ソニーハンディカム HDR-HC5の修理

ソニーハンディカム HDR-HC5

ジャンク品で入手したソニーのHDV対応のデジタルハンディカム、HDR-HC5です。録画・再生も正常。レンズも良好。メカ部も大変綺麗なのですが、ちょっと残念な点が。

垂直同期の不良

液晶がクルクル状態。回ってよく見えない(笑) このままでもいいかなと思ったものの、タッチパネル操作に支障が。操作できなきゃ使えないという事で毎度のなんちゃって修理決行(笑)液晶へのケーブルが断線するとこのような状態になるという話を昔聞いたことがあったので、とりあえずその噂のケーブルを交換してみることに。

HDVの分解は初めて。そうバージン(笑) 普段より慎重に、底と右キャビネットを外してみた。すると意外と、簡単に取れちゃった。

8ミリビデオカメラ

修理屋に優しい作りだな~と感心しながら次のステップへ。ケーブルも簡単に換えられるだろうと作業を進めると、なんか段々大変に(汗) よく見ると、ケーブルが一番奥に。必死にネジと部品の相対関係を覚えながら分解(笑) 記憶容量超えたあたりで、やっとケーブルに到達。かなりのレベルでバラバラ(笑)

ビデオカメラの分解

ケーブルが見えたところで、事前に取り寄せておいた交換部品を出してみる。ちなみにFrom 香港(笑)

液晶フレキシブルケーブル

ん~、なんかカメラに付いてるケーブルと形状違うぞ(笑) 型番間違えたのか一瞬思ったが、あちこちに両面テープが。ひょっとしてケーブル自体も組み立てが必要なのか(汗) 古いケーブルを参考に、山折り、谷折り、両面テープ止め。かなり面倒くさい。10分も掛かりやがった(笑)

文句言っても仕方ないのでサクッと差し替え、一気に組み立て。恐る恐る電源を入れてみると・・・

HDVビデオカメラ修理後

お~~。予想的中。画の回転が収まった。テストで、昔撮ったHDVのミニDVを再生。問題なし。念のためSD画質のミニDVでもチェック。こちらも問題なく再生できた。数百円で復活することはいい事ですが、出来たら、もうやりたくない(笑)

今日はクリスマスイブでしたね。メリークリスマス(笑) 素敵な夜をお過ごし下さいw

おしまいw

 

関連記事: