α300用の液晶探し

先日、液晶の壊れた、というか、液晶のないソニーα300をインターネットオークションで落札。銀塩カメラのように使えば、液晶がなくても遊べるかなと思ったら大間違い。設定すら変えられない(笑)と言うことで、資料がない状態での液晶探し。

とりあえずなんか買ってみんべとシンガポールの業者へ。使えるかもと言われたAcer製の液晶を1500円でゲット。しかし、取り付けてみるとコネクタは合うが画がおかしいw 若干配線を変えてみたものの、よくならない。仕方ないので、別メーカーのものをあたる。中国のとある商人から、枠なし裸パネルでよければ、B級品だが使えそうなのがあると言われたので、1個500円でゲット。同時に枠として使える液晶も入手。商人の指示通り、2つの部品を合体させて対応LCDを作る作戦となった(笑)

合体は、何枚ものシートを重ねていくだけの作業で簡単。

最後にフレキシケーブルの途中で半田作業という面倒くささはあったが、トータル5分。下の写真に写ってる上の液晶がAcer、下が今回合体したユニット。パチパチと填めるだけなので、きれいに仕上がった。

恐る恐る電源を入れてみると、出来ました♪ 無事表示されました。ただB級品なだけなって、ドッド抜けがw

α300への液晶取り付け後

まぁ、とりあえず映ったという事でめでたしめでたし。

今回は、1円でも安くというのがモットーだったのでかなり遠回りしましたが、お勧めしません。なぜなら、カメラの製造時期や販売地域によって、使える液晶が違うようなので。
リッチな皆さんは、素直に純正パーツを見つけて下さい。数十倍楽ですので(笑)

関連記事: