RCA CMR300 ビデオカメラの修理

RCA cmr300

海外で生活していた頃、父が買ったVHSのビデオカメラ RCA CMR-300。1986年頃の製品で、日立マスタックスムービーのOEMぽい。日本国内向けのVM-500を簡易化したような仕様。10年ぶりに電源を入れたら無反応だったので、勉強ついでに修理を試みた。

cmr300-diassembly

ビデオカメラの電源スイッチを押しても電源が入らなかったので、まずはメイン基盤をチェック。

cmr300-mainboard

よくある電解コンデンサーの不良かなと、1個ずつESRメーターで値をチェック。ESR値が極端に高いものを順次交換。10個ほど替えたところで、電源は入るようになった。

しかしながら、VHSテープの映像は映るものの、カメラの映像は映らない。という事は、イメージセンサー周りの不具合なのか? とりあえずレンズ周りを色々弄繰り回す。すると、光量を調整するアイリスへ接続されたアームを精密ドライバーで突っつくと映像が出た。どうもこのアイリス周りが正常に動いてないらしい。

絞りに接続されたアームを精密ドライバーで左右に動かすと、明るさが変わるという事は、制御モーターがダメなのか?とりあえずグリップ部をバラす。

cmr300-cmos unit

すると、アイリスドライブと書かれた基盤エリアを発見。

cmr300-iris-drive-controller

とりあえず周辺の電解コンデンサーを交換してみる。が、しかし、何個替えても状況が変わらず。結局その基盤全てのコンデンサーを替えても変化なし。どうもほかにも原因があるらしい。

通電しながら、IRISのつまみを弄りながら動きを観察。すると、微妙に動こうとしているのを確認。ひょっとして絞り羽根が突っかかるのか?センサーとレンズ部の間にある、アイリスユニットを外してみることにした。

cmr300-iris

そして、さらに絞りそのものをばらすと、羽根に油のような付着物を発見。

cmr300-iris-blades

どうもこれっぽい。そばにあるギアの油が気化して羽根に付着してしまったのだろうか。結構べっとり付いてて動きが悪い。面倒だが1枚1枚ばらしてアルコールで拭き拭き。そして、組み立てなおしてみると・・・

cmr300-repaired

おー。ちゃんと明るさが調整されるようになった。油のせいで、絞りがスムーズに動かなかったのが原因だったようだ。アイリスが悪いという診断は間違ってなかったが、だいぶ遠回りしてしまった。まだまだ修行が足らないらしいw

とりあえず使う予定はないが、動くようになってちょっと嬉しい。今回はいい勉強になった。

おしまい。