で取り込む装置。そんなに物は悪くないです。ただ、ドライバーの出来がイマイチで、環境によってはインストールで躓く(笑) そして、古くて不安定な映像のものには不向きです。

このサイトでは4980円で売ってますが、ネットだと1000円くらいから買えます。さらに中国から買うと1個500円くらい。うちもいっぱい持ってます(笑)

イージーキャプ

実はもう一束ある(爆) 全然使ってませんが(汗)
当方のように古い映像をダビングする人間は、入力時に補正の効くタイプが欲しいので、正直これは、あまり役に立たなかった(^^; ただ、とりあえず取り込みたいという時には便利ですね。でもネットで安い所みつけて買ったほうが・・・w

 

コニカミノルタ 75-300mm 4.5-5.6 (D) で遊んでみた

コニカミノルタ時代にWズームセットとして売られていたDT18-70 と 75-300(D)。あまり良い噂を聞いたことがなかったので、今更ながらどんな感じか試したくなりました。 先日ゲットした中古ジャンク3点セット。

Alpha Sweet Digital set

結構手荒く可愛がられてたようで傷多数(笑) ま、おかげで爆安でゲットしました。ボディ、18-70, 75-300 それぞれ2800円くらいと思えば悪くないかなと。普段、屋外では18-200ばかり使用しているので、200mm越えで軽量な望遠として75-300が使えればいいなと思い、入手してみました。

んで、早速α65に着けて使ってみたのですが結構いい感じ。正直使うまではちょっと馬鹿にしてたのですが、軽くて安い割にはなかなか。手持ちのノーマル 100-300mm よりまともに見える(笑)

東武50000系

東武30000系

東武10030系

若干輪郭にパーブルちゃんが出ますが、私のような適当男には許容範囲内。コントラストも思ったよりあるし、なにより軽い!これなら常時持ち歩けそうです。ミノルタの100-300mm APOも持ってるんですが、不良品なのか今回の75-300に負けてますw

中古で5000円以下で玉数も多いので、低予算でちょっと望遠ズーム、という人にはお勧めです。勿論、予算がある方は、この古いレンズよりDT 55-300やSAL70300Gのほうが良いと思いますが。私は貧民ジャンク系なのでこれで十分(笑)

 

久々のカッティングマシン

事務所の外に貼っているミニ看板が汚れてきたので、そろそろリニューアルかなと思い、文字を切り出すために、3年ぶりにクラフトロボを出してみました。あまりの久々に、ドライバはインストールされてないわ、ドライバーCDはないわ、使い方覚えてないわで四苦八苦。1時間ほど苦戦して、やっと稼動しました。

860mmのカッティングシートに文字の切り込み。順調にスタート。

グラフテック・クラフトロボで出力中

不要箇所をはがす作業も結構楽しい。それらしくなってきました。

文字剥がし中

今回は、QRコードも脇に着けちゃおうという事で、黒でQRコードをカットしてみましたが、出てきたものを見て絶句。

地獄のQRコード

ありゃ、こんなに細かかった?(汗) パズルのような剥がし作業(笑) プリントアウトしたのを貼ったほうがよかったかも、と後悔w でも、出してしまった物は仕方ない。勿体無いので、暇つぶしのパズルとして、仕事の合間にでも作業します(^^;

とりあえず、土台となるプラバンがないので、今日の作業は終了。近々プラバン探してきます。

 

α300用の液晶探し

先日、液晶の壊れた、というか、液晶のないソニーα300をインターネットオークションで落札。銀塩カメラのように使えば、液晶がなくても遊べるかなと思ったら大間違い。設定すら変えられない(笑)と言うことで、資料がない状態での液晶探し。

とりあえずなんか買ってみんべとシンガポールの業者へ。使えるかもと言われたAcer製の液晶を1500円でゲット。しかし、取り付けてみるとコネクタは合うが画がおかしいw 若干配線を変えてみたものの、よくならない。仕方ないので、別メーカーのものをあたる。中国のとある商人から、枠なし裸パネルでよければ、B級品だが使えそうなのがあると言われたので、1個500円でゲット。同時に枠として使える液晶も入手。商人の指示通り、2つの部品を合体させて対応LCDを作る作戦となった(笑)

合体は、何枚ものシートを重ねていくだけの作業で簡単。

最後にフレキシケーブルの途中で半田作業という面倒くささはあったが、トータル5分。下の写真に写ってる上の液晶がAcer、下が今回合体したユニット。パチパチと填めるだけなので、きれいに仕上がった。

恐る恐る電源を入れてみると、出来ました♪ 無事表示されました。ただB級品なだけなって、ドッド抜けがw

α300への液晶取り付け後

まぁ、とりあえず映ったという事でめでたしめでたし。

今回は、1円でも安くというのがモットーだったのでかなり遠回りしましたが、お勧めしません。なぜなら、カメラの製造時期や販売地域によって、使える液晶が違うようなので。
リッチな皆さんは、素直に純正パーツを見つけて下さい。数十倍楽ですので(笑)