ビクター JX-S500 AVセレクターの修理

日本ビクター(現JVCケンウッド)のAVセレクター JX-S500。相当昔の機種ですが、安価な上、構造が簡単、操作しやすい事もあり、長年使ってます(笑)最近は出番が減ってきましたが、一番多い時は20台併用するほど愛用していました。

ビクター JX-S500

何故このAVセレクターを選んだかというと、ジャンク品の安さ。 電解コンデンサーの劣化で通電NGになる物が多かったので、昔はヤフオクで500円(送料別)くらいで買えました。下手なボタン式セレクターより安い。パッシブタイプのボタン式は、大抵接触不良が起きて映像がチカチカ。スイッチに触れただけで画が乱れたりして結構曲者です。それに比べてこちらは、機能も豊富な上、作業とは別にモニター出力が切り換えられるなど大変便利です。

JX-S500 の主な特長

メーカーが謳うセールスポイント。取扱説明書より転載してみましたw

  • S端子付のビデオ機器にも対応し、広帯域ビデオ回路を内蔵。
  • ビデオ機器5台接続が可能なデッキ入出力端子、モニター出力端子、プロセッサー接続端子を装備。
  • ビデオ機器4台による相互ダビング、
  • 2系統独立の並行ダビングが可能。
  • 全ての入出力端子にS端子を装備。
  • ビデオエンハンサーやグラフィックイコライザーなどのプロセッサー危機が接続d切るプロセッサー端子を装備。ビデオ用、オーディオ用が独立して使用できます。
  • 高性能くし形フィルターによるY/C分離回路をモニター出力に内蔵、従来のビデオ信号も、S端子付カラーテレビのS端子入力で見ることが可能。
  • 出力モニターはもちろん、ソース切換スイッチ操作に関係なく、本気に入力されている信号を確認できるモニタースイッチ付き。
  • オーディオ外部入力端子を装備。
  • 接続に便利な前面入出力端子1系統(前後切換スイッチ付)を装備。

JX-S500の分解方法

JX-S500を分解するには、キャビネット左右のネジと背面のネジ全てを外します。本数が多いので結構疲れる。毎回電動ドライバーが欲しくなります(笑)

AVセレクターのネジ

AVセレクターの上ぶた外すと、まず見えるのがビデオ基板。下記赤丸のネジとストッパーを外すと、基盤が外せます。線が結束バンドで止まっている場合は、バンドを外すか切ってから作業して下さい。

jx-s500 audio pcb

下の基盤はオーディオ基板と電源の一部。こちらは下記の赤丸のネジを外すことで取り出せます。

jx-s500 video pcb

交換する電解コンデンサー

ビデオ基板(上の層)は、端子寄り中央の電解コンデンサー2個。大抵液漏れしてます(笑)そして臭ってます(笑) 同等の部品を探して交換して下さい。 うちのは6.3v 2200μfが入ってました。

video pcb capacitor

オーディオ基板(下の層)は、トランス横にある大き目の電解コンデンサー2個。ここも大抵液漏れしてます。腐ってます。臭ってます(笑) 同等の部品を探して交換して下さい。 うちのは16v 2200μfが入ってました。 足元が黒いのは、前入ってたコンデンサーの液漏れ跡。

audio pcb capacitor

まずは、この4個を交換して様子見。大抵の場合、これで復活します。ただ、他の部品も同様に劣化していると思いますので、テスター等をお持ちでしたら、ちまちま1個ずつチェックしてあげるといいかもしれません。画質が気になる方は、ビデオ周りのコンデンサー替えてあげると気持ちよいかもしれません。

そんなわけで、今回も無事復活。
非常用バックアップなので当分出番はありませんが(笑)
あなたも是非w

A5サイズの鉄道模型レイアウト作ってみた (II)  車輌編

A5サイズ鉄道模型レイアウトが作れても、走行できる車両がなければ意味がない。という事で専用車両も制作。 流石に動力まで作る気はなかったので、最も手軽な既製品、トミーテック製はこてつ動力ユニットをセレクトしてみました。

Tomytec HM-01 はこてつ動力ユニット

このはこてつ動力ユニット、足回りの側面もお好みで取り付けられる上、モーター周りも結構コンパクトに仕上がっていてお気に入り。蒸気機関車のようなボイラー部が細くてもなんとか収まります。ただ裸で使った場合、錘が載せられないため、走行性能がダウン。特に線路との密着が甘くなるため、線路の状態によっては集電が不安定になり、動きがぎくしゃくするのが難点です。

