海外ビデオ機器の スカート アダプター

スカートよりパンツルックの女性が増え、とても残念がっているトム平野です(笑)
今回は、そのスカートではなくて、海外ビデオ機器をつなぐスカート (Scart) のお話。

海外方式のビデオを見たりする方は、現地からビデオ機器を取り寄せることがありますが、欧州から機材を取り寄せると、多くの場合、下のような変な端子が。

スカート 端子

さらに、運が悪いと日本などで一般的なコンポジット端子(RCA端子)が一切付いていない機種も(笑) 折角取り寄せたのに繋げない、そんな方もひょっとしたらいるかもしれません。私もそんな一人でした(笑)

いろいろ調べてみると、この21pin端子は、ビデオ機器を簡単に接続しようとフランスで発案されたスカートと呼ばれる端子で、ヨーロッパを中心に使用されていました。別名EuroAVとか、Peritelとか、EuroSCARTとも呼ばれているとか。

このスカート、結構お利口さんで、双方向接続やテレビを自動にON/OFFできたりします。チェーン接続もできます。対応のテレビとビデオ機器をつなぐだけで、入出力を気にせず接続完了。サルでもわかる接続ケーブルでした。しかしながら、欧州のみの規格のため、他の地域の変換機や機材と接続するとなると、当然ながら口が合いません。どうしても日本のシステムコンバーターに接続したかったので、変換アダプターを求めて検索。意外と普通にたくさん売られていました。

変換アダプタで使える機能は、ビデオ機器側や変換アダプタの都合によって若干バラバラのようです。片方向のみにしか対応していない、ほとんど結線されてないコスト削減型変換アダプタもw

スカート コネクタ

とりあえず変換アダプターとして購入するのであれば、入出力のどちらに対応したものか確認したほうがよさそうです。

日本でも比較的ポピュラーなサムスンワールドワイドデッキも、この変換アダプタを使えば、入力端子が増やせます。

私は、海外から取り寄せましたが、今見たら、アマゾンでもいろんなスカート売ってました(笑)

今はHDMIなどハイデフィニション(ハイデフ)時代になってしまったので、影が薄くなってしまいましたが、標準画質の欧州ビデオ機器はこれで活用できます。システムコンバーターやマルチシステムテレビと接続すれば、ばっちり観れますね ^^

<2019.9.18 追記>

更にSCARTからHDMIまで変換してしまうアダプタもあるようです。

海外デッキから日本のテレビへ直付けできるかもしれませんね。便利な世の中になりました^^

ビデオテープリワインダー

今日はお仕事でVHS-Cのテープを引っ張り出しました。引っ張り出したのはいいものの、巻き取るのが困難。そこで、昔ふざけて買ったビデオテープリワインダーを使ってみました。一応、こんな感じのものです。

大変チープな作りで、ちょっと負荷がかかるとギアがバキバキいうすばらしい仕様w しかし普通のリワインダーより優れてる点も。それは、テープローディングが不要な構造。通常のリワインダーですと、機械に入れるため、テープがデロンと出た状態では使えません。しかしこれならテープが出てても大丈夫。おまけに電気も電池も使わないので大変エコです(笑) 一応、本来の使い方は、こんな風です。

意外と高速で通常のT-120ですと2分以内で巻き戻せます。ギア比がすごいので低速で使うのが難しい(笑) とかいいながら、私は使います。引っ張り出したテープもこんなハンドポジションで巻き上げてみました。

7本やってみましたが、慣れれば比較的スムーズにできました。しかし、わざわざ買って揃えるほど効率良くはないです(笑) ま、1台90円でしたので、持ってても損はないかも(笑)

おしまいw

ミノルタ 5200iフラッシュで増灯してみた

随分前にネットオークションで落札したミノルタのストロボ5200i(ミールバージョン)が転がっていたので、補助的に使えないかと実験。コードでつなぐのは面倒くさかったので、転がってたナショナルのPW-4Nを使って、他のモノブロックストロボに同調させてみた。

いつもの間隔で、ソニーのαをマニュアルモードに変え、1/60秒にセット。がしかし、どうも同調していない(笑) 画像を見ると、光っていない。そこでシャッター速度を色々変えて実験。すると、1/50秒以下でないと同調しないことが判明。当時の設計がこうなのか、それとも機械的に劣化してこうなったのかはわからない。試しに、5200iをカメラシューに直接取り付けると、1/160でも普通に切れる。やはり、想定してない使い方が原因なのかもしれない。ちなみにミノルタの5600HS-D+PW-4Nは、普通に1/60でもOK。やはり設計の違いなのか。20年前の5200iに期待するのが間違ってるのか(笑)

α専用フラッシュであるものの、手動で光量も色々変えられるので使えなくはなさそう。スレーブユニットのPW-4Nもいっぱい転がってるので、近々使ってみよう。海外から安いモノブロック取り寄せたほうが早いのは気のせい(笑)