「VHS」タグアーカイブ

海外方式ビデオデッキ SV-5000W の修理 Part2

海外方式ビデオデッキのサムスン SV-5000W。実はVHSも地域によって記録される信号が異なります(海外方式一覧)。このデッキはPALやSECAMなど海外方式のVHSビデオテープを見たり、映像方式変換もできる便利なビデオデッキ。しかしながら、イマイチ頼りないクオリティーのビデオデッキでトラブル多発(汗)前回の修理は、設計不良によるメダカノイズ対策でしたが、今回はもうちょっと深刻。電源が入りません(笑)

海外方式ビデオデッキSV-5000W

コンセントに刺してみるものの、待機ランプも点かない、表示窓も真っ暗という状態。全く電気が来てないような感じ。とりあえず上蓋を開け、テスターで電源コードの断線チェックとガラス管ヒューズのチェック。いずれも異常なし。

となれば、毎度おなじみ電解コンデンサーの劣化かな?と思い、AC電源寄りをまずチェック。一番デカいコンデンサーをESRメーターでチェック。

ESRメーター

数値的にはそんなに悪くなさそうだけど、一応正常値の100μFより低かったので交換。がしかし、同様のものがなかったので、400Vではなく450V用を投入(笑)

電解コンデンサ

ついでにベルトやプリーを清掃。VHSデッキメカ

チャチャっと組み立てて電源投入。

PAL VHS 再生

お~、やはり電解コンデンサーでしたか。サブのサブのサブ機みたいな位置付けでスチール棚の肥やし?ですが、海外方式変換対応は貴重。そのうち出番が来ることでしょう(笑)

めでたしめでたし。

 

VHS-Cビデオテープが絡んだ(ジャミング)

ジャミングが発生したVHS-Cのビデオテープ。キャプスタン軸に巻き付いておりました。テープ救済のご依頼でした。

ジャミング

ビデオテープの走行には、テープを巻き取るリールと、キャプスタン軸+ピンチローラーが同調してテープを進めるのですが、このケースでは、テープの巻取りリールがうまく機能せず。たるんだテープがキャプスタン周りに絡み、ジャミングを起こしてしまったようです。

ジャミングを起こした原因の可能性は2つあります。

1つ目はビデオデッキがテープをきちんと巻き取らなかった事。VHS-Cアダプターもしくはビデオデッキの不具合で、テープを進めても巻き取る力がない、もしくは弱すぎて、送られるテープをきちんと受け止めきれなかったためにたるみが生じました。

2つ目は、ピンチローラーの汚れ。写真で見てわかる通り、ゴムの表面が光ってます。このようにツルツルの状態では、テープの走行をサポートできず、弛みやジャミングの原因となります。つるつるになったピンチローラーのアップ。

ピンチローラー掃除前

このような状態になってしまった場合は、ピンチローラーのゴムの交換をお勧めします。どうしてもパーツが入手できない場合は、ビデオのピンチローラー掃除を参照してください。
暇だったので、なんちゃって方法で研いだのがこちら。

ピンチローラー掃除後

VHSビデオデッキすらじわりじわりと貴重になってきてます。早めにデジタル化することをお勧めします^^

 

RCA CMR300 ビデオカメラの修理

RCA cmr300

海外で生活していた頃、父が買ったVHSのビデオカメラ RCA CMR-300。1986年頃の製品で、日立マスタックスムービーのOEMぽい。日本国内向けのVM-500を簡易化したような仕様。10年ぶりに電源を入れたら無反応だったので、勉強ついでに修理を試みた。

cmr300-diassembly

ビデオカメラの電源スイッチを押しても電源が入らなかったので、まずはメイン基盤をチェック。

cmr300-mainboard

よくある電解コンデンサーの不良かなと、1個ずつESRメーターで値をチェック。ESR値が極端に高いものを順次交換。10個ほど替えたところで、電源は入るようになった。

