「写真」タグアーカイブ

歴代愛用デジタルカメラ

下記は所有・愛用したデジタルカメラを一部紹介します。
ちょっとマニアックですが、分かる人は見てくださいね。
どうやら、私はミノルタマニアらしい・・・(笑)

1998

1999
Coolpix 900 ニコン Coolpix 900 (130万画素)

やっぱり時代はデジタルかなと思い、思い切って購入に踏み切った機種。レンズ部が動くのが想像以上に良く、 ローアングル時に役にたった。バッテリの持ちが悪く、画質的もイマイチだったため、室内で主にネットオークションやホームページ用として使用。当時のカメ ラはラチチュードが狭く、オーバーに非常に弱いので注意が必要。女性を撮る時は特に気を使う。
1999

2002
Coolpix 880 ニコン Coolpix 880 (334万画素)

130万画素に不満を感じ、買い換えたのがこの機種。写りが大変シャープ。発色はやや眠く感じることがあっ たが、おおむね良好。マクロがズーム全域で使用できたため、鉄道模型の撮影には重宝した。専用バッテリで大分電源の持ちが良くなった。しかし、マニュアル 機能が少なかったため、趣味のカメラとしてはイマイチだった。ズーム倍率も2.5倍ではなく、3倍以上欲しかった。
2002
|
2012
Dimage 7i ミノルタ Dimage 7i (500万画素)

ミノルタらしい発色で大変満足しているカメラ。液晶ファインダはピントの山がつかみ難いが、その不便さを上 回るほどメリットがあった。フォーカスエリア(ポイント?)が自由に変えられる点も素晴らしい。CCD情報からピンを掴むため、AFが遅く、鉄道写真は置 きピン前提。一番残念だったのは、マクロがズーム全域で使えない、あまり絞れないため被写界深度が浅かったの2点。ズームも28-200ではなく 300mmまで頑張って欲しかった。
2003

2012
Dimage Xi ミノルタ Dimage Xi (300万画素)

ちょこっとスナップに良いなと思い、衝動買いしてしまったカメラ。この大きさで光学3倍ズームは驚きだっ た。ちょっと危険な隠し撮り用?という説も(笑) カメラアングルを気にせず撮っていたため、新鮮な構図の写真に出会えた。でも結局機能の少なさに、出番 が減り、現在はうちの仕事場スタッフのレンタル機となってしまった。
2005

現在
α7 Digital コニカミノルタ α-7 Digital (610万画素)
待ちに待ったαのデジタル一眼。何より過去のレンズが活かせるのがうれしい。レンズを選ばないところも最高。白いものに過剰に反応してアンダーになってし まうのがちょっと難点。まあ、いままでネガがメインだったので知識がないだけという噂も(笑) 詳しくは専用コーナーで。
2006  Dimage Xt ミノルタ Dimage Xt (300万画素)

ジャンクで発見。付属品はオークションで落札し、トータル3880円で抑えた。Dimage Xiと似てはいるが、ウェブカメラにもなる所が面白い。クレードルで充電できるのもグット。バッテリーは、サードパーティー製でごまかします(汗)
2006 αsweet digital コニカミノルタ αSweet Digital (610万画素)フォト事業撤退のニュースを聴き、つい買ってしまった(笑)
7Dをもう一台買おうか悩んだが、コレクションとして考えたらこちらのほうが面白いかと。実際使ってみると、7Dよりリファインされていていい感じ。ボ ディの質感は7Dに負けるが、中身は結構いいですよ。一押し。こんないいもの作って即撤退なんてもったいない。
2006 Dimage X20 コニカミノルタ Dimage X20 (200万画素)

ジャンクコーナーで発見。外見がきれいだったので買ってしまった(笑)
CCD不具合でジャンクになっていたが、無償CCD交換対象品だったため修理出し。1050円で完動品となった。単三2本で動く所がgood。スイッチ入れるとグリップ付近のLEDがレインボー色に。ちょっと意味不明(笑)
2006  Dimage Xt ミノルタ Dimage Xt (300万画素)ジャンクで2台目のXt。こちらもCCD不具合でジャンク、無償CCD交換対象品だったため修理へ出した。無事復活。傷も少なく、メイン?のサブカメラ?になりそうな予感。
2006 Dimage X ミノルタ Dimage X (200万画素)

