「DVD」タグアーカイブ

海外向けDVDレコーダー パナソニック DMR-EH59 を買ってみた

海外方式に対応したDVDレコーダーが欲しくてオークションサイトを徘徊していたところ、久々にヤフオクで発見。ジャンク品ではありましたが、何とかなるだろうと落札(笑)

このDMR-EH59は、DMR-EH69の妹モデルで、EH69からSDカードスロットを省いた、廉価モデル。HDDの容量もEH69が320GBに対し、EH59が250GB。この姉妹の最大の特徴は、国内モデルと異なり、PAL方式でDVDやHDD録画ができるところ。ていうか海外向けモデルなので当たり前か(笑)

届いたので早速分解。ヤフオクの写真も綺麗だったけど、実物は想像以上に綺麗でびっくり。外観には傷があるものの、レコーダー内部の基盤や排気ファンはほとんど埃なし。通電時の香りも新品同様(笑)お店の展示モデルだったのかな?

dmr-eh59-inside

「画面が乱れるのでジャンク」と出品されていたけど、それもそのはず。そもそも海外方式の機械は日本のテレビでは映らない。念のため、セットアップ画面を確認。やはり接続するテレビが海外方式PAL。

pal-setup-dmr-eh59

うちのテレビは変態なので映ってますが(笑)

ついでに海外のDVDなど数種類入れてみましたが、どれも再生良好。

forreign-pal-dvd-playback

てなわけで、今のところ動作に異常はなく、大変いい買い物でした。HDD履歴と書込実験はそのうち暇を見つけてやってみます。いや絶対やらないだろうな (^^;

 

お気に入りDVD・ビデオコレクション (鉄道編)

鉄道が映るDVDやビデオをちょっと紹介します。当方、映画評論家ではありませんので、ストーリー性や完成度は無視(笑)アメ鉄が映れば良しということで(笑)

大陸横断超特急 Silver Streak (大陸横断超特急)

DVD(アメリカ版リージョン1)を入手。EMD FP7ディーゼル機関車重連+客車は本物で、モロ CP Rail(笑)外観のカットも結構あるので、ストリームライン客車が結構映る。客車内も見れてそれなりに楽しめる。終点のシカゴ・ユニオン駅も行った事があったためか、懐かしくて結構楽しめた。

DVD(日本語版)も最近出たみたい。 大陸横断超特急 [DVD]

暴走特急 Under Siege 2:Dark Territory (暴走特急)

DVDで入手した。アラスカ鉄道によってローノーズ改造されたGP7 2両を使用。客車は、撮影用にColorado Railcarが改造。客車は、結構ちゃっちく、側面がベニヤぽかったり、コルゲート部にお手製感が(笑)Southern Pacific の貨物列車と衝突するシーンは模型だった。当たり前か(笑)

まぁ、気楽に見れるDVDです。 暴走特急 [DVD]

Atomic Train Atomic Train (アトミックトレイン)

もともとは映画というより、HBOのTV用だったのかも。BC Rail の塗装に 架空のWestRailを貼っただけで登場。実車はMLW M420W型ディーゼル機関車。連結器がもげる(笑) 明らかに時代の異なる貨車が連なってる(笑)クリスティン・デイビスに萌え~一応、日本語版も出てたみたいです。

 

ビデオテープからDVDへのダビング方法 (初心者向け)

昔流行った8ミリビデオカメラ。昔撮り溜めたビデオテープ。テープの時代が終わった今、DVDやブルーレイ に移し変えたいとお思いの方も多いはず。仕事柄ビデオテープを扱っているためか、よく家庭でのダビング方法を尋ねられるので、家電を使ったもっとも簡単な ダビング方法を紹介します。

<ダビングに必要なもの>

1. そのテープを再生するビデオカメラ・ビデオデッキ (再生する機械がないと始まりません)

2. ビデオケーブル (黄・白・赤) または再生側に付属の専用ケーブル

3. DVDレコーダーまたはブルーレイレコーダー (外部入力端子必須。DVDプレーヤーや、最近の入力端子のないブルーレイレコーダではダビングできません)

<接続方法>

flow

大雑把に言いますと、ビデオカメラから出力された映像・音声をレコーダーに入力して録画するだけです。レコーダーのハードディスクに録画したものを、ディスクに焼きつければ、完了です。(ハードディスクのない機種でも、ディスクへ直接録画する機能があれば焼くことは可能です)

1. まず、再生側のビデオカメラ・ビデオデッキの準備をします。ビデオカメラの場合は、念のためACアダプターから電源を供給してください。途中で止まるといけませんので。

2. 再生機の出力端子を探し、そこにビデオケーブルの片側を取り付けます。下記のような汎用端子の場合は、ケーブルの色に合わせて差し込みます。(汎用ケーブルは100円ショップなどでも購入できます)

コンポジット出力端子

出力端子が特殊な形状をしている場合は、付属のケーブルを使って、ビデオカメラに取り付けます。ケーブルがない場合は、メーカーに問い合わせて指定のケーブルを入手してください。

専用出力端子

3. 先ほどのビデオケーブルの反対側を、録画機(レコーダー)の入力端子に接続します。こちらも黄・白・赤と色を揃えて接続してください。

前面入力端子 背面入力端子

<ダビング方法>

1. まず録画機となるレコーダーの電源を入れ、レコーダー上のチャンネルを外部入力にセットします。(一般的にはL1, AV1, LINE, AUXなどと表示されます。詳しくはレコーダーの取扱説明書を参照。)

2. 再生機側にテープをセットして、再生してみます。

3. この時点で、レコーダーの接続されたテレビに映像が映れば接続OKです。映らない場合は、もう一度接続方法の確認して下さい。また再生機側のビデオヘッドのクリーニングを行ってみてください。

4. 映像が確認できましたら接続OKですので、テープを巻き戻します。

5. 録画機(レコーダー)の録画ボタンを押し、録画をはじめます。

6. 再生機(ビデオデッキ・ビデオカメラ)の再生ボタンを押して、映像を送り出します。

7. テープが再生し終わったところで、録画機の録画を停止します。

8. 録画した映像から不要箇所を取り除き、ディスクに焼いて完了です。(部分消去や焼き方は、録画機(レコーダー)の取扱説明書を参考にして下さい)

今回は、黄・白・赤のビデオケーブルで接続しましたが、S端子を備えた機器同士でしたら、Sケーブルで接続すると若干画質が良くなります。さらに双方にDV端子を備えた機器でしたら、デジタル接続するのも良いかもしれません。

自力でダビングできればお金が節約できます。再生機器が既になかったり、接続できない場合は、お気軽にご相談下さい。うちでやってます (^^;   >
テクノメディアシステム

今回はこの辺で失礼します。

DVDレコーダー RDR-HX67の復活

ソニーのHDD/DVDレコーダ RDR-HX67のジャンクが転がってたので、早速チェック。

DVDレコーダ

電源入れると見事にHDD ERROR。ボタンも一切受け付けず。あ~これが処分の理由かと。

とりあえず中を覗いて、機器の状態をチェック。

inside of HX67

とりあえず結線も電源周りも大丈夫そうだ。埃もほとんどない。HDDからも異音がしないので、単なる初期化でいいのかと、いろいろネットを探すが初期化の方法がわからず。電源長押しでとりあえず電源落とた後、ソニーはボタン3個押しという噂を信じて、複数のパターンで電源オン。試行錯誤してる途中、HDD ERRORが出ず立ち上がった。

これはチャンスと、さらにいろいろ押しまくる。HDDはフォーマットすれば行けそうだなと、HDDボタンとの複合で押しまくり。出鱈目に押してたら、表示がFORMATに。おーいい加減な予想が当たったらしい。確かではないが、おそらく電源+HDDボタン。違ったらすみません。

HDD初期化

フォーマットが終わるとチャンネル1が現れる。恐らくうまくいったのだろう。んで問題はリモコン。ソニー製のリモコンをいろいろ試してみるのも反応せず。どうもリモコンコードが違うらしい。最近買ったBDレコーダーのリモコンなら使えるのではと、リモコンコードを片っ端から試す。108でビンゴ。メニューが出た。

dubbing

前のオーナーの設定か分からないが、本器のリモコンコードがDVD3だった。つまりDVD3=コード108ということみたい。結果的にBDレコーダ用のリモコンで共用になるが、STBボタンに108を登録できたので、BDとうまく使い分けられそうだ。

