8ミリビデオカメラたち

今日は祝日のため、営業はしておりませんが、作業が溜まっているのでお仕事中。

機械がダビングをしている合間に、8ミリビデオカメラの点検・整備を行いました。8ミリビデオデッキは、上ぶた開けるだけなので簡単ですが、ビデオカメラの分解は一苦労。気を抜くと断線させたり、組み立て方がわからなくなります(笑)

8ミリビデオカメラの整備中

今回は、8ミリビデオのダビングでも活躍しているカメラたちなので、丁寧にチューニング。8ミリビデオデッキもある事はあるのですが、実は、デッキで再生するよりカメラで再生した方が、画が安定するケースが多々あります。特に録画機の状態が良くないもの。

メカが完璧=綺麗、というより、撮ったカメラの状況=再生カメラの状況、にしてあげた方が、救える映像が多いです。特にテープパスが狂っているのに気が付かず録画し続けたテープは、テープパスが同じように狂った機械のほうが、トラッキングがあって綺麗に再生できます(笑)

というわけで、トラッキングをわざと外した機械も数種類。台数が多くなってしまう理由です(笑)

 

関連記事: