「Windows」タグアーカイブ

Windows ME を Shuttle XPC SS51G に入れてみた

実はもう1か月前ですが、Shuttle xpc SS51G のジャンク品をいつものハードオフでゲット。 ソケットはIntel 478、チップセットにSiS 651/962を積んだ、結構昔のもの。 Windows 9x / ME 用のドライバーが提供されていたのが購入の決め手。

Shuttle XPC SS51G

早速分解。電源ユニットはFlex ATXのようで、内部を確認したところ、ヤバそうな電解コンデンサーを発見、同等のものに交換。

電解コンデンサ不良

この電解コンデンサーを変えたら立ち上がりOK。 だったのですが、倉庫に未使用の電源があったのを思い出し、安定性を求めて結局丸ごと交換。

Shuttle XPC SS51Gの裏面はこんな感じ。 寸法上拡張性が限られるため、主な機能はオンボードされたマザーボードです。

Shuttle XPC SS51G 背面

早速、転がってたハードディスクを取り付けて、OSをインストール。最初はWindows 98の予定でしたが、Windows ME (Millennium Edition) の方が面白いかなと思い、変更(笑)

Windows ME のセットアップ画面。基本デザインは、Windows 98と大して変わりませんね。

windows_me_setup

windows me

おー、久々にみたWindows ME のオープニング。がしかし、なぜかこの後 NDIS 保護エラーに遭遇。何度やっても起動できない。

ネットでいろいろ調べてみると、CPUが2.1GHz以上はNGのよう。 回避策として、新しい ndis.vxd に差し替えてあげればOK。日本語OSの場合は、マイクロソフトから修正パッチをダウンロード。 解凍ソフトを使い、修正パッチから ndis.vxd のみを取り出して、Windows の system フォルダーに放り込めば問題解決。

windows me 画面

Windows ME 無事動きました。 これで古いソフトのデータが開けます。 めでたしめでたし。

 

備忘録: Windows10でネットワークドライブの参照が遅い

Windows 10 の1803 辺りからだと思うけど、アプリ等からネットワークドライブを開こうとすると、ファイルの一覧が出るまで1分近く待たされる。ネットワークドライブの参照が遅い時の対処方法。

レジストリエディター(regedit) で

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters

内に下記を追加。

DirectoryCacheLifetime Dword=0
FileInfoCacheLifetime Dword=0
FileNotFoundCacheLifetime Dword=0

(右クリック>新規>DWORD(32bit)値を選択、名前と値を入力する)

うちのはこんな感じ。

slow network drive

再起動を忘れずに。

レジストリは操作を誤ると起動しなくなるので、自己責任で。

ジャンクなノートPC買ってみた < DELL Vostro V131 >

ここ最近中古ノートPC関連の相談が多かったため、毎日のように相場の情報収集。そんな中、先日ハードオフで外見が綺麗なノートを発見、毎度ながら運試しも兼ねてジャンク品w を買ってみました。

Dell Vostro v131

ノートパソコンは、DELLのVostro V131という機種。ジャンクとして売られてたマシンのスペックは、i5-2410M 2.3(2.9)GHz、メモリー1GBw、HDDが128GB (SSD)w そしてジャンク理由は、液晶がチカチカするとか。幸いWindows 10 Pro 32bit が入ってたので、OSの再購入は必要なさそう。CPUを新たに買うのも嫌なので、とりあえずRAMとSSDだけ換装してみました。

ノートパソコンがきちんと動作するかまだわからないので、とりあえず手元にあるKllisre製 DDR3のsodimm 4GB x 2 を取り付け。SSDは最悪他の機種でも流用できるので新調。中国から Kingspec 480GBを取り寄せました。大丈夫か?(笑)

KingSpec SSD 480GB

ノートパソコン裏面のネジ1個外すと、HDD/SSDとメモリーの交換スペース。HDDを固定する枠を新しいSSDに付け替えて戻します。

Vostro V131 Back panel

Windows 10のOSディスクは付属してなかったので、以前Microsoftからダウンロードした1809を使用。せっかくなので32bitではなく気持ち速くなる64bitを選択してOSを再インストール。光学ドライブは内蔵されていないので、以前買った激安外付けポータブルドライブを使ってインストールしました。

コントロールパネル>デバイスマネージャーに出てくる不明なデバイスは1個のみ。Vendor ID, Device IDをネットで検索かけると、ACPI/SMO8800 という装置。ST Microelectronics Free Fall Sensorと呼ばれるもので、落下を検出すると瞬時にHDDを止めるのに役立つセンサーとか。このドライバーはDellのV131サポートページからダウンロードできました。Win7用でしたが、無事インストールできました。

