海外 PAL VHS テープの再生

ここ数年良くある質問 「海外のビデオを、どうやったら日本のビデオデッキで見ることができますか」 と。 答えは簡単。どう頑張っても、見られません。

一部の人は、テープもしくは機械に、映らないようにする仕掛けがあるのでは、と疑ってるみたいですが、意図的ではなく、仕様の違いで映りません。

結局、海外のビデオテープを見るために必要なものは2点。現地の方式に対応したビデオデッキと、その出力された信号を日本用に変換するコンバーターが必要です。

以前は、海外ビデオにも対応したビデオデッキが、パナソニックやアイワから発売されてましたが、さすがに今は販売完了。となれば、現地からビデオデッキを取り寄せる必要があります。海外通販、または輸入代行業者にお願いしましょう。そして、その機械を動かすために、電源を変換する変圧器も入手しましょう。

再生する環境が揃ったら、次はそのビデオ信号を変換するコンバーターを入手する必要があります。写真はその一例。

ビデオコンバーター

インターネットでは普通に売られてますので、ビデオコンバーターと探してみてください。PALのビデオを日本で見るには、PALからNTSCへのコンバーターが必要です。値段もピンきりですが、クオリティもピンきりです(笑)でも、高いものを買ってもオリジナルにはかないませんので、割りきりが必要かと。ちなみにオーディオは変換不要です。

海外ビデオデッキ→ビデオコンバーター→日本のテレビと繋ぐとやっと見れるようになります。日本のデッキにPALテープを入れて、その信号をビデオコンバーターに入れても映りませんので、念のため。

見たいテープが少量でしたら、うちでやってるような海外ビデオ変換業者に頼んだほうが安いかと思いますが、大量にある場合は、機械をそろえてみるのもいいかもしれません。