ハードディスクの初期化だけで復活してしまったレコーダ。まぁ、アナログチューナーしか積んでないので、何に使うかは不明だが、外部入力からの録画、DVD再生はできそうなので持っててもいいかな。DVDドライブが壊れたら、最悪HDDだけ取り出して、パソコン用として使ってもいいし。しばらくは遊べそうだ(笑)

 

DVD-Rのクリアケースは微妙

結構ポピュラーな透明のジュエルプラスチックケース。

実は、このケースでDVD-Rを保存するとDVDの寿命が短くなるというお話。

DVD-Rは、レーザー光で記録面に焼きを入れる方式。つまり光を当てたところと当てなかった所で、デジタルの0と1を再現してます。実際には、焼くというより、光で色素を変色させて程度。この濃淡を機械が読み取る仕組みです。

レーザーの強い光に反応する色素を使っているから、多少の光くらい大丈夫かと思っていました。しかし、実際のところ、一日中蛍光灯があたるようなオフィス環境の場合、一定期間で記録面の濃淡差が減り、やがて読み取り不良となることが判明しました。

それ以来、記録面に光が当たりにくい黒ケースを愛用しています。

黒いケースを敬遠する方が多いのですが、消えたら意味がありません(笑) なので好みより色で選んでください。そして、表からの光も遮るため、表ジャケットを付けたほうが良いと思います。より頑丈に保護したい方は、光を完全に遮る黒いトールケースがいいと思います。個人的には嵩張るのであまり使いませんが(笑)

テープからダビングしたDVDや、消えて困るような映像は、バックアップ作成だけではなく、光から記録面を保護することも大切のようです。

 

日本製DVD-RやBD-Rをお店で素早くみつける方法

電気屋や量販店に行くと、大量に積み上げられたDVD等のスピンドルを見かけます。種類もたくさんありますね。ユーザー的には、長期保存を考えると日本製がいいな、日本の企業を応援したい、と思うことがあります。そんな時、すばやく日本製を見分ける方法を紹介します。

まずは、スピンドルケースの形状に注目。左が一般的なケース、右が国産です。

違いがわかりますね。左は、上ぶたと黒いベース部分のつなぎ目に出っ張りがあります。右は出っ張りがなく、なだらか。実はこの出っ張りのないスピンドルケースが国内メーカー太陽誘電の特許らしく、太陽誘電から出荷されたスピンドルは、通常この形状で出荷されます。現在国内で生産されているメディアのほとんどが太陽誘電製ですので、このケース=太陽誘電製=国産 と言えるわけです。

ということで、他社ブランドで売られているDVDであっても、このケースに入っていれば、太陽誘電製=日本製となります。ブルーレイもCD-Rも同様です。こちらのパナソニックのブルーレイディスクも、ビクターのDVDもバレバレですね(笑)

国産のスピンドルをお探しの時は、とりあえずケースに注目してください。すばやく見つけられますよ^^

1枚ずつ調べたい場合は、開封する必要がありますが、ディスクのMedia ID(MID)を見ることにより調べることが出来ます。これはNEROについてきたソフトで、ディスクの情報の読み取り、表示した画面です。

この赤線の部分がMIDです。この場合、MID = TYG03 となります。TYはT aiyo Y uden の頭文字です。よって国産となります。ちょっと話が脱線しますが、DVDドライブはこのMIDを使って、ドライブ内の条件テーブルを呼び出し、焼き加減や書き込みスピードなどを調整しています。フィルムで言う、DXコードみたいなものです。あ、そっちのほうがわからないですね(笑)

そんなわけで、以上、国産ディスクの簡単な探し方でした。予算が許す限り、国産を買いましょう^^ 日本のためにも。

 

ビデオ編集に追われて

ここ一週間、見事に編集に振り回されています。

ビデオ編集中

おかげで他の仕事が手につかない(笑)

最近は、ハイデフ(ハイビジョン)のファイルが増えたため、標準画質のDVDに変換するのも時間が結構かかります。

Grass ValleyEDIUS系は、編集中動作が重くならないので重宝しています。前使ってたソフトでやったら、何日かかることやら。

只今変換の最中なので、インスタントおしるこでも飲んで休憩しますw