んで、肝心の液晶チカチカ。確かに周期的に画面が痙攣というか乱れるw  ただ乱れ方をみると、単に同期があってない感じだったので、ディスプレイの設定変更。

リフレッシュレート

画面表示のリフレッシュレートをデフォルトの60Hzから40Hzへ。無事収まりました。

本格的には使用してませんが、今のところ異常は無さそう。思ってたより動作も軽くてグー。ただ、常に仕事場か家にいる私にとっては、ノートPCの出番がなさそうですw

ここ最近、中古価格がものすごく下落してる気がするので、安い型落ちPC+SSDという組み合わせで、安く上げるのも悪くないかもしれません。予算1万でも行けるかも。

あなたも是非^^

 

Wacom CTE-640 と Windows 10 問題(備忘録)

Windows 10 でメジャーアップデートが入る度に調子が悪くなる ワコム CTE-640。まぁ古い製品なので非対応なのは致し方ないとも思うけど、なんか納得いかない。アップデートの度に色々試行錯誤。自分の環境では下記の方法で今のところ乗り越えてます(笑)

  1. フリック操作系は全部無効。
  2. 一旦ドライバーをアンインストール。
  3. bamboo用 Ver. 5.2.4-5(最終ではない) をインストール。
  4. コマンドプロンプトで下記を入力。 reg add HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Pen /v LegacyPenInteractionModel /t REG_DWORD /d 1 /f

最後のコマンドを入れると、挙動というか、意図しない選択範囲、パニング、スクロールが抑えられ、快適に。

上記の方法で、バージョン 1803, 1809 のマシン 4台で安定。

あぁ、また次のアップデートが憂鬱w

ワコム CTE-640 ペンタブレットとWindows 10 Fall Creators Update 1709

ペンタブレットは仕事柄よく使うのですが、Windows 10 Fall Creators Update (1709) を入れるとペンの挙動が変わってしまい仕事にならず。

うちで最も稼働しているのはWindows 10 Pro (64bit) 上でのFAVO F-640。ペンをペンではなく指(タッチ)として動いてしまっているのが原因のようです。このタブレットより古いタブレットも5枚ほど使っていますが、こちらは問題なし。となるとワコムが最終としているドライバー(Ver. 5.3.0-3)との相性がよくないのでは?と思い、昔ダウンロードしたドライバーを片っ端からトライ。当方の環境では、5.2.4が良さげでした。

一部ウェブページ上の操作はまだダメですが、全体のスクロール操作や動作のもたつき、ペンの鈍さは解消。とりあえず仕事は出来るようになりました。

ご報告まで。

For English viewers:
I had trouble using wacom pen tablet CTE-640 on Windows 10 Fall creators update, but after changing driver from 5.3.0-3, to 5.2.4, it’s working ok (not perfect though).  

 

Windows 10 Build 1709のペンタブレット問題

普段はWindows 10を自動更新にしていますが、今回のFall Creator’s Updateは却下・ロールバックしました。この更新をするとペン操作が改善すると書いてあったかと思いますが、うちの環境下では改善どころか悪化。更新を取り消し、元に戻しました。

うちでは、ー世代以上古いワコムのペンタブレットがゴロゴロしており、写真の修整からファイル操作までペンで操作しています。今回の更新後、ドライバーが古いためか、CTE-640 はペン装置して認識されるものの、動作がタッチ(指操作)となってしまい、動作が変わってしまいました。

具体的には、

1. スクロール方向が真逆

2. ドラッグ操作がスクロールになる

3. ソフト上でオブジェクトを選択するのに、一定時間ホールドする必要がある

などです。現行のタブレット&最近のペン操作に対応したソフトであれば問題ないとは思いますが、古いペンタブレットを多数所有する身としては大問題。仕事の納期に支障が出始めたため、今朝戻しました。

おそらく回避方法はあると思いますが、年末で時間的に余裕がなくテストできず。一先ず戻し、解決策を考えたいなと思います。

素直に新しいペンタブレットを買いなさい、という事でしょうねw 買いませんがw いや、買えませんw

まずはご報告まで。

<2018.2.15 追記>

どうもこれはFall Creators Update の仕様のようで、古いアプリやペンタブレットユーザーはくたばれ、というマイクロソフトの方針。いや、単にペン使いのクリエイターなんて眼中になかったでしょう。大変お粗末な”クリエイター”のためのアップデート(笑)大失態ですねw

この新しい動作を無効に出来るオプションを求める声が多数見受けられます。下記リンクからフィードバックHubで苦情を投稿できますので是非。下記リンクから入るだけでもカウントされますのでお困りの方はご協力お願いします。

https://aka.ms/Bltdx5

トムでした。

<2018.4.16 追記>

当方の環境下では下記の方法である程度収まりました

ワコム CTE-640 ペンタブレットとWindows 10 Fall Creators Update 1709

Canon Selphy CP510をWindows10で使用してみた

先日から、昇華型ブームが自分の中で再び上昇。 ソニーの業務用昇華型プリンターUP-CR10Lをヤフーオークションで落札したのに続き、 キヤノンのコンパクトフォトプリンター、セルフィ― (Selphy) も欲しくなる始末(笑)。 セルフィ― は前々から気にはなっていたもの、なかなか買うに至らなかったので、今回は思い切って中古の セルフィ― CP510を買ってみました。 と言っても、540円 by Hard off(笑)

