8ミリビデオカメラのHi8とVideo8の識別方法

今まであまり気にした事がなかったのですが、8ミリビデオテープがどう物理的に見分けているのか、ふと知りたくなったので調べてみました。

大抵裏面の穴や配置で識別するので、裏面を比較。予想通り、左下の穴の位置で識別してるようです。ちょうど、録画防止識別の赤い穴の上にあります。

ここが開いているとhi8、開いてないと普通のVideo8のようです。

極端な話、Video8のここに穴を開けると、Hi8として録画が出来ます。画質はテープ性能次第ですが(笑) 安いテープにハイエイト画質を録画しようなんていう奴は私くらい、かと思いきや、穴を開けなくても、一部Video8テープにHi8画質で録画するビデオカメラもありました。録画方式の名前は忘れましたがw 一見画期的なのですが、最大の問題は互換性がない所。他の機種に入れても何も映らないw 知らず知らずこの非互換モードで撮ってしまってる方もたまにいます。うちにも時々そういうテープが届きます。

ちなみにDigital8は、Hi8と特に区別してないようです。でも確かHi8テープ推奨でした。Digital8の時期は、Video8,とhi8のテープ価格の差があまりなく、気にするほどの事ではなかったと思います。

今回紹介したのは物理的な識別方法なので、Hi8テープの映像がどの方式で記録されているかは、機械に入れて再生してみるまでわかりません。そう考えると、この投稿はあまり意味がありませんw 大変失礼いたしました。