Dimage Xシリーズの初代機種。画素数は少なめだが、Xiと寸法はほぼ一緒。程度が良かったのでコレクション用にと購入。購入といっても相変わらずジャンク(笑)
2007 Camedia X-200 オリンパス CAMEDIA X-200 (320万画素)

XDピクチャーカードの実験用に購入した機種。毎度おなじみのジャンク(笑)
程度は良く、写りもよいのでお散歩用、と思ったものの結局お蔵入り。
単3形2本で動くので、市販の充電バッテリーで活用できる。
2008 DSLR-A300 ソニー α300 (1020万画素)

α200 と α350の間に位置付けされる元海外市場モデル。α350にα200のセンサーを積んだ感じ。α350と比べると、高感度設定時のノイズがあまり気になら ない気がする。なによりライブビューが使えるのが嬉しい。大伸ばししない私には1020万画素で十分。
2009 DSLR-A550 ソニー α550 (1420万画素)

なんとなく購入してしまった(ぉぃぉぃ)。おきピン 7コマ/秒、AF時で5コマ/秒は頼もしい。高感度設定時のノイズも大分良くなり、手振れ補正との組み合わせで夜間でも手持ち撮影ができるのが嬉しい。 シャドーとハイライトを両立させるHDRやDROも大変便利。
2011 Sony SLT-A55 ソニー α55v (1600万画素)

急用で購入。しかしながら、電子ファインダーの連写時のタイムラグが気になる。鉄道をズームアウトしながら連写する自分の撮影スタイルには合わず、ヤフオクへ(笑) ファインダーの質、ビデオなど優れていただけ、ちょっと残念。
DSLR-A560 ソニー α560 (1420万画素)

α55がどうも自分の撮影スタイルと合わず、結局光学ファインダー搭載機へ。性能は、α550+スイングパノラマ+AVCHD。動画撮影中はAFが作動し ない。しかし、実際に使ってみると、ほとんど気にならず。今ではビデオカメラより活躍中。1台2役は便利です。
SLT-A65V ソニー α65 (2430万画素)

α55からどの程度進化したか確認したく入手してみた(笑) 光学ファインダーには劣る部分もあるが、メリットも多い。α55に比べると大分ファインダー 良くなり、慣れでフォローできるレベルになった。α560よりAF精度がアップしてうれしい。動画もα55、α560より性能アップし、すばやくカメラを動かすと現れるローリングシャッター(ウネウネ感?)は格段に減った。
2014 slt-a77v ソニー α77 (2430万画素)

α65とどの程度違うか確認したくて入手してみた(笑) AF性能は、クロスセンサーの数の違いか、α65ほど外さない。AFマイクロアジャストがついてるので、AFを微調整できるのがいい。ただボディが大きい ので、ちょっとお出かけの時はα65の方が楽。発色等の違いは正直感じられなかった。中古だが、メイン基盤を交換してもらい安心。
2017 ニコン Coolpix S3500  (2005万画素)

コンデジ欲しいと思ってたところ、本機を発見。ジャンクではあったが、2005万画素が540円。買わない手はない(笑)ポケットに入れて持ち歩けるのがグー。
 ICLA-77m2 ソニー α77 II (2430万画素)

α77とどの程度違うか確認したくて入手してみた(笑) AF性能はα77より良くなり、成功確率が向上。GPSがなくなったのが残念だが、Eyefi等を使わなくても画像をスマホに転送できるのは便利。あまり撮ってはいないが、気のせいか発色は77の方が好みかなと思う今日この頃。

 

歴代愛用銀塩カメラ

下記は所有・愛用したカメラを一部紹介します。ちょっとマニアックですが、分かる人は見てくださいね。どうやら、私はミノルタマニアらしい・・・(笑)

1983

1985
 EV20 Keystone Everflash 20 (126)

小学生の時、近所のガレージセールで親に買ってもらったカメラ。セールスポイントはフラッシュが何度でも使 える(昔のフラッシュは使い捨てだったからね)、フィルムがワンタッチ装填出来ることだった。レアな126フィルム用だったため、フィルムが入手しづらく あまり活躍しなかった。Keystoneという会社は、8mmカメラメーカーとして有名だった。ストロボ回路で感電したのもこのカメラがお初だった(笑)
1985

