「コンピュータ」カテゴリーアーカイブ

Windows 10 で アルプス電気 MD-1500 動かしてみた

アルプス電気のMDプリンター。活躍の場はあまりありませんが、模型のデカールづくりでは必須アイテム。2000/XP用でドライバー提供が終了しまったMD-1500ですが、今のWindows10でも使えるようにしたいなと、いろいろやってみました。

以前、他のMDプリンタの注意書きに「パラレルポート必須」と目にしたことがあったので、まずは、パラレルポートのチェック。さすがにCore-iシリーズのマザーボードには付いてません。PCI-eのスロットが空いていたので、PCI-e用パラレルポートのカードを、毎度おなじみの中国商人から取り寄せ。無事届きました。

pcie-parallel-card

1個1000円くらい。パラレルポートカードのドライバーはWindows8用までしかありませんでしたが、特に問題なくインストール完了。IRQ割り込み使用なし、PnP有効に設定しなおして再起動。

次にアルプス MD-1500用のドライバ。手元の最終バージョンは2000/XP用なので、とりあえずこの古いSetup.exeを実行。特にエラーもなくすんなり登録されました。コントロールパネル内のデバイスとプリンターにもMD-1500Jが現れます。Windows7や8とは大違い。

md1500-installed

意外とすんなり行ったのか?と期待して、テスト印刷。しかし無反応。内部でうまく行ってないようです。この後、infを手動インストールしたり、アンインストールしたり数回。スプールエンジンもひとつずつ切り替えて試しても成果なし。終いには、プロシージャーなんたら失敗ってしつこく出る状態になり、PCが数回フリーズ。

最初に戻そうと、一旦アンインストールして再起動。そして再びインストールして再起動をするとあら不思議。テスト印刷が出てきました。

window10-test-print

偶然かどうかを確かめるために、プリンタもオフ、パソコンもオフ。再び電源入れ直して愛用のコーレルドローで過去のファイルを印刷してみたら、特に問題なくプリントアウトできました。

md1500-print-ok

Windows 8 CPの時もそうですが、よくわからない間に入ってる、という感じです(笑)まぁ、とりあえず印刷できそうなので、良しということで(笑)ただパラレルポートのボードのせいで、起動が遅くなってしまったのがちょっと残念。この辺も近々調査したいと思います。

とりあえずMD-1500はWin10(32bit)でも使えます!というお知らせでしたw

おしまい。

<追記>
パラレルポートを使わずUSBパラレル変換ケーブルでも動くことが判明いたしました。ケーブルのチップ次第?みたいです。
Windows10でAlps MD-1500を使ってみた(パート2)

Windows 10 64bitにUP-CR10Lをインストールする方法

今回はWindows 10 64bitへのインストール方法です。前回はWindows 8.1 64bit を紹介しましたが、やり方は原則同じです。画面が若干異なるので再度紹介いたします。なお、これを実行して不具合が生じても自力で解決してください。自己責任でお願いいたします。

まず、スタートボタンから設定に入り、「更新とセキュリティー」>「回復」に入り、「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動する」を選びます。オプションの選択画面が出ます。

オプションの選択

トラブルシューティングを選び、詳細オプション>スタートアップ設定>再起動と進めると、メニューが現れます。スタートアップ設定

F7を押すと、再起動しますので普通にログオンします。

次に、Win7 32/64bit用のドライバを用意し、x64内のフォルダーのupcr10.infを右クリック、インストールを選びます。upcr10l インストール実行

警告が出ますが進めると「インストールしています」画面が出ます。

up-cr10l インストール中

環境によっては、最後にエラーが出ますが無視します(笑)そしてコントロールパネル内のデバイスとプリンターにUP-CR10Lが表示されているのを確認します。

デバイスとプリンター

これで完了です。

しつこいようですが、不具合が生じても知りません(笑) 自己責任でお願いいたします。

おしまい。

 

Windows 10とSCSI機器

新OSが出るたびに書いてる気がしますw 我が家のポンコツ昇華型プリンタとフィルムスキャナーの動作確認。

今回は、クリーンインストールではなく、Win8.1から10へそのままアップグレードしただけなので、参考になるかわかりません。一応ご報告まで。ちなみにOSは32bit版です。64では動かせなかったので。

SCSIボードは、AHA-2940AUを使用、アップグレードしてもドライバーはそのまま引き継がれました。ASPIレイヤーは念のため再インストール。ASPIチェッカーで確認しました。aspi check