とはいえ、蒸気機関車な気分だったので、蒸気機関車はBタンクスタイルで決定。少しでもボイラーがコンパクトになるようにと試行錯誤。側面の水タンクの高さで、動力の出っ張りを隠して何とか収めました。試作品を並べてみました。

奥から初代、手前が最終品。

客車は、SLに合うようにとアメリカのヘビーウェイト客車を参考にフリーランス。クレレストリールーフ(二重屋根)をアクセントに作ってみました。同じ客車を2個つなげてもつまらないので、1つは座席車、もう1つは展望車仕様に。車両が短いため、ドアは片側のみですが、なんとなく雰囲気は出せました。

Coach(座席車)と Observation car(展望車)

客車の足回りは、以前カプセルプラレール用に作ったものをサイズ変更しました。立派な手抜き品(笑)もうちょっと頑張らないとダメですね(笑)

ミニレイアウト走行の最大の難関は連結部。最初は、はこてつ付属のフックと輪っか?で対処しようと思ったものの、見た目が美しくない(笑)とは言っても、普通のカプラーでは、カーブ時に脱線してしまう。車間を広げるのも美しくない。ここはお金をかけて伸縮式カプラーを購入しようと思ったものの、貧乏人のため予算不足(笑)結局、カプラーの土台そのものも首を振れるよう取付し、2段階で曲がる形にしました。少しでも車間を詰めたいため、半径60mmのカーブで車間がギリギリになるよう、車軸位置とカプラー取付位置を決め、無事クリアできました。カーブ時はこんな感じです。

60mm R を通過する客車。

カプラーの土台ごと曲がる仕掛けの最大の難点は、連結時。連結時に指で首を揃えてあげる必要があります。けれど、逆にそれだけなので、今回のような限定的なレイアウトでは十分かもしれません。

C.U.R.R. (Central Union Railroad)架空鉄道会社の3両完成。

CURR 3両セット
架空 Central Union Railroad 3両セット。非売品(笑)

並べると結構それらしくなったので満足です。いい加減な撮影と編集ですが、動画もアップしてみました。笑ってやってください^^

A5サイズの鉄道模型レイアウト作ってみた (I) ジオラマ編

アメリカ北東部。アパラチア山脈のふもとにある小さな村 ヨノン。カナダから移り住んだYonon一家が開拓した事からYononと名付けられた。そんな村をモデルに作ったのがこのA5レイアウト…とかストーリーがあればよかったのですが、適当に付けただけという(笑)埼玉県民なら、ん?と思うような地名(笑)

このA5レイアウト、去年の夏に一度完成したものの、イマイチ面白さに欠けてたため、年末に土台をくり抜いて川を新設。村の小物類をより精度の高いものに作り変えるなど、結構手間のかかる再開発を実施。結果、まぁまぁ納得いくものに仕上がりました。

A5レイアウト

A5レイアウトの土台に使ったのはダイソーの木箱。レールはフレキシブルレールを強引に曲げて固定。かなり無理しているため、枕木からレールが外れるほど反発力があります。レール固定用の釘も何度も吹っ飛びました(笑) シーナリーの素材はみんな大好きな?Woodland Scenics

本当はもっといろいろな小物を詰め込みたかったものの、スペースの制約が想像以上にきつく、結局1軒+待合室に。レンガの建物は相変わらず厚紙製。ただドアや窓枠には3Dプリンタを使いました。

brick-building

待合室の方は試しに3Dプリンタで作ってみました。緑も増やしたかったのですが、なんかジャングルみたいになってしまったので、背の低い木を数本という形で密度を下げました。

駅周辺。ホームもこれ以上長くすることができず、客車2輌分の長さに。待合室、ベンチは3Dプリンター。ホームは厚紙。柵はプラ棒。人は既製品。

駅

メインストリート。青い郵便ポスト、消火栓、公衆電話、ゴミ箱は3Dプリンターで製作。こういう小物って意外と売ってないですね。

建物裏の金網フェンス。ダイソーで売ってたメッシュ素材を切ってスプレーするだけで結構それっぽくなりました。お気に入り。金網フェンスが入るとちょっと生活感が出るかなと。廃タイヤなんかも添えてみました。

