8mmビデオカメラのカセットエラー

ここ最近ブログサボってすんません。

久々に調子悪い8mmビデオカメラが出てきたので、ちょっと紹介。

MEなどのすべりの悪いテープで頻繁にカセットエラーが出てたので、ちょっと内部拝見。予想通り、キャプスタンローラーがテカテカでした。デジタル機種は、些細な不具合でもエラーが出ます。良いのやら悪いのやら。

この程度であれば、普通の8ミリビデオテープは問題にならないのですが、すべりが悪い8mmやベースが薄いテープを通すと、テープの端がわかめ状に折れたりして危険。クリーニングだけでも改善は出来ますが、ちょっとゴムも痩せてる感じがありますので、とりあえず、部品取り用のカメラのローラーと取り替えます。作業しやすいようにカセコン側のボディを外します。

んで、ローラーを取り出して並べてみました。

左がマシなローラー、右が取り出したローラー。左のローラーは目の細かい紙やすりで表面を整えました。並べて比較すると、あまり痩せてないかも(笑) まぁここまで来ちゃったので交換して組立。

さて、テストと思ったら部品付け忘れました(汗)

ローラーアームの下についていたもの。再度分解・組立になってしまいました。

2度手間で思った以上に時間が掛かってしまいましたが無事交換完了。
ローラーアームを固定するバネが曲者で、面倒くさかった。

ローラーアームを交換するには、いつでも通電できる状態で作業したほうが楽。バッテリーのアセンブリが無いと、バネの取り付けが地獄です(笑)

おしまい。