備忘録 – WordPressのドメイン変更

ワードプレスの動作テスト用ドメインから実際に運用するドメインへの引っ越し。

ファイルを全部コピー。

phpMyAdmin からデータベースをバックアップ>移行する。

移行先のphpMyAdmin 画面で、SQLタブ。

sql-screen

で、下記のおまじない。

UPDATE wp_options SET option_value = replace(option_value, ‘旧url.com’, ‘新url.com’) WHERE option_name = ‘home’ OR option_name = ‘siteurl’;

UPDATE wp_posts SET guid = replace(guid, ‘旧url.com’, ‘新url.com’);

UPDATE wp_posts SET post_content = replace(post_content, ‘旧url.com’, ‘新url.com’);

UPDATE wp_postmeta SET meta_value = replace(meta_value,’旧url.com’, ‘新url.com’);

大抵これで大丈夫。.htaccess等、手動で入力した部分は再設定。

同一サーバー内の時は、public_html下のディレクトリー名をスワップして、データベース修正。

 

ALP46 電気機関車 NJ Transit ヘリテージ塗装ウソ電

NJ Transitが、40周年記念でヘリテージラッピングを施したニュースを見て、昔作ったウソ電を思い出しました。もう4年ほど前でしょうか。 ALP46 勝手にヘリテージコレクション(笑)当時 ACS-64のウソ電で疲れてたため、ちょっと雑ですが(笑)
これが原画。

alp46-original

ここからはコラ。

alp46 disco stripe
nj transit disco stripe

 

alp46 lackawanna
Lackwanna

 

alp-46 erie
Erie

 

alp-46 CNJ yellow
Jersey Central Lines

 

alp-46 CNJ red
CNJ Red

 

alp-46 CNJ green
CNJ Green

 

alp-46 njdot
NJ DOT

 

はい、単に暇人です(笑)

 

タブレットの充電不良

数か月前から、タブレットの充電が満タンにならないと父に言われてたものの、特になんの対策も講じず(笑) そんな中、先日ついに全く電源が入らないと苦情?が(笑)
まぁ安い中華タブレットだったので、もう寿命かな?なんて思いながら、いったんお預かり。

自室で電源押しても、オールリセットを押しても反応なし。完全に放電しきってる。この感じだと充電器が駄目っぽい。でも充電器をつなぐと、充電中のランプは点く。という事は、電圧か電流の問題? かと言ってタブレットを分解してテスターで調べるのも面倒。だけど電気がきちんと流れているか調べたい.・・・ そんな時に便利なのがチャージャードクター

charger doctor

アマゾンかどこかで買った安いやつ。ケーブルの途中につなぐと、電圧(V)と電流(A)を表示してくれるグッズ。まずは問題の充電器+ケーブルを使用してタブレットにつなぐ。
充電

電圧はきちんと5V出てるけど、電流は0.25A。ちと少ないかな。

次にケーブルだけ別の物に交換し、電圧・電流を測定してみる。

USB 0.86A

お、0.86アンペア。ケーブル替えるだけで最初の3倍。ACアダプタの変圧部分というよりケーブルがダメっぽい。ついでなので、自分がスマホ用に使ってるケーブルも測定。

USB 1.12A

お、このケーブルだと 1.12A出た。不良ケーブルの4倍。

電流は、水道で例えると水道管の太さ。太いほど大量に流せるため早く充電できる。不良のケーブルで満充電できないのも納得。恐らく使っているうちに線か接続端子が痛んでしまったのだろう。

ケーブル不良という事で、ストックしてた別のケーブルに交換。繋いでしばらく放置。すると充電が始まり、タブレットは問題なく立ち上がった。

充電中のタブレット

今回のように充電ランプは点くけど充電できない場合は、変圧部分と一緒にケーブルの状態もチェックした方がいいみたい。最近充電遅いな、と感じたらケーブルを疑ってみるといいかもしれません。