一台目のSCSI機器は、神鋼電機 CHC-S545。消耗品があと50枚分くらいしかないので放置でもよかったのですが、念のためチェック。こちらはTWAINプラグインなので、今回もあっさり動作しました。Shinko dye-sub plugin

もう一台のSCSI機器は、90年代後半に出たコニカ RX-1フィルムスキャナー。Windows8.1時と同じく、そのままの状態ではソフトのインストールNGだったので、16bitインストーラーを飛ばして、32bitの部分から実行しました。

rx-1 scan utility

以前紹介した、ソニー版のスキャナソフトでも動作しました。

sony scanner uitility

結局、内部構造は8.1と似たような感じで、8で動くものは10でも動くと思って大丈夫かなと思います。なにより、Win10でもなんとか動いてくれてほっとしてるトムでした。

scsi-peripherals

 

USBポートのテスター

USBポートって、みな同じと思っていましたが、どうも端子によってスマホの充電時間が違う・・・ そんな事が気になったので買ってみました。usbポートテスター

USB簡易電圧・電流チェッカー「CHARGER Doctor」。電圧を測るのは、テスターで頑張れば何とかなるのですが、充電で重要な電流は、テスターだとかなり大掛かりになってしまいます。電流を測るには、このような専用品が便利ですね。

繋ぐと電圧が表示されます。usb 電圧チェック

そして数秒ごとに電流も表示されます。usb 電流 チェック

電流は、スマホ等の機器が接続されていないと当然ながら0ですので、必ず測りたいものを接続してください。

端子の電圧・電流を測っていて気付いたのは、USBケーブルの品質も大変重要だという事。同じスマホであっても、ケーブルを替えるだけで電流が数倍かわりました。何かのおまけで付いてきたケーブルでは、60mAしか出なかったのですが、ちょっと太めのものに替えたら390mAに。前使っていたケーブルが足を引っ張っていたようです。
滅多に使うものではありませんが、一度調べておくと便利かもしれませんね。数百円ですし。

もしよかったら、Amazonの usb 簡易電流チェッカー のページへ。

あなたも是非(笑)

Westinghouse LCM-22w2のモニタ修理

ウエスティングハウスのモニター LCM-22w2は、画面が大きい割には安かったということで、仕事場と家の両方で5台愛用しています。そのうちの1台が数日前からぐずりだして、毎回オン時に白画面。

22w2-broke

しばらくして電源を入れなおす事で使用できる状態にはなりますが、使い勝手も悪い上、故障が悪化しそうだったので、ひどくなる前にと修理をしてみました。

電源を再投入すると直るということは、電源が怪しいかなということで早速モニターの裏ぶたを取り外します。

22w2-back-panel

中心部の金属シールドもさらにはずします。電源基盤を見るとやっぱりコンデンサーが膨らんでいました。頭の十字の部分が膨れてるのがわかるでしょうか。

22w2-power-board-capacitorold-capacitors

このタイプの電解コンデンサーは、中にはペースト状の薬剤が入っていて、古くなったり高温にさらされると、膨張して、上の弁から液が出てきます。数個はすでに出てますね(汗)

同じ値の電解コンデンサーに取り替えて、再度電源投入。

22w2-fixed

うん、とりあえず大丈夫そうです。まぁ長時間使ってますので電源がへたるのは致し方ないでしょう。蛍光管はまだ元気そうなのでもう数年頑張ってもらいます。単に新しいのが買えないだけって噂もチラホラ(笑)

 

Windows 8.1 に.net framework がインストールできない場合

個人的な備忘録

プログラムと機能から.net framework 有効にしてもダメな場合のおまじない。

OSディスクを入れた状態で、管理者モードのコマンドプロンプト。下文Xにドライブレターを入れて実行。

Dism /online /enable-feature /featurename:NetFx3 /All /Source:X:\sources\sxs /LimitAccess

プログラムと機能に戻って、チェックが入っているか確認。

 

ソニーUP-CR10LをWindows 8.1 64bit版で使用する方法

手軽に使える昇華型プリンター、UP-CR10L。ソニーのプリンター事業撤退のため、提供ドライバはWindows 7止まり。Windows 8.1でも使用できるかなと思い、いつもの通りインストールしてみたものの64bitOSではNG。Setup.exe をWindows 7 互換モードに設定、管理者権限で動かしても途中でエラーが出てインストールできず。