セルフィ― 旧モデルとはいえ、基本的なエンジンや構造は変わらないだろうという事で、今回はCP510をセレクト。が、しかし、残念なことにWindows 7 のドライバーをWindows 10でインストールしようとすると拒否されるではないか。

セルフィ― CP510 プリンタドライバー インストール失敗

プリンタドライバーなんて、凝った作りをしてない限り32ビットと64bitしかないだろ、という事で、さらに古いWindows Vista版をキヤノンのサイトからダウンロードし再挑戦。 ちなみに、32bit版と64bit版があるので、今使ってるOSのバージョンに合わせて落とす。 うちはWindows 10 Pro の64bitなので、Windows Vista 64bit版をダウンロード。

一先ずダウンロードしたファイルを実行。Windows Vista ドライバー解凍

すると、自己解凍ファイルのよう。解凍した中から、再びインストーラーを実行すると再びバージョン違いのエラーが出て、拒否。

となれば、手動インストールだという事で、解凍したCP510のフォルダー内から64bitドライバを探す。大変わかりやすいWIN_X64というフォルダーがあったので、中をのぞくと欲しかったinfファイル発見。私のはCNY5102.infというやつみたい。 (32bit版は、WIN_X32というフォルダーにあるはず)

infファイルの先頭の番号はバージョン等で違うかもしれないが、このセットアップ情報ファイルinf を右クリック。

CP510 ドライバー 手動インストール

右クリックメニューからインストールを選択。 すると物の数秒でドライバーはコピーされるはず。

続いて、肝心なプリンターを接続。プリンタをUSBで繋ぎ、電源を入れると「新しいハードウェア~ なんちゃら」って出て、自動的に登録されるはず。 インストール完了が出たら、念のため、コントロールパネル>デバイスとプリンタ、または 設定>デバイス を覗いてCP510のアイコンがあるかチェック。

Windows10にインストールされたセルフィ― CP510

アイコンが出ただけでは、信用できない?ので、お気に入りのペイントソフトからテスト印刷。 うちは骨董品のMicrografx Picture Publisher 10 からカラーチャート出してみた(笑)

Windows10でセルフィ― CP510

お~無事出力できました。がしかし、なぜかうちでは ドライバーの設定画面が英語(笑) ま、私自身外国人みたいなものなので、困らないでしょう(笑)

古いセルフィ― CP510 を今のPCでも使いたい、そんな方のヒントになれば幸いです^^ ただし、メーカー非推奨、正当な方法ではありませんのでご注意を。起動しないなど不具合が発生しても、当方では責任を負いませんので、各自自己責任でお願いいたします。 (ちょっと脅してみたw)

おしまいw

 

windows10でAlps MD-1500を使ってみた (Part 2)

自宅のデスクトップマシンでビデオ編集を行いたく、ソフトを買ってみたら、64bit OS のみ対応との事。仕方なくOSを32bit から 64bitへ再インストール。すると、今まで32bit環境下で使えてたアルプス電気のMD-1500が64bit環境では動かず。どうもバーチャルPCを使えばできるとの噂は聞いたものの面倒くさい。マイクロドライプリンタ専用にPCをもう一台用意するのも面倒だったので、普段持ち歩いてるWindowsタブレットを活かせないだろうかと思い、再チャレンジ。うちのタブレットちゃん。

AcerのW3-810という機種。元々Windows8だったけど、無償アップグレード期間にWindows10へ上げた物。幸いな事に32bitOS。

当然タブレットという事で、プリンタポートなんてものはない。唯一の方法、USB-パラレル変換ケーブル。実はWin8の時もケーブルで挑戦したもののNG。果たしてWin10はどうだろう。ちなみにケーブルはお得意の中国よりお取り寄せ。

とりあえずXPドライバをインストール。ただ古いOS用のドライバーは署名が無効なため、そのままではインストール不可。署名のチェックを無効にした状態で再起動、と思ったらBitLockerのキーを求められる。キーはMicrosoftのサイトから確認できたものの、ソフトウェアキーボードが使えず。きっと解決方法があるんだろうと思いながらも、調べるのが面倒だったので、物理キーボードを別途用意して接続した。

Bitlockerの壁も突破し、無事署名無しドライバをインストール。しかし再起動してもプリンタ反応せず。次の手段はINFファイルを右クリックしてインストールし、再起動。プリンタとして認識されたものの、スプーラーが強制終了したり、かなり怪しい状態(笑)まぁ認識してる間に印刷できればこっちの物という事で、愛用のコーレルドローで模型のデカールを試し出し。