1988
 VR35 K10 コダック VR35 K10 カメラ (35mm)

待望の35mmコンパクトカメラ。コダック製のカメラは、アメリカ国内では結構ポピュラー。写りは意外と良い。巻き上げは、「写るんです」同様の手巻き式、巻き戻しも手巻き(笑)一応、made in Japanだった。シャッター接触不良のため引退。
1987

1989
 SRT-101 ミノルタ SRT-101 (35mm)

一眼レフで本格的に撮り出したのがこのカメラ。露出計は内蔵だが、結構適正露出を得るのに苦労した。シャッター速度と絞りの勉強には大変参考になった。やはり最初は、マニュアルカメラで勉強すべし。といっても私は、鉄道しか撮ってませんが(笑)(父のを拝借、価格不明)
1989

1991
 X-700 New ミノルタ X-700 (35mm)

SRT-101のレンズ群を活かすために選んだカメラ。初のAEに感動した。高校生で貧乏だったため、中古 で入手した。今振り返ると、もっともカメラしてたカメラだ。マニュアルってやはり使っていて楽しい。結構お気に入りだったが、α用のマクロレンズを買うた め手放してしまった。
1991

2001
 α8700i ミノルタ α-8700i (35mm)

バイト先の社長に特価で店頭在庫品を譲ってもらった。目が悪かった自分にとってAFの力は凄かった。動態予測のおかげで鉄道写真がきれいに撮れたのもうれしかった。売りの高速シャッターは所有のレンズが暗かったため、一度も使わなかった(笑)
1992

2010
 α9xi ミノルタ α-9xi (35mm)

α-8700iの機能に物足りなさを感じたため、購入した機種。動態予測が想像以上に進化していて、度肝を 抜かれた。12000分の1秒をも切れるシャッターの安定感は使っていて心地よかった。カスタムカードで機能をお好みに設定できる所が面白かった。動く物 を撮るのに電動ズームは最高。XIレンズは中古でしか入手できないのが残念。
2006  α303si ミノルタ α303si (35mm)

ジャンクコーナーで発見。メカの状態は思ってたより良かった。今後、フィルムでの撮影予定はないので、観賞用?としてゲット。レンズつけて空シャッター切ってるだけでいいんです。
2006  α303si super ミノルタ α303si なんちゃってスーパー (35mm)

303siをジャンクコーナーで発見。パーツ取り用に買ったら、全然動作OK。外側が傷だらけだったので、別途壊れた303si superを入手し、中身を入れ替え。見た目だけスーパーとなった(笑) リモートレリーズ端子、金属マウントは無事移行できた。
2006  αsweet ミノルタ α sweet (35mm)

ファミリーユーズ型とはいえ、意外にグリップのホールディング性が良い。価格・性能・サイズ共にバランスが取れた良いカメラ。

 

写真との出会い

「写真」との出逢いを簡単にまとめてみました。って別に興味ないですよね(笑)