32bit環境下では問題なく入りますが、64bit環境下は、ちょっとチェックが厳しいみたい。そこで、いろいろ試したところ、インストールできましたので紹介します。

ここから先は、メーカー推奨外のインストールです。トラブルが起きても知りません。各自、自己責任でお願いいたします。

まず、画面右のギアアイコンの「設定」から入り、PC設定の変更>保守と管理>回復へ入り、「PCの起動をカスタマイズする」の下の「今すぐ再起動する」を押します。

すると、オプションの選択メニューが現れますので、トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定>「再起動」ボタンを押します。

画面にスタートアップ設定メニューが出てきますので、7番の「ドライバー署名の強制を無効にする」を選択し、いつも通りログオンします。

ソニーのソフトウェアダウンロードのページからWindows7用ドライバーをダウンロードします。私が使ったバージョンは1.21 (恐らく最終)です。デスクトップ等で一旦解凍し、一段深いx64フォルダーを開きます。

右クリックインストール

中にUPCR10.inf のファイルがありますので、そのファイルを、右クリック>インストールを選択します。するとしばらくインストール作業が行なわれます。最後にエラーが出ますが、無視します。大丈夫かな?(笑)

コントロールパネルから「デバイスとプリンター」を開いて、プリンター欄にSony UP-CR10 series と出ればOKです。たぶん。きっと。

devicetoprinter2

いったん再起動して、お気に入りのソフトからテスト印刷してみます。

out

おぉー無事出ました。しつこいようですが、自己責任でお願いいたします。

おしまい。

 

電気機関車 ACS-64でおふざけ

まだまだ続きますw が、これでフィナーレです。長かった(笑)

ニューヨークセントラル3種

acs-64 nyc lightning2 acs-64 nyc lightning acs-64 nyc green

ニュージャージートランジット2種

acs-64 nj transit acs-64 nj transit disco

MTA(メトロノース鉄道)

acs-64 metro-north mncr acs-64 metro-north

アムトラック保線塗装

ACS-64 Amtrak mow orange

MTA(ロングアイランド鉄道)

acs-64 long ilsland railroad

アムトラック フェーズ2

acs-64 amtrak phase ii

ニューへ―ベン

acs-64 new haven green

こんなもんで十分でしょう。

これにて、このシリーズ終了です(笑)

 

家電分解時のネジ管理

ビデオカメラ・カメラ等を分解することが多いからか、よく知人からネジはどう管理してるの?という質問を受けます。

ネジがあまりない場合は、位置関係を再現しながらテーブルに置いていくのですが、数が多かったり、小さいネジが多い場合は、ガムテープを使って管理してます。こんな感じ。

ネジ管理

ガムテープを裏返してテーブルに貼り付け、ネジの頭をペタペタくっつけていきます。場所の名前はボールペンで書き込みます。位置関係も多少考えながら貼りつけていくと再現しやすいです。

たとえば、分解して出てきたネジを左から順に貼り、組み立てる時は右から順番にネジを取っていけば、さらにミスも減り、効率が上がります。

あなたも是非w

電気機関車 ACS-64でおふざけ

ご無沙汰してます。トム平野です。

Facebook上で参加している海外の鉄道グループ(コミュニティ)向けにジョークでSiemens ACS-64の塗装を色々弄ってみました。調子に乗って作りすぎました(笑) 一挙公開w

Amtrak初期のフェーズ1をイメージ。

acs64-amtrak-ph1

AEM-7デビュー時のフェーズ3。

acs64-amtrak-ph3-1

もうちょっと一般的なフェーズ3。

acs64-amtrak-ph3-2

AEM-7のフェーズ4で2パターン。

acs64-amtrak-ph4-1acs64-amtrak-ph4-2

ワシントンDC近辺で見られるMARCの2パターン。

acs64-marc-1 acs64-marc-2

コネチカット交通局でおなじみのニューへ―ベン塗装。

acs64-nh

裏では結構涙ぐましい?努力が(笑) 愛用のCorelDraw!とPicture Publisherのタッグ。Photoshopは使いません(使えません?w)

ロゴ編集画面

修整を本職とする以上、なんか手が抜けなくて。
結局自分で自分の首を絞めた感じに(笑)

リクエストとして、ペンシルベニア、SEPTA、Metro-north、BNSF、NSなんかも来てますが、ノーギャラだと厳しいかな、なんちゃって(笑)

また気が向いたら作って載せます(笑)

おしまい。