とりあえず、動いてはいるようだ。特殊インクの重ね印刷も全然問題なし。ただ使い始めにプリントスプーラーが終了してしまうなど謎な点も。とりあえず、何度かUSB抜き差ししたり、スプーラーを手動で起動させれば直る問題のようなので深く考えないことにして終了(笑)

まぁデカールも出来たので良しということで^^  なぜトイザらスかは内緒(笑)

今回色々やってわかった事としては、USBパラレル変換ケーブルの相性があるという事。どうも変換のチップによってうまく行くのとうまく行かないのがあるみたい。3か所から取り寄せて、MD1500で使えたのは1つだけでした。大手メーカーの物だったら大丈夫なのかな?うちのは3本とも怪しい中国製(笑)なので詳しくはわかりませんが。

チャレンジャーなあなたは是非^^

 

Windows 10 で アルプス電気 MD-1500 動かしてみた

アルプス電気のMDプリンター。活躍の場はあまりありませんが、模型のデカールづくりでは必須アイテム。2000/XP用でドライバー提供が終了しまったMD-1500ですが、今のWindows10でも使えるようにしたいなと、いろいろやってみました。

以前、他のMDプリンタの注意書きに「パラレルポート必須」と目にしたことがあったので、まずは、パラレルポートのチェック。さすがにCore-iシリーズのマザーボードには付いてません。PCI-eのスロットが空いていたので、PCI-e用パラレルポートのカードを、毎度おなじみの中国商人から取り寄せ。無事届きました。

pcie-parallel-card

1個1000円くらい。パラレルポートカードのドライバーはWindows8用までしかありませんでしたが、特に問題なくインストール完了。IRQ割り込み使用なし、PnP有効に設定しなおして再起動。

次にアルプス MD-1500用のドライバ。手元の最終バージョンは2000/XP用なので、とりあえずこの古いSetup.exeを実行。特にエラーもなくすんなり登録されました。コントロールパネル内のデバイスとプリンターにもMD-1500Jが現れます。Windows7や8とは大違い。

md1500-installed

意外とすんなり行ったのか?と期待して、テスト印刷。しかし無反応。内部でうまく行ってないようです。この後、infを手動インストールしたり、アンインストールしたり数回。スプールエンジンもひとつずつ切り替えて試しても成果なし。終いには、プロシージャーなんたら失敗ってしつこく出る状態になり、PCが数回フリーズ。

最初に戻そうと、一旦アンインストールして再起動。そして再びインストールして再起動をするとあら不思議。テスト印刷が出てきました。

window10-test-print

偶然かどうかを確かめるために、プリンタもオフ、パソコンもオフ。再び電源入れ直して愛用のコーレルドローで過去のファイルを印刷してみたら、特に問題なくプリントアウトできました。

md1500-print-ok

Windows 8 CPの時もそうですが、よくわからない間に入ってる、という感じです(笑)まぁ、とりあえず印刷できそうなので、良しということで(笑)ただパラレルポートのボードのせいで、起動が遅くなってしまったのがちょっと残念。この辺も近々調査したいと思います。

とりあえずMD-1500はWin10(32bit)でも使えます!というお知らせでしたw

おしまい。

<追記>
パラレルポートを使わずUSBパラレル変換ケーブルでも動くことが判明いたしました。ケーブルのチップ次第?みたいです。
Windows10でAlps MD-1500を使ってみた(パート2)

Windows 10 64bitにUP-CR10Lをインストールする方法

今回はWindows 10 64bitへのインストール方法です。前回はWindows 8.1 64bit を紹介しましたが、やり方は原則同じです。画面が若干異なるので再度紹介いたします。なお、これを実行して不具合が生じても自力で解決してください。自己責任でお願いいたします。

まず、スタートボタンから設定に入り、「更新とセキュリティー」>「回復」に入り、「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動する」を選びます。オプションの選択画面が出ます。

オプションの選択

トラブルシューティングを選び、詳細オプション>スタートアップ設定>再起動と進めると、メニューが現れます。スタートアップ設定

F7を押すと、再起動しますので普通にログオンします。

次に、Win7 32/64bit用のドライバを用意し、x64内のフォルダーのupcr10.infを右クリック、インストールを選びます。upcr10l インストール実行

警告が出ますが進めると「インストールしています」画面が出ます。

up-cr10l インストール中

環境によっては、最後にエラーが出ますが無視します(笑)そしてコントロールパネル内のデバイスとプリンターにUP-CR10Lが表示されているのを確認します。

デバイスとプリンター

これで完了です。

しつこいようですが、不具合が生じても知りません(笑) 自己責任でお願いいたします。

おしまい。