しかしながら、VHSテープの映像は映るものの、カメラの映像は映らない。という事は、イメージセンサー周りの不具合なのか? とりあえずレンズ周りを色々弄繰り回す。すると、光量を調整するアイリスへ接続されたアームを精密ドライバーで突っつくと映像が出た。どうもこのアイリス周りが正常に動いてないらしい。

絞りに接続されたアームを精密ドライバーで左右に動かすと、明るさが変わるという事は、制御モーターがダメなのか?とりあえずグリップ部をバラす。

cmr300-cmos unit

すると、アイリスドライブと書かれた基盤エリアを発見。

cmr300-iris-drive-controller

とりあえず周辺の電解コンデンサーを交換してみる。が、しかし、何個替えても状況が変わらず。結局その基盤全てのコンデンサーを替えても変化なし。どうもほかにも原因があるらしい。

通電しながら、IRISのつまみを弄りながら動きを観察。すると、微妙に動こうとしているのを確認。ひょっとして絞り羽根が突っかかるのか?センサーとレンズ部の間にある、アイリスユニットを外してみることにした。

cmr300-iris

そして、さらに絞りそのものをばらすと、羽根に油のような付着物を発見。

cmr300-iris-blades

どうもこれっぽい。そばにあるギアの油が気化して羽根に付着してしまったのだろうか。結構べっとり付いてて動きが悪い。面倒だが1枚1枚ばらしてアルコールで拭き拭き。そして、組み立てなおしてみると・・・

cmr300-repaired

おー。ちゃんと明るさが調整されるようになった。油のせいで、絞りがスムーズに動かなかったのが原因だったようだ。アイリスが悪いという診断は間違ってなかったが、だいぶ遠回りしてしまった。まだまだ修行が足らないらしいw

とりあえず使う予定はないが、動くようになってちょっと嬉しい。今回はいい勉強になった。

おしまい。

 

ビデオテープリワインダー

今日はお仕事でVHS-Cのテープを引っ張り出しました。引っ張り出したのはいいものの、巻き取るのが困難。そこで、昔ふざけて買ったビデオテープリワインダーを使ってみました。一応、こんな感じのものです。

大変チープな作りで、ちょっと負荷がかかるとギアがバキバキいうすばらしい仕様w しかし普通のリワインダーより優れてる点も。それは、テープローディングが不要な構造。通常のリワインダーですと、機械に入れるため、テープがデロンと出た状態では使えません。しかしこれならテープが出てても大丈夫。おまけに電気も電池も使わないので大変エコです(笑) 一応、本来の使い方は、こんな風です。

意外と高速で通常のT-120ですと2分以内で巻き戻せます。ギア比がすごいので低速で使うのが難しい(笑) とかいいながら、私は使います。引っ張り出したテープもこんなハンドポジションで巻き上げてみました。

7本やってみましたが、慣れれば比較的スムーズにできました。しかし、わざわざ買って揃えるほど効率良くはないです(笑) ま、1台90円でしたので、持ってても損はないかも(笑)

おしまいw

素敵な霜降り

霜降りステーキは滅多に目にしませんが、霜降りビデオテープは良く見ます(笑)

VHSビデオテープ分解直後

カビの生えたVHSビデオテープ

流石にこのままビデオデッキには入れられませんので、手作業でクリーニング。

カビの処理後のVHSはこんな感じ。

カビが生えないに越したことはありませんが、生えてしまったらお早めにカビの除去をお勧めします。根が深ければ深いほど画が劣化します。

うちでやってます(笑)

 

ダビングするか捨てるか

ビデオカメラで撮った映像のほか、映画などをダビングした8mmビデオテープも多数持ってた事に最近気が付きました(笑)

8㎜ビデオテープ

レンタルビデオからダビングした映像なので汚いだろうし、かと言って、再度DVDを借り直すのも勿体無い。自分でDVDへ変換ダビングするのも面倒くさい。

結局、テレビや映画類は、このまま保管ですかね(笑)