E60CP改造中

何を血迷ったのか、数日前から、急にBachmann E60CPのお直しに着手。ベースのNゲージは1984年頃のもののせいか、顔の表情がなんか違う。

数日前はとりあえず運転台の窓を小さめにパテで塞ぎ、ナンバーボードも気持ち上に上げてみた。違和感ありありの運転台へのステップラダーも削り落とし。

E60CP-modification1

そして、E60特有のノペっとした表情を出すために、思い切ってスカートを塞ぐ。あまり考えず、プラ板をくっつけちゃったので、果たして無事走行できるか。カーブが曲がりきれなかったりして(笑)

Adding skirt to E60CP

今晩はここまで。どうなることやら(笑)

 

東武東上線 TJライナー 7周年

先日6月14日で7周年。あっちゅー間ですね。懐かしのデビュー写真でも貼ってみます。(この写真はTJ車両のお披露目って言った方が正確ですね。3月だったかな。)

TJライナー車両 デビュー

今回の7周年セレモニー、終わった後に知るという、東武愛がちょっと欠けてる、やる気のない鉄道ファンみたいです。すみませんw
とりあえず、翌15日に2本撮ってきました。

作業中抜け出してみずほ台で1枚。

TJライナー 7周年

帰りにふじみ野で1枚。

TJライナー 7周年

他にも撮影されてる方数名いらっしゃいました。ヘッドマーク提示は、あと1週間くらいらしいですので、撮り鉄の方はお早めにどうぞ。

 

HDMI2AVコンバーターを試してみた

HDMIの信号を従来のビデオ信号に変える変換アダプター、
HDMI2AVを購入してみました。    hdmi2av

非常にちゃっちいハウジング。バスパワー駆動なので、通常の使用でしたら別途電源を用意する必要がありません。早速本機をBDプレーヤーとテレビの間に噛ませて繋いでみるとhdcpによるブロック

あちゃー HDCPのせいか、バスパワーが足りないのか映りません。

となれば、あの技。某HDMIスプリッタ―を噛まします。hdmi2av-with-splitter

すると

正常画面

ほぉ。映りました。

肝心な画質ですが、ビデオ信号なのでこんなものかなと。全体的に色が薄く、ちょっと飛んじゃった感じなのが残念。正直なところ、あまり実用的ではないかな。このままお蔵入りしそうです(笑)

ただバージョンが複数あるらしいので、たまたま私が買ったものがイマイチだったのかもしれません。参考までに他のバージョンと内部比較。

hdmi2avの内部比較

もう一台の方は、電源を繋いでもまともに映らずw 外見はそっくりなんですが(笑)かなりロシアンルーレット的買い物になりそうです。この製品に関していえば、返品や交換可能な、日本国内の販売店で買った方がよさそうですね。アマゾンなんかでも売ってます。

アマゾンでHDMI2AVを探す

チャレンジャーなあなたはぜひ(笑)

 

USBポートのテスター

USBポートって、みな同じと思っていましたが、どうも端子によってスマホの充電時間が違う・・・ そんな事が気になったので買ってみました。usbポートテスター

USB簡易電圧・電流チェッカー「CHARGER Doctor」。電圧を測るのは、テスターで頑張れば何とかなるのですが、充電で重要な電流は、テスターだとかなり大掛かりになってしまいます。電流を測るには、このような専用品が便利ですね。

繋ぐと電圧が表示されます。usb 電圧チェック

そして数秒ごとに電流も表示されます。usb 電流 チェック

電流は、スマホ等の機器が接続されていないと当然ながら0ですので、必ず測りたいものを接続してください。

端子の電圧・電流を測っていて気付いたのは、USBケーブルの品質も大変重要だという事。同じスマホであっても、ケーブルを替えるだけで電流が数倍かわりました。何かのおまけで付いてきたケーブルでは、60mAしか出なかったのですが、ちょっと太めのものに替えたら390mAに。前使っていたケーブルが足を引っ張っていたようです。
滅多に使うものではありませんが、一度調べておくと便利かもしれませんね。数百円ですし。

もしよかったら、Amazonの usb 簡易電流チェッカー のページへ。

あなたも是非(笑)

JR九州 ED76 鶴瀬号?

連日昔撮ったネガのスキャンとレタッチ。
今日の写真は、鉄分が濃かった若かりし頃、1989年だったかな。

ed76-89-side

お手製ヘッドマークを付けてもらって記念撮影。
きちんとドラム式で作りたかったけど、埼玉から九州への遠征だったため折り畳み式必須。苦肉の策で布製に(笑)
当時はPCで加工・出力なんて時代じゃなかったのでオール手書き。
寸法も適当で、大きすぎw

ed76-89-front

出来はイマイチだったけど、これはこれで楽しかった。
おバカな私たちに付き合って下さったJR九州・鹿児島車両所の方々には今でも感謝感謝。今では絶対聞いてもらえないお願い。そう考えると、昔は良かったなぁ。

車両所内を案内して下さった方の体が右端に写ってます。ありがとうございました!

RCA CMR300 ビデオカメラの修理

RCA cmr300

海外で生活していた頃、父が買ったVHSのビデオカメラ RCA CMR-300。1986年頃の製品で、日立マスタックスムービーのOEMぽい。日本国内向けのVM-500を簡易化したような仕様。10年ぶりに電源を入れたら無反応だったので、勉強ついでに修理を試みた。

cmr300-diassembly

ビデオカメラの電源スイッチを押しても電源が入らなかったので、まずはメイン基盤をチェック。

cmr300-mainboard

よくある電解コンデンサーの不良かなと、1個ずつESRメーターで値をチェック。ESR値が極端に高いものを順次交換。10個ほど替えたところで、電源は入るようになった。

しかしながら、VHSテープの映像は映るものの、カメラの映像は映らない。という事は、イメージセンサー周りの不具合なのか? とりあえずレンズ周りを色々弄繰り回す。すると、光量を調整するアイリスへ接続されたアームを精密ドライバーで突っつくと映像が出た。どうもこのアイリス周りが正常に動いてないらしい。

絞りに接続されたアームを精密ドライバーで左右に動かすと、明るさが変わるという事は、制御モーターがダメなのか?とりあえずグリップ部をバラす。

cmr300-cmos unit

すると、アイリスドライブと書かれた基盤エリアを発見。

cmr300-iris-drive-controller

とりあえず周辺の電解コンデンサーを交換してみる。が、しかし、何個替えても状況が変わらず。結局その基盤全てのコンデンサーを替えても変化なし。どうもほかにも原因があるらしい。

通電しながら、IRISのつまみを弄りながら動きを観察。すると、微妙に動こうとしているのを確認。ひょっとして絞り羽根が突っかかるのか?センサーとレンズ部の間にある、アイリスユニットを外してみることにした。

cmr300-iris

そして、さらに絞りそのものをばらすと、羽根に油のような付着物を発見。

cmr300-iris-blades

どうもこれっぽい。そばにあるギアの油が気化して羽根に付着してしまったのだろうか。結構べっとり付いてて動きが悪い。面倒だが1枚1枚ばらしてアルコールで拭き拭き。そして、組み立てなおしてみると・・・

cmr300-repaired

おー。ちゃんと明るさが調整されるようになった。油のせいで、絞りがスムーズに動かなかったのが原因だったようだ。アイリスが悪いという診断は間違ってなかったが、だいぶ遠回りしてしまった。まだまだ修行が足らないらしいw

とりあえず使う予定はないが、動くようになってちょっと嬉しい。今回はいい勉強になった。

おしまい。