1983.09 初めて自分専用のカメラを入手。
  ev20s  いやぁ。小学生にとっては結構感動物でした。126フィルムでしたが(笑) ストロボが不調ということで安く入手。分解して遊んでいたら、指がコンデンサーに接触。初のストロボ感電となりました(笑) 以後気をつけてます、とかい いながら先日22年ぶりに感電(笑) 次回は放電してから作業します・・・
1986.08 鉄道写真に目覚める。
AEM-7家族と出かけたついでに写すのが普通だったんですが、鉄道撮影を目的に自力で出かけたのは初めて。コンパクトカメラでしたが、当時の自分にとってはベストショットでした。すっかりはまってしまい、現在に至ってます。
1988.03 初めてフォトレタッチに挑戦。
Zeit Zs-staffZeit社のZ’s Staff というグラフィックソフトで、ビデオを静止画キャプチャし、加工して遊んでました。写真のデジタル化に興味を持ったのもこの頃です。お気に入りの写真を キャプチャして5インチフロッピーに収めてました。今でいう「フォトレタッチ」と「メディア書込サービス」に相当する作業ですね。まあ解像度が 320×200ピクセル、4096色なので実用性は全くありませんが(笑)
1988.08 初めて女性ポートレートに挑戦。
as1カ メラ雑誌などの影響で、フレーミングを意識してポートレートを撮ったのはこの頃。今思えば作品的にはぱっとしませんでしたが、カメラライフにとって大きな ターニングポイントに。美人クラスメートのAさんには高校在学中大変お世話になりました(笑)
1990.04 高校でモノクロ現像・プリントに挑戦。
phtcon「モノクロなんて」と思っていたが、これが実に奥が深く面白かった。当時情報技術研究部(俗に言うパソコン部)の部長であったが、写真部員の指導の下、時々暗室で遊ばせてもらった。酢酸の匂いが好きになったのもこの頃だった(笑)
1990.11 コニカ系の写真屋でミニラボと戯れる。
mst進路も決まり、余裕ができたので初バイト。写真のミニラボ機(自家現像機)にはまる。お客があまり来ない店だったので、思う存分自分の写真をプリントした。サクラカラーの初代ミニラボ機だったらしく、当時としても超レアマシンだった。
1991.03 フジ系の写真屋に乗り換える。
前勤めていた写真屋が暇すぎて閉店に(笑)急遽、近所の写真屋にとらば~ゆ(古)。フジフィルムチャンピオンPP1040というミニ ラボ機だったが、このマシンの色に惚れる。きちんと調整すると色に深みのある美しいプリントが可能。このころからフジカラー信者に。さらにリアラ信者に。
1991.11 いきなりスタジオ撮影。
ただのバイトのつもりで入ったら、スタジオ写真まで撮る羽目に。七五三はともかく、成人式は緊張しました。だって年上のお姉さまばかりなんですもの(笑) 外国育ちの自分にとって、着物姿は刺激が強すぎました(笑)
1994.01 留学先の大学でフルカラースキャナと遊ぶ。
デジタルコンテンツの課題で、HPの フルカラースキャナに出会う。ふたたび写真のデジタル化を考える。マイスキャナが欲しくなったのもこの頃でした。でも、使ってたノートパソコンはなんとモ ノクロでした(笑) カラー画像をモノクロ画面で見る日々が続きました。ちなみにプリンタはカラーでした(笑) エプソンMJ-700V2Cインクジェットプリンタは高画質フルカラーで画期的だった・・・
1994.01 初めて写真入りホームページを立ち上げる。
ncsaデジタルコンテンツの課題で、写真入りウェブを作成する。アメリカ・イリノイ大学で開発されたWWWブラウザ「モザイク」とメモ帳で作成。作者たちも、こんなにWEBが流行るなんて思ってなかったようです。
1994.09 初めてデジタルスチルカメラで遊ぶ。
qt100デジタルコンテンツの課題で、アップル Quicktake 100と出会う。35万画素、VGAが撮れる元祖?デジタルカメラだった。ただ液晶がないので、パソコンで見るまで全く分からないという難点も。画質はイマイチだったが、発想はすばらしかった。
1997.01 帰国後、画像処理屋を開業、貧乏になる。
chcフジフィルムピクトログラフィーやコニカミノルタフォトキレートという写真プリンタに出逢い、デジタル画像処理ビジネスを考える。いきなり開業し、一気に貧乏になる。 そして貧乏のまま?現在に至ります(笑)
(写真はフォトキレートプリンタです。当時100万近かった…)

 

電気機関車 ACS-64でおふざけ

はい、懲りずに続きですw

凝ってるというか、リクエストで作ってますので止められないw

ペンシルバニア鉄道(5本線)ちょっと緑すぎw

PRR green 5 stripe

おなじみのConrail

 

Conrail

マサチューセッツベイ交通局

MBTA

ペンセントラル

Penn Central

ペンシルベニア 1本線

Prr 1 stripe

ペンシルベニア 茶5本線

prr tuscan red 5 stripe

ペンシルベニア 銀(コングレッショナル)

prr silver

SEPTA(南東ペンシルベニア)

acs64 septa

もう大分飽きてきましたが、あとNYCとメトロノースのリクエストはやらないとダメみたいw

ではまたw

 

今日もフィルムスキャナRX-1・・・汗

今日は前半雨らしいなので、雨の間は過去に撮ったネガのデジタル化作業。
もう始めて8年経つけど一向に終わらないw

コニカ RX-1というWindows95/98時代の化石のようなフィルムスキャナを使っていんですが、
状態の悪いフィルムをスキャンすると、逆光で潰れた部分のディテールがうまく拾えません。
ハードのスペックというより、取込ソフトとフィルムのチャンネルデータが十分に発揮仕切れてない感じ。独自にキャリブレーションをして自作LUTを用意したものの、あまり納得いく結果が得られなせん。