川。本来川底はもっと緑なのですが、木枠に囲まれて光が届きにく暗くなってしまうので、明るめの青に。

ジオラマ 川

手間はかかりましたが、いろんな要素をA5サイズに収められてよかったです。車両の紹介はA5鉄道模型レイアウト作ってみた (II) 車輌編の記事で。

今日はこの辺で^^

尾久ふれあい鉄道フェスティバル行ってきた

先週ですが、尾久駅そばで開催されたふれあい鉄道フェスティバルに行ってきました。 今回は機関車の展示が1両のみと寂しい内容でしたが、私の目的は働く車輌大集合のほうでしたので好都合。3DプリンタでNゲージの保線車両を作る予定なので、細部を実際に目で確認したく訪れました。

バラストレギュレーター スペノレール削正車 ハラスコレール削正車 マルチプルタイタンパー モーターカー

唯一展示されていた電気機関車 EF65 500番台

ef65-501 さくら

反対側は出雲のヘッドマークでした。その他、185系、12系、E655などが展示されていました。

目まいで具合悪くなるものの、何とか細部の資料写真が撮れたのでめでたしめでたし。帰路の途中、具合悪そうな私に気遣って声をかけてくれたお姉さんありがとう。

 

新たな3Dプリンタ Anycubic Photon 導入しました

先月初旬でしたが(笑)、光造形方式の3Dプリンタ Anycubic Photon を導入してみました。読みはエニ―キュービック・フォトンです。光で硬化する液体を薄く張り、紫外線を希望の形状で当てて、その薄く固まったものを積み上げていく方式です。業務用はレーザーを用いますが、この機種は紫外線のLEDを使って硬化させるため、個人でも所有できる大きさです。半面、出力時間は長くなります。

本体の形状はこんな感じ。

Photon本体の大きさは、23cm x 23cm x 高さ 40cm くらいです。正面向かっての右側に電源スイッチとUSB端子があり、ここにデータの入ったUSBメモリを差し込みます。

背後は電源端子と排気部。

3Dプリンタが届いて、最初にやるのがZ軸(垂直方向)のセットアップ。

付属の説明書を見ながら、土台と液晶を平行に合わせて、隙間を紙の厚さにセットします。土台を固定する工具は付属してます。

次にデータを作成するソフトをインストールします。付属のUSBメモリーには、STLなどの3Dデータから本機用のデータ(photon形式)へ変換するソフトが入ってます。このソフトで手持ちの3Dデータを専用ファイルで出力します。出力したファイルをUSBメモリに入れて機械に接続します。

バットに光硬化樹脂の液を入れます。

タッチパネルを操作して、希望のデータを選択>プリント。

設定や大きさにもよりますが、1~15時間かけて出力。
出力完了の合図があったら、へらなどを使って土台から出力品を外します。

イソプロピルアルコールで余分な液を落とします。洗浄がおわったら、再び紫外線を当て完全に固まらせます。

仕上がり品は綺麗ですが、液がドロドロのため、周辺を汚したり、臭いがきついなど難点も多々あります。正直なところ、同居人がいる部屋や寝室では難しいかと思います。また、液は有毒なのでペットや小さいお子様がいる環境では細心の注意が必要です。化学物質アレルギーの方も注意が必要です。日当たりが良すぎても、不意に固まってしまうため、日は入らないけど通気性のいい部屋、もしくは臭くても困らない広い空間が必須かと思います(笑)

Photonは海外製品なので、トラブルシューティングやメンテ・部品取り寄せ等のサポートは英語でのやり取りとなります。臭いなど難点も多々ありますが、フィラメントを使うFDM積層方式とは比べ物にならないほどのディテールを再現してくれます。精密な物を作るにはお勧めです。

あなたも是非^^

 

キヤノン PIXUS iP7230 インクジェットプリンターの分解方法

キヤノン ピクサス iP7230ですが、使い込みすぎてローラーのゴムがボロボロ。盤面印刷すると付着してしまいます。

iP7230 ディスクの汚れ
 
あまりにも汚いのでローラーを掃除しようと分解してみました。分解はマイナスドライバがあればOKです。

まずプリンタ裏面を手前にし、下記の2箇所の隙間を確認。

iP7230 分解方法

ドライバを差し込みながら、細長いプラ部品を手前に引き、外します。

iP7230 ロック解除

上ぶた、前ぶたは持ち上げるだけでOK。

iP7230 上蓋取り外しiP7230 前ぶた外し

光沢のあるサイドパネルは、下記矢印のロック部分を持ち上げて外します。反対側も同様です。

iP7230 サイドパネル外し

黄色いケーブルを外します。

iP7230 ケーブル外し

下記2箇所にドライバーを差し込んでロックを外すと、上蓋が外れます。

iP7230 内側の上蓋外し

あとはお好きなように掃除してあげて下さい。

うちのローラーはこんな感じでした。

iP7230 ローラー汚れ

ぷきぷきした後。

iP7230 ローラー清掃後

組立は、逆にやれば大丈夫です。

あなたも是非(笑)

 

ダイソー デザインナイフ 115 & 替刃 116 買ってみた

普段の模型工作は、アメリカのX-ACTOのデザインナイフを使っています。ただ、 ダイソーで売られているデザインナイフも形が似てるなぁ、という事で、ちょっと買ってみました。

ダイソー・デザインナイフ

ダイソーデザインナイフ No. 115は、グリップ+刃1枚、No.116の方は、替刃10枚のみ入っています。X-ACTOの11番と並べてみました。替刃の形状もよく似ています。ダイソー 116とX-ACTO 11番

グリップと刃を入れ替えてみましたが、しっかり留まりました。耐久性は分かりませんが、代替できるかも。替刃とグリップを入れ替え

折角だったので、セリアで替刃3枚付のデザインナイフも買ってみました。

このデザインナイフは、替刃の形状からわかるように、専用のもののようで、ダイソー・X-ACTOのグリップには入りませんでした。逆も無理。

てなわけで、ダイソーの115,116番は、グリップ・刃共にX-ACTOとスワップして使う事が出来そうです。耐久性は?です(笑)

デザインナイフいろいろ

あまり役立たない情報ですみません(笑)

 

パナソニック NV-SV150B ビデオデッキ 修理してみた

トラッキングが合わないビデオテープがあったので、試しにこのパナソニックのS-VHSビデオデッキで再生してみようと 電源を押したら無反応。 どうも使わない間に電源が死んでしまったらしい。とりあえず修理にチャレンジ。

ビデオデッキの分解は、トップカバー>前カバー>メカの順で外します。

VHSメカ取出し

電源回路は下のメイン基板と一体なので、全ばらし、基板を取り出します。

ビデオデッキメイン基板

早速電源回りをチェック。思いっきり電解コンデンサーが吹いてます(笑)

液漏れ電解コンデンサー

新品の10v 1000μF (105度) があったので交換。通電してみます。

ムムム。ビデオデッキ無反応。どうもこれだけではないみたい。耳をすますと、トランスから音が。ここまでは電気が来てる。ネットで色々調べていくと、電源はツェナーダイオードを疑えと書いてあったので、テスターでちびちび通電テスト。そしたら噴いた電解コンデンサーのお隣のダイオードがバカになってる。

故障のツェナーダイオード

このタイプのダイオードは、抵抗のような共通のカラーコードが無いらしく、メーカー独自の物らしいので、詳細不明。在庫もないので、他の壊れたパナソニックビデオを漁り、同じ色・形状の物を探して移植。

再生テスト

お、電源が入りました。とりあえず仮運用、あとで部品を調べて、交換することにします。

仮ですが、とりあえず使えるようになって、めでたしめでたし。

 

ミノルタ MD 50mm f1.4 分解掃除してみた

ミノルタ MD 50mm f1.4付のXDが近所のハードオフで864円。レンズにカビがあったものの、掃除で何とかなりそうな予感がしたので、レンズ欲しさに即購入(笑)

とりあえず手前のネームリング?輪っか?を外す。

側面の隠しネジを取り、筒を回して外す。

フロントエレメントを止めてるネジ3個を外す。

レンズクリーニング液クリーニングペーパーを用いて拭き拭き。今回のカビは、これで取る事が出来ました。絞り解放の状態であれば中玉も掃除出来ます。レンズのカビだけでしたら、この程度の分解で大丈夫のようです。

このままでは物足りないと、私は更に分解(笑)

グリスが劣化したせいか、ピントリングもかなり重くなってたので、グリスを適当にふき取って量を減らしてみる事に。結果良好。軽くなったところで再度組み立てました。

ピントリングも分解してしまったため、無限遠の位置が変わってしまったりと色々苦戦しましたが、何とか使える状態に。危なかった(笑)