文章で延々と説明してもアレなので、こんな感じ。
最初の一枚目はデフォルトの状態でスキャンしたもの。

夕日の中の列車のシルエット、といえばこれで良いのですが、車両の部分を優先的に明るくしていくとこんな風に崩壊(笑)

恐らくソフトとの組み合わせが悪いか、手元のハードそのものがおかしいと思われます(笑)
海外から取り寄せたジャンク品(故障・無保証)で購入したスキャナですからw
フィルムを状態悪いですし。
ただ機種が古過ぎて、もう資料も対処方法もわからない・・・。
となれば、自力で何とかするしかw

新しい取込ソフトにすればマシかな、というアバウトな発想でチャレンジ。ソニー用取込ソフトが
あったので、それで試したものの、当然ながらスキャナ本体を認識せず。ソフトの識別コードの部分を書き換えて、見つかるようにはなったが、今度は色が出ない。

フィルムスキャナの製造時期で色の管理方法が異なるのではと、別のソニーのフィルムスキャナからファームウェアを抽出・解析。そして、部分的に手直したファームをコニカ機に注入してみるといい感じ。色が安定した。

取込ソフトはコニカ用・ソニー用どちらでも動作するように。ただ色に関してはソニー版のほうが好み。ということで、ソニー版でシャドー部を明るくして取り込むとこんな感じに。

以前に比べれば、だいぶ良くなったので趣味用としては上出来かと。

とりあえずSony版のフィルムスキャナーユーティリティを使えば、Window 8.1 32bit版であれば大丈夫そう。とりあえず、自分のフィルムが終るまで持ってくれ。それよりスキャンし終わるまで、あと何年かかるのだろうw

<追伸>
Konicaのスキャンユーティリティー 2.12、Window 8.1でも動きますが、インストールが曲者なので普通には難しいかも。あとWin8の時は、動作が安定してましたが、8.1になったらやたらと強制終了するようになりました。なんでだろ。わかったら報告します?!w

 

布バック届いた

やはりバックがないと、折角の貰い物ストロボが勿体無いという事で、バックを3枚、海外から輸入。まずはムラバックを出してみました。

格安ムラバック

狭い事務所なので、バックの幅が余ってしまってますが、問題なく使えそう。閉店間際にスタッフの子を撮ってみましたが、なかなかいい感じに仕上がりました。あとは、ライティングとポージングの勉強です・・・こっちの方が問題(笑)

残りの2色は、白と緑。白は、ハイキー、緑はクロマキー合成をやってみようと思ってます。こちらの2枚は、不織布のような、ちょっとペナペナ感漂う仕様。まぁ洗濯OK&めちゃ安かったので許します(笑)

色々撮ってて思ったのが、もっと細かくコントロールできるストロボが欲しいなと。今の装置は2灯使えますが、独立して光量調整できないから微妙・・・ チャージもちょっとおかしい。と文句言える立場ではございません。いただきものですので(笑)

モノブロック3灯くらいでいいので、新調したくなってきた(笑) 買えないけど(笑)

PX-G5000

いよいよ修理不能になる日まであとちょっと。

顔料の出始めに買った機種ですが、今使ってる個体はハズレでした。

買って1年くらいはほとんど使用せず、1年過ぎたあたりから本格稼動。このため保証が切れてから初期不良を発見する悲しい結末。おまけに、ヘッドが頻繁に目詰まりし、クリーニングだけでインクがどんどん無くなる、すばらしいマシンでした・・・

つい最近まで、PX-5Vへの買い替えも検討していたのですが、この機種は、白の再現がイマイチ。厳密にいうと、白い部分とそうでない部分に、光沢差が発生してしまい、白だけ浮いた感じに。白には光沢がないため、白がくすんで見える・・・。ダメじゃんw

とりあえず、光沢紙止めてセミグロスペーパーでごまかすか、それともグロスオプティマイザのあるPX-7Vにするか。

悩んでます・・・ といっても、買うのは当分先ですがw