近々 MDアダプタ買ってミラーレス機で写してみたいと思います。

あなたも是非^^

 

ソニー サイバーショット DSC-WX500 の使用感

DSC-WX500 を入手したのは3月。たまたまジャンクで見つけたのがきっかけです。ソニー Cybershot シリーズの1つで、30倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ。ソニーDSC-WX500

普段はデジタル一眼 α77m2をメインに使っているため、出番ないだろうな~と思いきや、意外と日常的に使っています。むしろ、α77m2より便利な場面が多く、重宝してます。最近のカメラ市場は、デジタル一眼かスマホかの2極化でコンパクトデジカメにはあまり光が当たりませんが、個人的にはコンパクトデジカメのメリットも結構あると最近感じています。

普段撮るものは、小物、食べ物、鉄道で、気まぐれでストリート。腕はさておきカメラを弄ってるのが好きです。ほぼ毎日デジタル一眼を持ち歩いてますが、荷物の都合で持っていけない時や、室内でちょっと撮りたい時に、DSC-WX500がパワーを発揮します。操作メニューもα系と似てますので、個人的には覚えやすかったです (説明書は見た事ないw)

いいなぁって感じてる点

  • コンパクトさ(そのままw)
    コンパクトデジカメなので小さい。お出掛けやビデオ撮影がメインの時など、荷物を増やせない時でも携帯できます。
  • マクロが楽
    デジタル一眼でマクロ撮影する場合は、マクロレンズへの交換が必要ですが、DSC-WX500はスイッチオンですぐ撮れます。また、デジタル一眼はセンサーサイズやレンズの都合で、コンパクトデジカメより被写界深度が浅かったり、焦点距離が長かったりするので、物によっては、イメージ通りに写せない場合があります。特にミニチュアの撮影では、遠近感も重要な要素になり、24mm*ワイド側でぐっと寄れるDSC-WX500は重宝してます。スマホと違って、絞りも簡単に調整できるので、被写界深度も自由自在。
  • 超望遠
    デジタル一眼で720mm*を得ようとすると大変な機材ですが、DSC-WX500はポケットに入る光学30倍ズーム。超望遠時のレンズ描写は、確かにコンパクトデジタルっぽさがありますが、写せないより写せた方が幸せな気がします(笑)大好きなあの子の隠し撮り?に便利かもしれません(笑)どの程度の望遠なのか、サンプル貼っておきます。

    ワイド側 24mm (35mm換算)

    望遠側 720mm (35mm換算) 上の赤枠内
  • AFと発色
    鉄道が好きなので、走行中の列車を撮ったりしますが、日中の通勤電車の正面や7:3は、AFで難なく止めてくれます。今のところピンボケの経験はありません。Pオートだと被写体ブレを起こす恐れがありますので、Sモードでシャッター速度は速めに設定しています。

    流し撮りとかそういった表現には向かないかな。(ちょっと試したけどうまくいきませんでした)発色ですが、以前使ってたCoolpix S3500よりいい印象。カラーフェイリアも少ない気がします。バリオ・ゾナーさんのお陰なのかしら?ごく稀に、ん?ちょっとアンダー?っていうのが出ます。

イマイチだなぁって感じる点

  • 低照時の画質
    これは致し方ない事なのですが、ISO感度をオートにして室内等で撮ると、多くの場合ISO3200に設定されザラザラに。その都度ISOを変えるのが面倒でちょっと不満。個人的な解決策として、室内の小物スチルはマルチショット800~1600、屋外ではAUTO、の2つを行き来して対処してます。DSC-WX500にHDRはついてませんので、露出差が大きいシーンはちょっと辛い。
  • 液晶のティルト
    ローアングル撮影時は便利ですが、出来たらハイアングルにも対応して欲しかった気が。まぁ大きさを考えるとこの辺が限界なのかしら。
  • 連写後のバッファー
    連写中に一旦シャッターから指を離すと、バッファーからカードへの書込みが終わるまで次の撮影ができません。連写して、ちょっと休んでまた連写、ってのは、事実上不可能ですので、結構ストレスがたまります(笑)

今のところはそんな感じでしょうか?また気になる事があったら書きます。

DSC-WX500、あなたも是非^^

*レンズの焦点距離は、35mm換算値

トム平野の活動記録 & 独り言。